ワンダー 君は太陽 / 度重なる手術に耐え普通の生活が送れるものの、特徴ある顔立ちである少年オギー。コンプレックスを抱え自宅学習だった彼が10歳を機に学校に通おうとするのだが……。主人公と彼を取り巻く人々の葛藤と、優しさの物語。

kid_job_boy_uchuhikoushi.png
ベストセラー児童小説を原作に、「ウォールフラワー」のスティーヴン・チョボスキーが実写映画化したヒューマンドラマ。主演は「ルーム」や「ザ・プレデター」のジェイコブ・トレンブレイが務めるほか、両親役にジェリア・ロバーツ、オーウェン・ウィルソン。
生まれつきの疾患によって特徴的な顔つきを持つオギーは、母親と自宅学習してきたのだが、5年生に上がるタイミングで学校へ行くことを決める。コンプレックスを抱える彼は宇宙飛行士のヘルメットを被り素顔を晒したがらなかったが、勇気を持って外すことに。同級生は子供ながらに気をつかいつつも、やはり好奇の目で見てしまうが……。
オギーだけじゃなく、彼と友人になる少年や、姉、そしてその友達と、それぞれの目線で彼らの抱える葛藤を描く。誰もが共感し、優しくなれる物語。
あらすじ
生まれつき顔立ちが人と違う少年オギー(ジェイコブ・トレンブレイ)は、幼いころから自宅で母のイザベル(ジュリア・ロバーツ)と勉強してきた。10歳になり学校に通い始めた彼は同級生と仲良くしたいと願うが、じろじろ眺められたり避けられたりする。しかし彼の行動が、周囲の態度を少しずつ変えていき……。(シネマ・トゥデイより)


原題はシンプルにWonderだけなのですが、劇中に出てくる「うちの家族は太陽系って言われる。息子(son=sun)を中心に回ってるから」という姉ヴィアのセリフをうまく引用したとてもいい副題だと思います。実際彼の勇気が少しずつ他の人間にも影響していくので、文字通りの太陽的なイメージもぴったり。

そのセリフに含まれる皮肉のような意味からも分かる通りヴィアがずっと「両親が息子のことに一生懸命になれるよう」「良い子ちゃん」で居続けてたってのも描かれます。冒頭でも触れましたが、最初に「オギー」というタイトルで彼の入学初日からの日々が描かれたのち、その「ヴィア」、彼女の親友「ミランダ」そしてオギーの親友「ジャック」と、主人公が交代して彼ら目線の日々と抱えてる葛藤が描写されていくのです。ここがもう本当にすごくて、どれも非常に分かるんですよ。気持ちが。こういうのあるよなーってめっちゃ頷いてしまう。

もちろんメインとしては周囲の対応にくじけずに頑張って学校に通い続け、時に友情に亀裂が入りながらも勇気を出し続けたっていうオギーの素晴らしい姿に胸を打たれるしボロボロ泣かされるんですが、ぶっちゃけた話そういう映画だってある程度予想してるじゃないですか。予告や設定の時点で。でもそれだけじゃないんですよ。良い子ちゃんできたために自分から主張したり表舞台に立つことがぎこちない、友人に距離を置かれても怒ることもできない姉だったり、すごく大事な友達なのに自分にないものを妬んだ結果どんどん気持ちがずれていって、またそんな自分のことを自己嫌悪して突き放してしまう気持ち。

そして何よりジャックですよね。調べると、この原作者R・J・パラシオは「オギーのような子供と街で出会った際、対応を間違ってしまった」と感じてこの物語を書き上げたそうなのですが、オギーが転入してくると知り、また学校案内の一人として選ばれた彼がどういう風に彼を見て、どう接していくかというのは一番見ている我々自身とリンクさせやすいと思います。「アイスクリーム屋さんで小さい子供が泣いててたでしょ、それが学校だったらどうなると思う」っていう親御さんの諭し方もリアルな現実って感じがしたし、「最初は母親に言われたから一緒に過ごしてたけど、ほんと頭良くて面白くてサイコー(意訳)」ってなっていく姿はジーンと来ちゃいます。一方で中盤あたりにある友情に亀裂が入る原因もね〜特に男だから(?)少し理解できる部分もあったりして、早く仲直りしてくれーって祈るようでした。フューチャーされる時間は短いですが、同じく学校案内で登場した金持ち坊ちゃんのジュリアンも意地悪く書かれていますけど、これもこれで少し分かるし、脅威というか外見をイジることしか出来ないくらい認めちゃってる証拠なんですよね。悪いことなんだけど、幼いゆえの行動。

こういう映画でくらい良いじゃないか、と思うのですが、ちょっと辛い中盤を経てからは一気に色々なことが良い方向に向かっていくのもとても心地よかった。仲直りするシーンもグッと来ましたし、ジュリアンの仲間というか他のクラスメイトがオギーに一目置くことになるエピソードもカッコ良かった。ヴィアとミランダの話もちゃんと描いてくれたのもスッキリしました。もっとラブロマンスでギクシャクかなとも恐れましたが、素直になるのは大事。劇の使い方が上手かったです。

それらの物語を総括するように最後に挿入される、修了式のエピソード。ここで「ワンダー」の意味をすっごい噛み締めてまた泣かされるわけですが、オギーが紹介してくれる、校長先生の言葉がまた良いんですよね。この映画の一番のキモになってる。誰もがいろんな悩みを抱えてて、戦ってる。だからこそ相手にも優しくなる必要があるし、その結果、みんな幸せな方向へいく。

見終わった後心が温かくなる、という表現はたまに使いますが、この映画ほどぴったりなものはないんじゃないかってくらい素晴らしい感動作で、想像以上に泣かされてしまいました。
感想で触れるの忘れてましたが、親御さんの立場として見るのもまたグッとくるんですよね、心を鬼にして初日送り出すシーンとか。信じてるからこそ辛い道を歩ませるというか。必ず登場人物の誰かしらに共感できる作品だと思いますので、どんな人にもおすすめです。

そうそう、オギーがファンということでちょいちょい入るスターウォーズネタも楽しかったです。

WOWOWにて字幕版を録画、視聴。

ワンダー 君は太陽 [DVD]
Happinet (2018-11-16)
売り上げランキング: 2,677


動画はこちら
ワンダー 君は太陽(吹替版)
(2018-10-26)
売り上げランキング: 134,989


この記事へのコメント