太秦ライムライト / 5万回斬られた男、こと福本清三主演。京都の撮影所で長年斬られ役として活躍してきたベテラン俳優。時代劇はだんだんと少なくなっていく中、一人の若手女優と出会い、殺陣の稽古をすることに。

samurai_kettou.png
「ラストサムライ」をはじめ、数多くの作品に斬られ役として出演。「5万回斬られた男」という異名を持つベテラン俳優・福本清三主演作品。監督は「タイガーマスク」などの落合賢。
京都・太秦の撮影所。ベテラン俳優の香美山清一は、数々の時代劇に出演してきたのだが、主演俳優を交代して50年続いた「江戸桜風雲録」が打ち切りなるなどだんだんとその数は減ってきており、新たに作られるのも刀をCGで編集するという若向けのもの。活躍の場を失いチャンバラショーなどに出るようになるが、伊賀さつきという新人女優が彼を慕い熱意に負けて殺陣の稽古をつけるようになる。
ヒロインを映画初出演となる山本千尋が務めたほか、松方弘樹、萬田久子、本田博太郎らが脇を固め、寡黙な主人公をさらに盛り上げる。彼自身を投影したかのような役柄に福本清三の生き様を見る、傑作アクションドラマ。
あらすじ
京都・太秦にある、日映撮影所。そこに所属する香美山清一(福本清三)は、斬られ役として長年大部屋俳優を務め、無数のチャンバラ時代劇に出演してきた。ある日、およそ半世紀にわたって放送されていたテレビ時代劇「江戸桜風雲録」が打ち切りになり、後番組として若年層向け時代劇がスタートするが、そこにはベテランたちが活躍する場はなかった。そんな中、香美山は伊賀さつき(山本千尋)という新進女優と出会い、殺陣の師匠となって彼女に指導をしていくが……。(シネマ・トゥデイより)


明らかに「あてがき」福本さんをイメージして作られた作品なので当然と言えば当然ですが、めちゃくちゃカッコ良かったです。単純に脇役にスポットを当てた作品というものは割とありますし、直近だと唐沢寿明&福士蒼汰の「イン・ザ・ヒーロー」が近いのですが(むしろこの映画に影響されてるかも) 斬られ役というのは下手したらセリフもほとんどないですし、影の立役者って言葉がぴったり。こういった作品に触れないとなかなかその存在まで意識するってないと思うんですけど、これ以後はやられていく方にも注目してみちゃうと思います。ちなみにこの映画では福本さん以外にも斬られ役など数多くの時代劇に出演してる俳優さんたちが多数出ているようですから、どこかで見かけた顔だ!ってなるかもしれません。

そんな俳優さんが主演しているのもあって、主人公もかなり寡黙な男。もっというと結構聞き取りにくいシーンなんかもあって。もちろん適材適所という意味ですが、松方さんのような「主役として映える俳優」とはまた別のタイプだったなぁと。でもその分一人で黙々と稽古をしているシーンとか、ヒロインに教えてるシーンが引き立ってて、むしろよりカッコ良かったです。背中で語るタイプ。俳優というよりも「職人」という言葉が似合いそうな立ち振る舞いでした。メインキャラと違ってかつらやメイクを自分でしなきゃいけないし、「大勢いる中の一人」ではあるんだけれどもそこにプライドを持って、斬られる一瞬に命をかける。劇中での「チャンバラが上手いってことは演技が上手いってことなんだ」ってセリフがしみます。あとは俳優を管理してる人(本田博太郎さん)の「ここにはエキストラはいません。全員演技者です」てのも好きでしたね。

序盤の方の展開はかなりベタで、時代劇が少なくなった結果現代劇の被害者役をやらされた斬られ役連中と監督側でいざこざが起き、香美山は何も悪くないのに謹慎させられるというもの。そこイラッとしますが、ヒロインとの稽古っていう風にシフトしてくので、本人的にもみてるこっちも忘れられて良かった。山本千尋さんは今アクションを中心にかなり活躍していますが、この時は映画初出演だったそうで。教えられてどんどん上達してくのを見てるとワクワクしました。

チャップリンの「ライムライト」自体が中年男性と若手女性ダンサーのお話だったのでなぞったストーリーになるのかな、なんて予想はしてたんですけどね。ヒロインにかつて自分が好きだった女性を重ねてたり(かんざしのシーンは必見)同時に娘のようでもあり、そしてなんと行っても愛弟子であるというこの関係性は良かった。若者向け時代劇の主役のチャラ男にみそめられて大抜擢された時、殺陣が上手くいかなかった時のやりとりは言葉以上に「刀を交えた間柄」だからこそ伝わる激励って感じで良かった。

時代劇の撮影自体が少なくなっていったり、長年の怪我があってついに引退を決意するのですが、映画終盤でカムバックする展開があり、ここからが涙なしには見れなかった。ヒロインとの「お芝居の中でチャンバラしたい」と、シリーズ打ち切りの際の主役俳優の「また斬らせてくれ」の二つの約束を果たすっていうシチュエーションも良かったんですが、周りの反応がめちゃくちゃあったかくて。特に金儲け先行で時代劇愛がないのかと思ってたプロデューサーのあれとかグッときました。前述のかんざしね。

ラストの殺陣シーンは上下に黒帯が出て映画的な画面になるし、一本どりなので迫力が段違いでめちゃくちゃカッコ良かった。特に「体は大丈夫か?」に対しての加美山の返しがめちゃくちゃ痺れました。あそこで一気にマジモードになって、怒涛のチャンバラが始まる。上で触れた約束もちゃーんと伏線回収してくれて、最高の斬られっぷりを魅せてくれました。無音になる演出好き。桜吹雪が綺麗でした。その余韻が残すまま映画が終わるのも見事。

僕が録画したのは劇場公開に先駆けて放送されたテレビ編集版ってことでしたが、wikipedia見ても上映時間ほとんど変わらないので、劇的に何かが変わってるということはないでしょうが、いつか劇場版も見たいと思います。

福本清三さん、お疲れ様でした。

2021年1月現在、AmazonではDVD売り切れ、プライムビデオにも有料含め取扱がないようです。検索したらdTVで配信中ってヒットするんですが契約してないので確証得られず。すみません。2014年の録画を今更見ました。

この記事へのコメント