イエスタデイ / 突然の停電。交通事故にあった主人公のシンガーは昏睡状態から目覚めると、誰一人ザ・ビートルズを知らない世界にいた。名曲の数々を自分の歌として世に送り出すと、少しずつ売れ始めて……。ザ・ビートルズ愛に溢れたファンタジードラマ。

music_hikigatari_stand_man.png.png
スラムドッグミリオネアなどのダニーボイルがメガホンをとった、コミカル要素もあるファンタジードラマ。売れないシンガーのジャックは、突然起きた停電によって交通事故にあい昏睡状態へ。そこから目覚めると、自分以外は誰一人としてビートルズを知らないというありえない世界になっていた。それならばと彼らの楽曲を自分で作ったことにして売り出そうとするのだが……。少しずつ才能が認められスターになっていくジャックの苦悩とラブロマンス。最後に何を思うのか。
主演はヒメーシュ・パテル、ヒロインに「シンデレラ」リリー・ジェームズ、ケイト・マッキノンの他、本人役で世界的歌手のエドシーランが出演。
あらすじ
イギリスの海辺の町に暮らすシンガー・ソングライターのジャック(ヒメーシュ・パテル)は、幼なじみで親友のエリー(リリー・ジェームズ)に支えられてきたが全く売れず、夢を諦めようとしていた。ある日ジャックは、停電が原因で交通事故に遭遇。昏睡(こんすい)状態から目覚めると、この世には「ザ・ビートルズ」がいないことになっていた。(シネマ・トゥデイより)


僕自身そこまで詳しくないものの洋楽の中でもビートルズはかなりの曲を知ってるしカラオケで歌ったりしますし、世界的にどれほどの存在かというのは今更説明するまでもないのですがそんな歌手が自分以外誰一人知らなかったと思うととゾッとするし、自分が代わりに、って思っちゃいますよね。そもそも音楽に限らず、「もし自分が先に世に送り出していたら」って妄想する人は少なくないと思います。例えばドラえもんにも漫画でそういうことやる話があったはず。

だからちょっとした罪悪感(背徳感?)と、売れてしまうかもという期待と、どうなるんだろう?という好奇心のないまぜになった感情は痛いほどわかるし僕がジャックでもやってしまっただろうなぁと。これは誰しもが共感できるポイントだからこそ引き込まれるし、そうなると一つのフィクションとしてどうオチをつけるのかがとても気になってしまう。最初は気持ちよくても、いつか絶対自責の念にかられそうだし、いくらビートルズの楽曲が相当な数あったとしてもネタ切れする日がくるでしょうしね。

ただ前半あたりはそう言ったシリアスな部分は抑え目で、割とコミカルでポップに進んでいきます。例えばはじめてレットイットビーを家族に披露するシーンでは両親や知人が「素人シンガーの新曲」としか扱わず、世間話や電話などでなかなか歌えず3,4回歌い直すハメになったり、友人たちやお客さんはそれなりにいい曲だと認めてくれてもドカーンとヒットするわけもなく。事故のせいで歯が折れたり傷が治ってないのもあってジャックが一人だけで大騒ぎしてる感がすごく笑えます。

そのジャック本人の私生活、というよりラブロマンス要素もかなり入っていて、もう兄妹のような存在になっているヒロインとの恋路がなかなか進展せず、いい感じになりかけたのにダメになって別の人と付き合いはじめてしまったりと、音楽家として成功していくのとは対照的にギクシャクしちゃう流れはなかなか面白かったです。そしてLAで本格的に事務所所属してからも絵に描いたような「商業主義」に巻き込まれて、ヘイ・ジュードはヘイ・デュードにされちゃうし、アルバムのタイトルも却下されてしまったりとその成功も思ってたのと違う、的な。

登場人物の心情を音楽で表すというのは映画などでよくあるパターンなんですが、この映画ではそれをビートルズの楽曲でやっていて、そこも素晴らしかった。歌詞の内容とかとてもリンクしてるんですよ。さらには細かい歌詞を思い出すために現地へってことでリバプールへ飛んだり、本物のビートルズの足跡を辿るようなシーンもあって曲と共に堪能できるのが良かったです。「ビートルズへのラブレター」と書いてあるレビューを見ましたが、正しくそんな感じ。ものすごく大事にしてるし、僕らも一度は耳にしたことあるからこそ刺さるんですよね。ちなみにAmazonプライムでは歌詞が翻訳されて字幕として表示されてました。カラオケと違って歌えないけどこれはこれでありがたい。
(余談ですが見終わった後 歌詞検索サイト に直行して色々と歌いまくったことを白状しておきます)

先に触れた「不安」に絡んで、中盤あたりには「もしかして他にもビートルズを知っている=覚えている存在がいる?」というシーンも出てきます。これは果たしてジャックの良心の呵責による幻覚なのか、あるいは糾弾される流れか?と身構えましたが、結論から言うとこれは大丈夫でした。ああなるほどそういう気持ちもあるよな、って感心しちゃいました。
その代わり、ジャックは自分でけじめをつけるんですけど。

ラストの決断というか行動も泣かされましたが、感動ポイントは他にもあります。コカコーラやオアシスなど、ビートルズ以外にもこの世界から消えてしまったものがいくつかあって、そういう違いはギャグとして演出され、一番最後にもイギリス作家の超有名作品が生まれてなくて例え話が通じないくだりもあります。ただサプライズとして後半あたりにすごい人物が出てきて、ジャックとのやりとりにジーンときちゃいました。ここもナイス脚本だなぁって。お楽しみに。

そういえばエドシーランが本人役で、しかもジャックには敵わないという役柄で登場してたのも凄かったですね。まあ言い換えると「どんなに世界的に有名になってもビートルズには勝てない」という意味合いなんでしょうけど、オファーきても断る歌手もいそうなのでよく出てくれたな、と。高感度上がりました。流石に演奏シーンは圧巻ですし、想像以上に出てくれてます。

僕はハッピーエンドが好きだし、かと言って褒められないことをしちゃった人が何のおとがめなしに幸せになるのもまたモヤモヤしちゃうタイプなんですが、この映画は「それが正解だよな」っておとしどころにきちんと着地して、後味よく終わってくれるのでそこも大満足です。上の「けじめ」って言葉で若干ネタバレしちゃってる気もしますが、どういう決断をしたのか、ぜひ見て欲しいと思います。告白シーンのシチュエーションとしてもすごくグッときました。

ちなみに主人公の吹き替えをやってたのが「それいけゴールドバーグ家」というドラマでちょっとアホな長男をやってる菅原 雅芳さんで、すごくあってたと思います。主演のヒメーシュ・パテルさんも人が良さそうな顔がぴったりだし、劇中でも全然「調子に乗る」ってことがなかったのも好きになりました。歌唱シーンも良かったですしね。彼の父親役のサンジーヴ・バスカーさんはドラマ「埋もれる殺意」のメインキャラだったので反応しちゃいました。

ビートルズのファンにも安心して勧められる、愛に溢れた、音楽シーンてんこ盛りのファンタジードラマですのでいろんな人に見て欲しいと思います。改めて曲の素晴らしさや、音楽の持つパワーを感じされれました。


Amazonプライムビデオにて吹き替え版で視聴。




この記事へのコメント