ジョジョリオン 第55話 【ネタバレあり】あらすじ 感想

ウルトラジャンプ 2016年7月号 (未分類)
(↑電子書籍版の商品ページへのリンクです。ご注意ください。)

ボートでの惨劇が再び起きるのか。東方家を訪れた田最環の能力に苦しめられる定助をはじめとする東方家の面々防御力ゼロ状態にされる絶望的状況の中、を射程範囲の外へと運びだすことに成功し、彼女のスタンド能力で田最に一矢報いることができたのだが……。
ネタバレを多分に含んだあらすじ+感想です。


#055 決着、そして…。

参考:前回、第54話の感想はこちらhttp://xn--qfusdo8o71s.seesaa.net/article/438042548.html )
※今回よりURLアドレスがjojolion55となっていますが、数字を入れ替えても過去の感想へ飛べないのでご注意ください。カスタムURLという6月より実装された機能なのです。

扉絵は定助+鳩、さらには彼女のスタンドという図。裏切りの代償は一つだけ…。というアオリも、田最に利用されていた鳩の心情を察すると辛いものがあります(毎回書いてますね、これ)

瀕死の重傷を追った田最と、未だドロドロの状態の定助の会話シーンからスタート。奴が一人でこの家に来たことから、田最に(今現在)頼れる仲間はおらず、それなら鳩にやられる前に逃げるべきだとすすめる定助。勝利を確信した余裕です。一方の田最は定助の正体について思いを巡らせ、これが今までにない新しい「等価交換」の結果であると予想します。事実、ロカカカ壁の目の不思議なチカラが合わさったからこそ起きた奇跡ですからね。あの回想編を見ると、吉良、仗世文ともに死んでいてもおかしくなかったと思うんんです。

こんな状況にあってなお、その現象をを金儲けに使えると喜ぶところが下衆です。スポーツ選手が払っていたのもかなりの額でしたし、今まで岩人間チームは、ロカカカで相当儲けてきたんでしょうね。

前回ヒールをスパイクのようにして壁を登っていった鳩は家の屋根に移動。上から狙ってくることを予測した田最はまたしても憲助を使って彼女を倒そうとします。ドロドロになった彼に指紋をベッタリとつけ、火をつけて暖炉に投げつけます。非常にエグいし可哀想なんですけど、正直奇妙な光景に思わず笑いがこみ上げてきてしまいました。ごめん。憲助さん。

彼の体は燃えながら小さい(膜の)破片?となって煙突を舞い上がっていき、その一つ一つには田最の指紋が。指紋にさえ触れればそれだけでアウトなんですね。手形全体である必要はなかった。あまりの痛みに叫ぶ憲助。反応した鳩に指紋が付着しそうになったその時……

田最の脳天を貫くヒール。田最のポケットの中の定助の肝臓(そういえば前回切り取られたたままだった!)からシャボン玉を発生させ、その破裂音彼の位置を鳩に教えていたのです。これはナイス連携。続けざまに何度も貫かれる田最。これは完全に勝負がつきましたね。

そのことで能力が解除され、ドロドロ状態から元に戻る東方家メンバー。良かった。ボロボロになりながらも逃げ出そうとする彼を追い詰める定助に対し、田最はロカカカを餌に命乞い。しかし無言でボコられ、再起不能に。この時定助がビシィ!と指を指し、S&Wが殴るっていう描写がかっこ良かったです。

一段落し、すべてを理解する定助。自分が空条仗世文だとつぶやきます。憲助も自分の予想が正しかったと確信した様子。でもおそらくは「そういうことだと理解した」だけであって、まだ記憶は戻ってないような気がします。憲助の背後にこれまで関わってきた岩人間やホリー、カレラの映像が映ってますけど、単に、繋がった、という演出なのかなって。僕の予想ですけど。

ここでようやく常敏登場。最後のところを目撃したようで、ショックを受けています。これまでの描写を考えるとロカカカの輸入に関しては彼が秘密裏に行っていることであって、憲助さんは関わっていないのかなと思います。となるともう常敏以外は全員やられたことになりますし、彼はいずれもう一度定助と戦うことも……?もちろん今度はクワガタ勝負じゃなく、己の肉体を用いて、でしょうけど。

舞台変わって、刑務所ぽい場所。刑期を終え、出所の手続きをしている一人の女性。15年入っていたようで、懲役の報酬賃金として79万というお金を受け取っています。背中にはストーンオーシャンという文字が。ファンサービスだとしてもこれは嬉しいし、びっくりでした。
私服に着替える彼女。ウエスタン風のスタイル。雰囲気はどことなく徐倫にも似ている!?そして所持が許可されていたトランプの束に触れると、

そこから携帯電話が出現し、誰かと話す女性。話からすると相手は息子?家族には内緒にするように釘をさし、憲助を驚かせてやるという彼女。電話の相手は常敏。そう、この女性こそ彼の母親であり憲助の妻、花都(かあと)だったのです。刑務所をあとにし、指輪を投げ捨ててしまう彼女。これ、N to Cって彫ってあって、おそらく憲助から彼女へ贈られたものでしょうし、ヘタしたら結婚指輪なんじゃあ……。

後悔はしていないけど、失った人生を取り戻すという彼女の言葉が気になります。15年の服役。一体どんな罪を犯したのか。そこに憲助は関わっているのか。またまた波乱の予感です。

あ、最後の最後にマンホールから出てくる常秀の姿が。ドロドロになって水道から流された彼ですが、無事に元通りになったようですね。家族間での扱いの差がひどい。そのかわりと言ってはなんですが、次回では彼がメインのお話になる様子(ウルトラジャンプ巻末付近の次号予告より)

といったところで今月はおしまい。これでようやく岩人間編は終わりでしょうかね。常敏のこともあるので、ロカカカ自体はまだ若干絡んできそう。何より仗世文たちが育てた接ぎ木がまだ残っている可能性がありますしね。それに新登場した花都の存在。彼女はとなりうるのか。全く予想ができないので、来月も楽しみです。

<6/19追記>
他の読者さんが書いた感想はこちら↓
@JOJO アットマーク・ジョジョ様:55話感想リンク集
http://atmarkjojo.org/archives/19725.html

そんなジョジョリオン55話掲載のウルトラジャンプ7月号は6月18日本日発売。

先月に引き続き希望者全員購入可能なジョジョTシャツ(今回は4部)の応募券がついてきます。電子書籍版も同時発売ですが、そちらからは応募できないのでご注意ください。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック