コード211 / ニコラス・ケイジ主演で現実に起きた銀行強盗事件を実写化したクライムアクション。1日パトロール見学としてパトカーに高校生を乗せているタイミングで強盗事件が発生。娘の夫でもある相棒と共に引退間際の警察官が立ち向かうが……。

job_tokusyu_butai_police_swat.png
仕事を選ばない(?)ニコラス・ケイジ主演作品。1997年に実際に起こった、銀行強盗立てこもり事件を元に映像化したクライムアクション。引退間際の警察官マイクは、娘の夫でもあるスティーヴとパトロール中、怪しい車を発見。銀行強盗の犯人のものであり彼らは職員や客を人質に立てこもっていた。くしくもパトカーには罰として1日見学をさせられていた高校生も同行しており、最前線の中マイクたちは戦闘を開始する……。
ドウェイン・キャメロン、ソフィー・スケルトン、アマンダ・サーニーのほか、ニコラスの息子ウェストン・ケイジも共演。
あらすじ
引退を控えた警察官のマイク(ニコラス・ケイジ)は、高校生のケニーをパトカーに乗せパトロールをしている最中に、銀行強盗に遭遇する。進行中の強盗を表す警察コード「#211」が発動される中、前線に取り残されたマイクは武装した強盗団を相手にケニーを護衛しつつ人質の救出に挑む。(シネマ・トゥデイより)


WOWOWの番組案内の時点で「B級」って書かれてたのである程度割り切った上で視聴しました(笑)そもそもニコラスケイジは内容問わずバンバン映画に出るので主演というだけでもなんとなく予想は着くんですけどね。結論からいうと個人的にはそこまでチープさは感じず、普通に楽しめたなっという感じです。超大作ではないってだけ。

調べたら「ノースハリウッド銀行強盗事件」という、これを機に警官のそうびが見直されることになるほどの大事件を題材にしていて、映画『44ミニッツ』も同じ。ざっと調べたところ犯人の数などはアレンジされているようです。
この映画では犯人側は傭兵集団の設定だったのでいきなりアフガニスタンのシーンから始まるのですが、あくまで「凄腕の犯人」というのを印象的にするためで、雇用主である戦争成金を裏切って金を奪おうし、結果として彼が送金した銀行を襲うっていう経緯がわかるだけ。ちなみに彼らを追うインターポールの女性捜査官も登場しますが、メインの事件にはほとんど活躍しません。

展開としては上記あらすじの通り、銀行に一番近い位置で犯人側と接触してしまったマイクたちが銃撃戦になってしまい、向こうは建物などから、こっちはパトカーのかげという状況でドンパチしまくる流れ。もちろん応援も駆けつけてくれますが、前述の通り相手が傭兵上がりですごいスキルなのでうかつに主人公側に近づくのもままなりません。ちなみに敵のスナイパー役で出てるのが冒頭で触れたニコラスの実の息子ウェストン・ケイジ。どうせなら義理の息子で出せばいいのにって多くの人が思うはずです。

そのスティーブも早い段階で負傷してしまうのでちょっと可哀想ですけどね。「子供ができたことが発覚」なんていう死亡フラグめいた物まであるので、余計にハラハラさせられます。同乗してる高校生が"足かせ"になって動けないのかな、なんて予想してたんですけど、まさか同僚の方とは。実質マイク一人で戦うことになってました。逆に高校生ケニーはスティーブへの対処などかなり頑張ってて、好印象。元々はいじめに仕返ししたことで罰として今回の一件がありますし、不良生徒でもないんです。経緯を知った警官が「ここではいじめられないから安心しろ」って声を掛けるシーンはグッときます。

さらにケニーの母親は病院で働いてるため、撹乱のために起きた爆発事件だったり銃撃戦だったりの負傷者の対応に追われるという見せ場がありました。そんな危険な息子がいるって知ったら生きた心地しないですよね、それでも頑張る姿がカッコ良かったです。そこにはマイクの娘であるリサも夫の安否確認に駆けつけますし、それぞれができることをしつつ、犯人に立ち向かう構図になってました。

個人的にはそういう風にあっちもこっちも描きたいって結果としてメインが際立たなくなってしまったというか、迷走してる感が若干ありましたね。この要素に加えて「母親の病気・死を受入れられずに娘との関係がギクシャク」なんてものも入ってくるから色々ありすぎて薄くなっちゃってる印象。やりたいことはわかるんですけどね。ただまあドンパチの緊迫感は見応えありましたし、人となりを説明してもらってる分マイクという人間により感情移入しやすかったのは間違いないです。どうすればいいか分からなかっただけで家族は何よりも大事だし、正義の男だってことが。

現実の事件が元なので結末はまあ分かるんですが、思ってた以上にとんとん拍子に流れてくのでそこもちょっと呆気にとられたり。でもハッピーエンドでしたし、爽やかなので可もなく不可もなく楽しめたかなぁと。ハードルを下げてから見たのも大きいかもです。


WOWOWにて吹き替え版録画、視聴。




"コード211 / ニコラス・ケイジ主演で現実に起きた銀行強盗事件を実写化したクライムアクション。1日パトロール見学としてパトカーに高校生を乗せているタイミングで強盗事件が発生。娘の夫でもある相棒と共に引退間際の警察官が立ち向かうが……。"へのコメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: