トイストーリー4 / おもちゃたちにスポットをあて大ヒットした感動作のCGアニメシリーズ4弾。新しい持ち主のボニーの旅行について行ったウッディ。そこでの再会が、彼に新たな価値観をもたらす……。

syokki_sakiware_spoon.png
アンディとそのおもちゃたちの絆や、人間が知らないところで繰り広げらられる大冒険を描いて大ヒットしたピクサーの人気CGアニメ作品最新作にして4作目。前作ラストでボニーという女の子のおもちゃとなったウッディたちだが、彼女が新しく幼稚園に通うということになり心配する。こっそりついて行ったウッディは、ゴミ箱の中から先割れスプーンをそっと差し出しボニーはそこで「スプーキー」というキャラを工作する。スプーキーにも自我が芽生えるが、周囲の意見も無視して「自分はゴミだ」と出て行こうとしてしまう。ボニーのために必死になるウッディだったが……。
日本語吹き替えキャストとして唐沢寿明、所ジョージ、日下由美、辻萬長らが再集結。久しぶりにボー役として戸田恵子も参加するほか、スプーキーに竜星涼、新木良子、チョコレートプラネットの二人も参加。
あらすじ
ある日ボニーは、幼稚園の工作で作ったお手製のおもちゃのフォーキーを家に持って帰る。カウボーイ人形のウッディが、おもちゃの仲間たちにフォーキーを現在のボニーの一番のお気に入りだと紹介。だが、自分をゴミだと思ってしまったフォーキーはゴミ箱が似合いの場所だと部屋から逃亡し、ウッディは後を追い掛ける。(シネマ・トゥデイより)


3作品とも無茶苦茶泣かされたシリーズでしたし、前作が寂しさもあるけどこれ以上ないってくらいの締め方だったのでどう続けるのかも予想できなかったですし、さらに映画公開当時に賛否両論だったので正直不安を抱えながら見ましたが(笑)、実際のところラストを含め劇中数回泣かされまして、感動しました。ただやはりシリーズを重ねてきた作品の続編として、誰もが期待していものと別の方向にいったのは間違いないですし、厳しい評価されてしまうのも理解できました。一切の歴史とかなしに仮に単発ものだったらここまで否定的な意見中んだろうなとも思います。
個人的には「シュガーラッシュ 」の続編の終わり方も予想と違っていたので、そのワンクッションのおかげでそこまでショックではありませんでした。

見終わってから予告動画を見たんですが、はっきりと「大好きな仲間か」「新しい世界か」という風に言ってしまってるんですね。たしか唐沢さんと所ジョージさんの対談してるCMでも「ラストが意外」的なことを話してた覚えがありますけど、今回ラストに下すウッディの決断、選択をどう評価するかが、映画全体を受け入れられるかいなかに深く関わっています。今回良くも悪くもこれまで以上に彼が主人公だったので、それまでのウッディ像が強ければ強いほど違和感覚えたり、その決断に納得できない人もいそうです。バズも活躍しますけど、残念ながら他のおもちゃが「その他大勢」っぽかったのも、気になる人は多いかも。

その代わりと言ってはなんですが新キャラのおもちゃたちはなかなかのキャラで、特にウッディたちに立ちはだかるギャビーギャビーはその悲しみとかも含めてかなり印象深くて、仲間の人形含めトイストーリー1作目とのかの「恐怖」(そこまでじゃないけど)要素もあったりして少し懐かしかったです。「持ち主に出会って大事にされる」ことを夢見ている彼女は、その素晴らしさを誰よりも知っているウッディにとって敵対しててもどこか同情しちゃう存在だったのだと思う。だからって人質までとって人のものを奪おうとするのはダメ出しそこあんまりフォローされないのはもやっとポイントでしたけど、望みがかなえたあとのエピソードは泣けましたね。今回「迷子」というワードが結構重要で、「迷子」と「自由に生きる」ことは全然違うんだなぁって。
もう一人バイクスタントのカブーン。カナダ国籍つながりとはいえオリジナルはキアヌリーブスそこから吹き替えも森川智之さんと豪華。CMほど飛ばなかったことで冷たくされてしまった可哀想なおもちゃなんですが、その能力をいかんなくはっきして劇中ではかなりの活躍してました。得意終盤、おもちゃたちの待ち合わせに向かうときの大ジャンプシーンは汚名返上ってことも含めてめっちゃ泣けた。カッコよすぎる。
他にもミニ警官のギグル(超ピンチになるから焦る)、意地悪キャラかと思ったら妄想がいちいち面白いダッキーとバニーとか個性的でした。

そして忘れちゃいけないのが「フォーキー」最初こそ自分をゴミだと思ってすぐににげだそうとするギャグキャラだったものの、ウッディの話やギャビーギャビーと共にいたことで「おもちゃと人とのきずな」を理解していくのが良かったです。それが映画一番最後のセリフに込められてきて、ほんの少しのやりとりなのにそこもジーンときちゃいました。

でも何より一番泣けたのは、ウッディが決断するときの、バズのセリフ。トイストーリーは人とおもちゃの絆と同じくらい、ウッディとバズの友情の物語でもあるので、今回ずっと途中まで別行動だったのは少し寂しかったのですが、あのやりとりはズルいよね。ウッディが何を考え、どうしようとしてるかを理解してるからこそ出る言葉。最初「彼女」ていってからの「ボニーは」っていい直すところ。見ながら「バズ、お前!」ってほんと一気にブワーってきちゃった。ここはシリーズ4作の歴史あってこそというかちゃんとおもちゃ二人の物語としてのエモさがあるシーンだたなぁと。

全体的な印象としては、おもちゃ目線での人間との絆、大冒険、そして仲間との友情とトイストーリーらしさもある一方で、より一段階進んだというか、よりウッディ本人の意思とかにスポットを当ててたと思いました。彼のアンディとの素晴らしい経験からくる「おもちゃは持ち主に大事にされてこそだ」という価値観と、今回もたらされるあたらしい価値観の中で、彼なりの答えを出した。いろんな想いはよぎりますが、お話としては新しい旅立ち的な、爽やかなラストになっていたと思います。

当たり前ですが、これを見るとかつて自分の遊んでたおもちゃを思い出しますし、また子供にとっては大事にしようって思える作品なのは相変わらずでした。まあ、ギャグシーンとしてウッディの顔が踏まれたりするのはちょっとアレでしたけどね。そうそう、基本人間に喋れることバレちゃいけないのに結構やぶってたので、感想サイト見るとそこにツッコミ入れてる方もたくさんいました。

あんまり評価がよくない、という情報で終わらせず、一度実際に見て自分なりの感想を持って欲しい作品だと思います。

ディズニー+にて吹き替え版。視聴。



"トイストーリー4 / おもちゃたちにスポットをあて大ヒットした感動作のCGアニメシリーズ4弾。新しい持ち主のボニーの旅行について行ったウッディ。そこでの再会が、彼に新たな価値観をもたらす……。"へのコメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: