【Netflix映画】THE GUILTY/ギルティ / 緊急通報センターにかかってきた電話。元夫に誘拐され、移動中の車から助けを呼ぶ女性。オペレーターは家族を救えるか。デンマークで大ヒットした映画をジェイクギレンホールでリメイク。

job_telephone_operator_man_majime.png
劇中のほとんどを通報を受けて対応するオペレーターの目線のみで描写し、主人公同様に音だけで緊迫した状況を想像させるという手法で大ヒットしたデンマークの同名作品を、ジェイク・ギレンホールでリメイク。監督は『マグニフィセント・セブン』などのアントワーン・フークア。
緊急通報センターでオペレーターとして働くジョーが受けた電話。どうやら通報者の女性は元夫に誘拐され二人の乗るバンは今も移動中。さらに家には子供達が残されいるという油断できない状況だと判明していく。関係各所やかつての同僚たちのツテを使い、なんとかして彼女を救おうと躍起になるジョー。そんな彼もまたトラブルを抱えていて……。
あらすじ
ジョー・ベイラー(ジェイク・ギレンホール)は、緊急通報センターのコールオペレーターとして勤務している。ある朝、かかってきた緊急通報に事件性を感じ取った彼は、通報者の身に危険が迫っていると直感する。通報者の女性が何者かによって拉致されたと推測したジョーは、通話の最中に聞こえてくる声と音だけを頼りに彼女を救い出そうとする。(シネマ・トゥデイより)


参考:オリジナル版についての紹介エントリはこちら
THE GUILTY/ギルティ / 警察官であるものの、とある理由で臨時の緊急通報のオペレーターとして働くアスガー。誘拐されたと思われる怯えた女性からの電話を受け、彼女やその娘たちを救おうと必死になるが。電話越しに事件が進むワン・シチュエーションサスペンス。
http://xn--qfusdo8o71s.seesaa.net/article/THE-GUILTY.html

このように今年の頭に紹介したばかりなので僕自身としてもかなり記憶に新しく、ハリウッドリメイクの情報を知ってから思ってた以上に早くきてくれたなという印象。先に結論から言うと「ほとんどオリジナルに忠実、ただ一部のアレンジあり」でした。
予告動画でもわかる通り、通報センターも割と明るいし、彼以外の人物の存在も感じ取れるのでオリジナル版での物理的な「孤独の戦い」というイメージは薄れています。ジェイクギレンホールお馴染み(?)のキレ演技が炸裂するほど、ジョーが短気という要素がより強調されているので同僚たちに精神的な距離があったり、別の部署とのやりとりがヒートアップしてく感じ、精神的には孤軍奮闘な感覚は相変わらずでしたね。

そのことが彼の抱えるトラブルにも密接に関わっていているのですが、残念ながらその「過去に何があったのか」と、「通報事件の全容」については先に知ってしまうとかなり勿体無いので詳しくは書きません。オリジナル版で結構な衝撃だったのでこの作品を見る人にも味わってほしいので。そこで判明するちょっとした悲劇においてはこのリメイクで変更点がありますので、知ってるという人も注意深く聴いてみてください。さらに救いがあって、個人的にナイス改変。

なぜか序盤の「車を見つけたか?」「違った」っていうシーンだけ現場の様子が出てきますが残りは全てジョーを中心にしか描かれないので、やりとりを聴くことで想像する。彼と一緒になって事件の解決を祈るっていうオリジナルの良さは健在。なるほど子供をあやしてるふりで電話を続けさせるのかーとか、同僚がいたおかげで自宅の方もフォローできる、え、そんなことが!?っていう緊迫感。自分が動けないから人に何かをしてもらうしかないいじらしさ、そしてイライラっていうのがこっちもシンクロしてくるんですよね。

ジョーの問題も、取材記者からの電話や、彼が写真をスマホのロック画面にしている娘(これもリメイク版のみの要素)の存在など「何があったのだろう」と考えさせつつ少しずつ明らかになっていくから見応えがあります。明らかに具合悪そうだし、不安になります。だからこそ彼のためにも無事に事件が終わってほしい、解決してほしいって願わずにはいられないという。ちなみにいつもジェイクギレンホールは高橋広樹さんが担当することが多いのですが、今回は内田夕夜さんが担当。影のある役柄が似合っていました。

山火事の設定も追加されていて、バンが見えにくかったり警官たちがそっちの対応に追われていてなかなか人員がさけないということくらいか考えてなかったのですが、調べていた中で「ジョー(たち)の怒りのメタファーでは」っていう考察が出ててなるほどなぁと思いました。前述の通りかなりのシーンで怒ってるんですよね。それはオリジナル版の時にも触れましたが、自分にもとある「罪」があって、犯人に対する怒りもそうだし、自分自身も許せていない。そこに加えて今回主役に娘がいるので、通報者の娘と重なって余計に肩入れしていく。全部がわかっていくにつれ、彼に共感しまくりでした。

ほぼ同じ題材でリスペクトされたリメイクですので、先にそっちを見ちゃっていると流石にインパクト自体は薄れてしまいますがサスペンスとして今回もとても引き込まれましたし、面白かった。一切の情報がない状態でこちらから先に見る人は間違いなく深く記憶に残る作品になると思いますので、ネトフリ会員の方はぜひに。

Netflixにて吹き替え版で視聴。

オリジナル版、21年10月現在アマプラで見放題対象なので見比べるのもおすすめ。

THE GUILTY ギルティ[DVD]

この記事へのコメント