ザ・マミー/呪われた砂漠の王女 / ハムナプトラシリーズの元にもなった「ミイラ再生」をトム・クルーズ主演でリメイク。冒険と金儲けが大好きな軍人が、偶然女性ミイラを蘇らせてしまったことで起きるパニックを描く。

ザ・マミー/呪われた砂漠の王女(吹替版)


ユニバーサル社が過去の映画作品を連続でリメイクし一つの大きな作品群に仕上げようとした「ダークユニーバース」(要はホラー映画版MCU)の第1弾として製作されたのは、ハムナプトラシリーズのリメイク元にもなった1932年の「ミイラ再生」。トム・クルーズ、ラッセル・クロウ、ソフィア・ブテラ(キングスマンのガゼル)ら共演で、かつて罪をおかし封印されていた王女のミイラを蘇らせてしまったことで起きる騒動を描く。監督はトランスフォーマーやグランドイリュージョンなどに携わってきたアレックス・カーツマン。
あらすじ
中東で、古代エジプトの文字が刻まれた石棺が発見される。その発掘に居合わせたアメリカ軍関係者のニック(トム・クルーズ)は、考古学者のジェニー(アナベル・ウォーリス)らと共に調査のために石棺をイギリスに運ぶ飛行機に乗り込む。だが、フライト中に思いも寄らぬアクシデントが起きて、ニックをはじめとする軍関係者を乗せたまま輸送機はロンドン郊外に墜落し、石棺の所在もわからなくなってしまう。(シネマトゥデイより)


先入観を与えるわけではないのですがこの映画は興業的にはあまり上手くいかず、どうやら前述のダークユニバースも当初の予定を変えてもう一度練り直すことになってしまったそうです。が、この作品は単発映画であると同時にシリーズを始めるぞっていう気持ちが随所にみられて、伏線になりうる要素があったりしまして、個人的には続けて欲しいなぁって思います。

予告動画などのイメージでは石棺見つける→封印といちゃう→街が危険に、という感じでしたが、それは前半部分でほとんど終わり、後半にかけてラッセルクロウ演じる人物の正体が明らかになってからまた違う展開を見せるのが面白いなぁと思いました。トムクルーズも含めて再登場しそうな雰囲気がとてもありました。その意味では一つの映画で二人のメインキャラ?のお披露目のような感じ。

トムクルーズの他の出演作同様に体を張ったアクションが結構みられて、序盤の紛争地帯もそうですし、ハムナプトラを思わせる超常現象的なものからの闘争。そしてミイラ王女が操るものとのバトルも期待通りの面白さ。
ただ相棒的なキャラであるクリスを中心に、割とコミカルな掛け合い、展開も多く、懐かしホラーコメディっぽさもあってそこも良かったと思います。いい意味で緊張感のなさ。

全体的な流れとしては王女アマネットが現世で何をしたのか、そして蘇った彼女が何をしようとしてるのか、がわかりやすくて「何を防ぐべきか」のゴールが見えてるのが良かったと思います。最後の最後がとてもあっけないものだったものの、ニックがとった選択がちょっと意外だったので新鮮でした。なるほど、ダークユニバース だものな、って感じ。ある意味ネタバレになってしまってすみません。

映像表現に関してはアクションもそうですが、CGの技術もあって、見応えあるシーンは結構あり、上記あらすじの飛行機のシーンとかも良かった。アマネットのデザインは恐怖というよりも妖艶さ、を感じて、謎めいた美女の似合うソフィア・ブテラにぴったりでした。スタートレックのジェイらの時はほとんど特殊メイクでしたけど、今回は一応彼女だってわかる姿でしたね。回想シーンではエジプト王女っぽい衣装も出てきますし。

ミッションインポッシブルやジャックリーチャーシリーズに比べるとトムクルーズ自体の無双っぷりは少なめですが、アクション映画としては普通に楽しめる作品だと思います。前述の通り、ジョニーデップなどの豪華スターで計画されているダークユニバース が実現するかちょっと怪しくなってきましたが、その1作目として見といて損はない映画でした。
※もちろんこの作品としてはちゃんとキリのいいところで終わっていますのでご安心を。

Amazonプライムビデオで字幕版を視聴。僕が見つけた時は字幕版のみ無料だったのですが18年3月末現在は吹き替え版共に無料対象になっています。会員の方はぜひ。

ザ・マミー/呪われた砂漠の王女 ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]
NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン (2017-11-22)
売り上げランキング: 1,230


動画はこちら
ザ・マミー/呪われた砂漠の王女(吹替版)
(2017-10-25)
売り上げランキング: 2,903


ザ・マミー/呪われた砂漠の王女 (字幕版)
(2017-09-20)
売り上げランキング: 1,464


この記事へのコメント