【Netflix映画】アダム&アダム / 12歳の少年アダムの前に現れたのは、大人になった自分。タイムトラベル技術をめぐる悪の野望を砕くため、二人のアダムは力を合わせることに。ライアン・レイノルズが「フリーガイ」の監督と再タッグ。

time_machine_miraijin_man.png

Netflix配信作品。ライアンレイノルズを主演に、『フリー・ガイ』のショーン・レヴィ監督と最タッグして制作されたSFアドベンチャー映画。2050年という未来からやってきた「大人の自分」に出会った12歳の少年アダムが、タイムトラベル技術をめぐる戦いに挑んでいく。事故で亡くなった父、残された母との関係性などドラマ要素も見どころ。
2022年。口が達者な12歳の少年アダムは、同級生を煽っては殴られてよくトラブルを起こしていた。停学中、謎の男が家の近くに潜伏しているのを発見。同じ時計をし、同じ傷があって冷蔵庫の開け方を知っている彼こそは未来の自分であり、「ある人を救うため」やってきたのだという。怪我をしている彼の代わりにタイムマシン兼戦闘機を作動させた子供アダム。やがて二人のアダムの元に悪の追手が現れ、未来のための戦いが始まる。
子役としてウォーカー・スコベルのほか、ジェニファー・ガーナー、ゾーイ・サルダナ、マークラファロら共演。
あらすじ
2050年、戦闘機パイロットのアダム・リード(ライアン・レイノルズ)は、タイムトラベル技術の発明を防ぎ未来の世界を救うというミッションに挑む。成功の鍵を握る2018年を目指すアダムだったが、予期せぬ事態により2022年の世界にたどり着いてしまう。そこで出会ったのは、いじめに悩む12歳の自分自身だった。子供の自分から怪しまれながらも、二人のアダムは力を合わせ、世界を救うため強大な悪の存在に立ち向かう。(シネマ・トゥデイより)


ほんと軽口を叩くライアンレイノルズは最高ですね。今回も主人公のアダムは子供の頃か口が達者という設定なので当然大人アダムもその傾向があり、そんな二人の掛け合いのシーンはニヤニヤしっぱなし。ふざけ合ってるの見てるだけで微笑ましいです。だからコメディよりなのかと感じてたのも束の間、思ってた以上にSF要素があったのはとても嬉しかった。アクションもあります。

あらすじや予告動画で触れられてるので先に書いておくと、映画の中盤あたりから「過去に戻ってタイムトラベルという発明そのものをなくす」って一番の目的に向かって進んでいくので当然2022年からさらに過去に向かうことになり、まだ存命中の父親(マークラファロ)と共に出来上がる前に研究をぶっ壊します。で、敵としてはそれを阻止したいってわけで、刺客を送ってくるので2022年からかなりバトルすることに。

元々はパイロットということで戦闘機でのドッグファイトもありましたが、なんといっても一番は未来っぽさ炸裂の武器を使った人間同士の戦闘。子供アダムのいう「ライトセーバー」は、短い筒部分の両方からヤイバのようなものが伸びてそのまま剣のように使えたり(まんまダースモールのライトセーバー)、衝撃波が出ることを利用したアクション(勢いでジャンプしたり)、さらには盾のようにも使っててロマン溢れてました。

タイムトラベルに関するあれこれ、パラレルや矛盾などについては大人アダム「多元宇宙?俺たち映画の見過ぎだ」って一蹴されてしまいますが、【本来いないはずの時代にきた人間は死ぬと粉々になって消える】という、非常に映像作品として都合の良い(笑) 設定がありますので、やられた敵の兵士たちのことを考えなくていいし、逆に大人アダムにとっては常にピンチ。ちなみにマルチバースで盛り上がりつつあるMCUのメイン出演陣が3人も出てるからこそのコメントなのかな。深読みしすぎか。(デッドプール、ハルク、ガモーラ。母親役のジェニファー・ガーナーは映画版デアデビルシリーズでエレクトラやってますね)

一方で悪徳企業CEOも普通に未来と現代の同一人物で結託してアダムたちを追ってるし。独占してやりたい放題。それを防ぐために過去に戻って全部なかったことにすれば本来の歴史が変わると。だから主人公チームの目的が成功しちゃうと、「壊すために過去に2018にきた」って事実さえもなくなっちゃうし、あるいは「大学で恋人と出会う」って歴史も変わる恐れがある。それでも人類のためにやるしかなかった。そこにちょっとした切なさがあります。

その恋人の要素は序盤の山場で、再会&共闘の流れは痺れます。「本格的なバトルあるじゃん」という嬉しさと合わさってめっちゃカッコよかった。さすがゾーイ・サルダナ。この人は銃も使ってて、これまた未来感あふれてます。ただ全体的なストーリーを考えると感情移入するほどたっぷり出番あるわけではなく、ラブロマンス要素は少なめ。それよりも家族の関係がメインだった。

元々問題児の傾向があった上で、父を亡くしたという悲しみ。子供にとってもすごく重大な問題だけど、母親だって人生の伴侶を失い、どうしていいか困惑しているもの。大人アダムは時間が経ったことでそこに思い至れる余裕ができたから、ああいう言葉をかけることができた。小屋に潜伏して窓越しに見つめる時や、バーで偶然会った時の会話。あれはほんと泣けます。もしかして母もなんとなく何かをかんじとってたし。

逆に父親とのことは子供アダムの方が無邪気に再会を喜べていて、「自分の眼の前から消えたから憎んでる」「辛いから思い出すのをやめたんでしょ」って核心に触れられるところすごかった。食べ方が同じ、だとかギャグみたいにしてる一方で、こういう【自分自身だからわかる感情、痛み】って部分できっちり描写されるとやられますよね。いくつになろうと、親は特別な存在ですよ。タイムトラベルの研究に「アダムプロジェクト」って名前つける時点で十分わかるけど、「どんなに疲れててもキャッチボールしてくれた」などの父と息子のエピソードもグッとくる。しかもこれ、映画の終盤で……。

最終目的である研究所に向かってからはクライマックスとして敵との戦いも過激になっていきますし、ドローン操作などで子供アダムにも見せ祖母あるのが良かった。屈強な戦士とのタイマンもありますし、作戦を決行する中で、磁力が作用してそれも戦いに影響出てくるのとかも好きですね。なんとなくエリジウムを思い出しました。

既に触れた通り主人公側が「歴史を変えることはいけないことだ」ってスタンスなんで、彼らの勝ち=全てなかったことになるし、父の死も覆ることもないんです。でもね、変わってほしくないことは変わらないし、記憶がないはずなのに……。あれは間違いなくハッピーエンドって言えると思います。切ない中にも爽やかさがあって、とても気持ちよく見終われました。

Netflixで吹き替え版で視聴。

B09FXSTBDS
フリー・ガイ ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]

この記事へのコメント