この24時間によく読まれているエントリ
    2016年12月19日

    ジョジョリオン 第60話 【ネタバレあり】 あらすじ 感想

    ウルトラジャンプ 2017年1月号 (未分類)

    かつて吉良とともに盗み、育て、隠したロカカカを再び見つける。そう決意した定助は経緯を憲助に話し、「植物鑑定人」なる人物を紹介され会いに行くことに。一方、二人の動きを感じ取った花都は息子常敏に報告。焦った彼は「池の辺に住む男」に接触するが・・・。
    本編の内容<ネタバレ>を多分に含んだ、プチあらすじ+感想です。
    #60 池の辺に住む男 そのA

    参考:前回、第59話の感想はこちらhttp://xn--qfusdo8o71s.seesaa.net/article/jojolion59.html )

    今回はジョジョ誕生30周年(おめでとうございます!)を記念してウルトラジャンプの表紙もジョジョリオン。コミックス最新14巻と同じモチーフで描かれた、ポップにデフォルメされた町の地図をバックに定助が大きく描かれたもの。電子版だけかもしれませんが、そのコミックス表紙に使われたイラストもカラーで収録されてました。表紙よりだいぶ定助がアップになってますけど。

    トビラ絵は手前に向かってビシーっと指をさした定助と「何が遮ろうとこの道を行く−」と言うアオリ。ONE WAYという道路標識と相まって、ホリーさんを救うため何としてもロカカカを手に入れる決意を感じさせます。

    ページをめくると、草原(?)に寝転び語りあう男女。男が映画「青い珊瑚礁」に憧れているという話に夢中になっていると、いつの前にか彼女の姿が消え、あたりを見回すと鉄塔の側にある高電圧の線(送電線でしょうか)に触れそうになっているではないですか。声をかけるも間に合わず、彼はとっさに彼女をかばい・・・。

    これらは、前回登場したキーマン「池の辺に住む男」の回想シーンでした。着ている服がおんなじ。どうやら感電したことで四肢が吹き飛んでしまったという感じでしょうか。切ない。しかも女性の方は一切そのことに気がついてないって印象。目が見えないとかなのか?

    今現在の彼はというと時代を経ても変化のない六壁神社で穏やかに暮らせれば他のことには一切興味がないといった様子で、田最らが定助によって倒されたことを聞いてもただ「寂しい」と言うのみ。いまいち乗ってこない彼をその気にさせるため、常敏は定助の秘密を話します。ロカカカの力で、一人の体に、もう一人が融合した。今の「池のほとりに住む男」が、誰かもう一人五体満足の人間を乗っ取ることができるのでは、ということでしょうか。

    常敏は単にロカカカだけでなく、壁の目不思議なパワーも関係してることを知ってるんでしょうか。というか、この男よりも先に定助が手に入れてもらわないと困るので、融合は定助だけが唯一の例外になりそうな予感。それか、最終回近くで誰かを救うために融合する、っていう展開もあるかな、と個人的に予想しています。

    そんなこと考えていると男の名前が判明。ドロミテ。外国人でしょうか。調べてみると、イタリアの地名らしいです。やる気になった彼のスタンドが出現してます。体の表面に骨がついた、悪魔っぽい体をしていますが、顔や腕の先がなかったりと不気味なデザインです。

    一方、現在の定助は?というと・・・。らしきものが入った手紙・封筒を手渡され困惑する彼ですが、それを届けた少年にもう一度話を聞こうとします。しかし何か様子がおかしい。彼は心ここに在らずといった表情でゆっくりと定助に近づいてきますが、バス停の掲示板に行く手を阻まれ、ぎこちない動き。なんども何度もぶつかり、傷だらけになる彼。はずみで体が横にずれ、邪魔をされなくなった瞬間、定助めがけて飛んできます。腕の方向とか、およそ人間とは思えない方向に曲がり、奇声を発しながら。

    これはまさか、ゾンビ

    彼をスタンド"S&W"ですっ転ばし、なんとか逃げるも、さらに追ってくる少年。こんどは道ゆくが障害となって彼をやりごせますが、運転手のおばさんが反応してしまい、思わずを開けてしまします。そりゃ血だらけの少年がいたらどうしたのかと気になりますよね。
    車の中に手を伸ばし、なおも反対側の定助を襲おうとする彼。車内にあった缶コーヒーで目つぶしをし、さらに距離をとって隠れる定助。

    騒ぎを聞きつけ、道には様々な人が集まってきますが、この間にシャボン玉を使って手紙の中身をチェック。やはり中身は何かの歯でした。今自分を襲うなら、岩人間の仲間なのか。そして目的は?まさか植物鑑定人の情報か?そう考えを巡らせていると、塀をよじ登り、先ほどの車のおばさんが・・・!

    というところで今回はおしまい。感染していく、というアオリの通り、これからどんどんこのゾンビが増えていくんでしょうね。恐ろしい野次馬って形で通りには結構人が集まってしまってますし。それに対して定助は一人。これはかなりのピンチですね。自分が動かないで人をゾンビにして操る。ドロミテ、凶悪な能力。

    長生きしているというような感じがするので、ドロミテは岩人間で確定なんでしょうけど、一部分が破壊されると再生はされないんですね。粉々にして倒す、ということが多かったので考えてませんでしたが、例えば顔だけ残って生き続ける、みたいなこともありなんでしょうか。それはそれでつらいですよね。
    予想通り定助VSドロミテ戦スタート。来月も楽しみです。

    <12月20日追記>
    他の読者さんが書いた感想はこちら↓
    @JOJO アットマーク・ジョジョ様:60話感想リンク集
    http://atmarkjojo.org/archives/21442.html

    60話掲載のウルトラジャンプは12月19日(本日)発売。
    特別付録としてポーチがついてきます!





    今回も電子書籍で購入しました。



    一つ前のエントリでも紹介していますがコミックス14巻も同時発売です。
    ジョジョリオン 14 (ジャンプコミックス)
    荒木 飛呂彦
    集英社 (2016-12-19)
    売り上げランキング: 10



    posted by きよ at 10:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ジョジョの奇妙な冒険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
    この記事へのコメント
    コメントを書く
    お名前: [必須入力]

    メールアドレス:

    ホームページアドレス:

    コメント:

    この記事へのトラックバックURL
    http://blog.seesaa.jp/tb/445048860

    この記事へのトラックバック

    最近の映画ライフについて。
    Netflix:17年3月末再加入
    Amazonプライム:加入中。2年目。
    GEO宅配DVDレンタル:2017年2月&3月月額プラン利用。現在無料会員。(スポットレンタルのみ利用予定)
    ゲオチャンネル(動画サービス):17年3、14日間お試し+正式会員。
    Hulu:他のSVODをお休みしたら再加入予定。 


    style book様で配布されているテンプレートを活用し、ブログデザインを変更しました。