ジョジョリオン 第56話 【ネタバレあり】 あらすじ 感想

ウルトラジャンプ 2016年 08 月号 [雑誌]

のスタンドの活躍により、田最環を倒し吉良の敵(かたき)をとることができた定助。東方家にとっての脅威は過ぎ去ったかに思えたが、憲助の妻・花都が刑期を終え出所。彼女が帰宅する2週間前、次男常秀はあるトラブルに陥っており……。本編のネタバレを多分にふくんだあらすじ+感想です。
#56 ミラグロマン その1

参考:前回、第55話の感想はこちらhttp://xn--qfusdo8o71s.seesaa.net/article/jojolion55.html )

今回はウルトラジャンプ+センターカラー。"謎を食む家族の食卓"というアオリと共に、ピクニックに来たと思われる東方家一同の姿が映っています。岩助(犬)も一緒にいますし、花都まで。いつぞやのイラストや今回の付録ミニファイル同様、全員の衣服はピンクに塗られていて背景の青と映えます。

先月号巻末近くの予告にあったとおり今回は常秀にスポットが当たるお話なんですが、一ページ目はジョジョリオンのおさらいとして、定助が自身のことを解説してます。自分の正体は空条仗世文吉良等価交換記憶はずっとない、と書かれているのでやっぱりまだすべてを思い出したわけじゃないんですね。

そこからは本編。アイドルのイベントに参加したい常秀が父憲助にお小遣いをねだっています。芳香剤やリストバンド、生写真などを買いたい様子。アイドルファンなのか。"常敏の下でバイトでもしてみたらどうか"と一度は諭しますが、結局はお金渡しちゃってます。甘いなぁ(笑)

握手会を終え満足顔の常秀。指のすべすべさと顔は"康穂の次にいい"と言ってます。あんなことしておいて、まだ諦めてなかったのか!ジョジョの歴史のなかでもかなり上位の『ゲスなスタンド能力の使い方』しててドン引きでしたよ。
グッズ売り場で吟味していると何者かに割り込みされてしまった彼ですが、その青年が財布を忘れていることに気が付きます。中身を覗き、しばしの逡巡のあと……ネコババを決意。グッズ買うことさえ放棄し、逃げるようにトイレの中に。現金、そしてクレジットカードを抜き取り財布本体はゴミ箱にポイ。
あー。これ完全に詰みましたね。こういう流れはまずい、どう考えてもとてつもないしっぺ返しが来るパターン。

ダメ元でATMに行き考えうる暗証番号を入れてみると……50万円を引き出すことに成功。アイドルの名前、菜々美レナ=ナナ・ミ・レ・ナ→7307で一発解除。以前、Twitterの相互フォロワーさんが "広瀬鈴世(康穂の母)は広瀬すずを意識したネーミングでは?" とつぶやいてたので、今回のレナちゃんも誰か似た名前がいるのかと思っていたんですが、語呂合わせしやすいからか。面白い。

その金をもってブランド時計ショップに行き購入するも、よく見るとキズがついており、10日後に改めてという話に。そこで支払った50万を返金されるのですが、なんと1万多い。会計所で確認した時にそのこと(51枚ある)を気がついたのに伝えないというのが常秀らしい。もう僕の中で完全にゲスキャラになってしまいました(笑)。

この時点でおかしいって気付ければいいのですが、『すげえな今日のオレッ!』で済ませちゃうし。そこからは豪遊三昧映画館で自分の周りを含めた9席を予約して視聴し、半券と引き換えに参加できるクジで当てたジョニー・デップのフィギュアも現金で売る。レストランに行けば料理に髪の毛が混入し、代金はチャラ+慰謝料までゲット。ここでやっと『変だな、カネが増えてる』とようやく事態の奇妙さ・不穏な空気を真面目に捉えるかと思いきや、お姉さんのいるお店で遊び放題。金粉入りシャンパンなどで最終的に54万請求されます。
ここまでされると俗っぽさが突き抜けて、むしろ人間身があっていいかなぁと思い始めてきました。どう考えても『世にも奇妙な物語』でよくあるバッドエンドまっしぐらなんですけどね……。

所持金は足りていたものの、店のオーナーは妙なことを言います。『このカネをどこで手に入れたのか』と。『ミラグロマンからの流れなのか』と。ここでついにサブタイトルの意味がわかりかけましたね。地獄を見に行くのはてめーだけにしてろ、というセリフが考えると、やはり『使っても使っても所持金が増えていくが、最終的には不幸になる』という能力?なんでしょうか。ジョジョ7部SBRのシュガーマウンテンを髣髴とさせます。

二度と店に来れないようにエレベーターに閉じ込め痛めつけろとの指示が出て部下たちが襲いかかってきますが、スタンド『ナット・キング・コール』で応戦。敵の手首を分離させたり、敵同士をくっつけたりと効果的に活用し難を逃れます。ちょっとカッコ良かった。それとこめかみにボルトが生えてると途端にフランケンシュタイン(の怪物)感が出ますね。

急いで店をあとにし、今の出来事を整理する常秀。利子もつけると言われて54万より多くお金を返され、しかもむりやりリュックに詰め込まれていたバッグには……大量の札束が。これにはビビります。ヤツからの流れなのか?というオーナーのセリフを思い出し、ミラグロマンという人の名前なのかと考えます。そういえば最初はアイドルグッズに置き忘れられていた財布が始まり??
不審がるもこの結果は『ついている』からで、誰も困らない金だと言い切ります。警察にも届けなくていいはずだとも言ってますが、そもそもまじめに対応してくれるかも怪しいですし、彼らもミラグロマンの存在を知っていて関わりあいになろうとしてくれないかも……。
最後に自動販売機でジュースを買うも、お釣りとしては多すぎるほどの硬貨が出てきて、今月は終了。『ミラグロマン 後編へ』という To be continuedなので、一応次回で完結なんでしょうね。

ミラグロマンってなんだろうと思って調べたところ、ミラグロはまずはスペイン語で奇跡っていう意味だそうで。これはなんとなくそうかなって感じしてましたし、あとは財布のブランドにも同じスペルのMilagroってのがありました。やっぱり財布がはじまりなのか?そしてサンタナのアルバム名にも。

どうであれ常秀がピンチであることには代わりはないので、次回それをどう乗り越えるのか、楽しみです。

他の読者さんが書いた感想はこちら↓
@JOJO アットマーク・ジョジョ様:56話感想リンク集
http://atmarkjojo.org/archives/20231.html

そんなジョジョリオン56話掲載のウルトラジャンプ8月号は好評発売中。

今回はジョジョ4部&8部のミニクリアファイルセットが付録です。

迷った挙句に今回も電子書籍版を買いました。付録がつかないのでご注意を。


最新13巻も7月19日に発売。UJ表紙と関連性のあるジャケットにも注目。
ジョジョリオン 13 (ジャンプコミックス)
荒木 飛呂彦
集英社 (2016-07-19)
売り上げランキング: 48

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック