ザ・ファブル / 裏社会で恐れられる凄腕の殺し屋が、ボスの指令で1年休業することになり、新天地大阪でヤクザの知り合いとして静かな暮らしを始める。プロとして溶け込もうと奮闘する彼にトラブルが舞い込み……。岡田准一主演のアクション。

bird_inko_sakura.png
週刊ヤングマガジン連載、つい最近第2章もスタートした南勝久の大ヒットコミックを岡田准一主演で実写化したアクション。監督はCMなどでも多数受賞する江口カン。
6秒以内に確実に殺す、そんな都市伝説が囁かれるほどの凄腕の殺し屋ファブルだったが、ボスから1年間の休業するように命令され、大阪で一般人「佐藤」として普通の暮らしをはじめる。ヤクザの親分の親戚という形で住居などを提供してもらい、他の組員にもその素性を明かさずにいたのだが、次から次へとトラブルが舞い込んできて……。
ハードなアクションと、プロとして極力面倒を起こさないように奮闘する主人公のギャップで笑わす痛快エンターテイメント。

木村文乃、佐藤浩市、安田顕、柳楽優弥、向井理、山本美月、福士蒼汰ら共演。
あらすじ
標的を6秒以内に仕留める圧倒的な腕前から裏社会で恐れられる殺し屋、通称ファブル(岡田准一)は、ボス(佐藤浩市)から「殺し屋を1年間休業し、大阪で一般人として普通の生活を送る」というミッションを命じられる。1人でも殺したら処分されるという条件のもと、佐藤アキラという偽名を使い相棒のヨウコ(木村文乃)と兄と妹という設定で、生まれて初めて普通の生活をすることになる。



僕自身は、名前だけは知っていた漫画なんですが読む機会がなく、今回視聴に先立って漫画アプリにてやっと少しずつ読みはじめた程度。なるほどこれは売れるし実写化するわ〜と納得する面白さ、引き込まれ方でめちゃくちゃ面白いです。その僕が読んだ範囲の中でも時間的な都合から実写版に出てこないキャラ、エピソードがちらほらあるので映画を見た後にぜひ原作も楽しんでほしいと思います。秘密なはずなのにファブルの実力を目の当たりにして一気に心酔しちやうヤクザの子分(真似をして骨折する)とか、脇役も好きになります。

予告動画でもちょいちょい分かる通り、この作品結構なギャグシーンあります。ファブルが変なお笑い芸人大好きで一人で大笑いするところとか、猫舌で毎回めっちゃ熱がるといった分かりやすいユーモアももちろんのこと、そもそも実力ある殺し屋がそのことを隠して生活するっていう設定自体がシュールで笑っちゃうのです。いかにして弱く見せるか、みたいなやり過ごし方とか笑い半分、感心半分って感じですが本人が大真面目に「普通の人として溶け込む。プロとして。」って頑張ってるところに妙なおかしみがあります。ちょっとずれてるところあるけど、見境いなく問題起こすタイプじゃないし、好感度高いんですよね。

劇中でも「快楽殺人者か何かと思ってるのか?」みたいなやりとりがありますが、彼は圧倒的な才能があって、それを生かせる仕事だからやってきたというだけ。ファブルが巻き込まれてしまうムショ帰りの人や、クーデター起こす今回の悪役たちの方がよっぽど狂ってますよね。自分の欲望のために平気で人が殺せちゃうんだから。盗撮疑惑を被害者が傷つかないように阻止したり、恩人をほっとけなかったりとファブルは良識も正義感も人並み以上にある。ちょっと普通を知らないだけ。

映画の流れとしてはまずファブルの仕事ぶりを見せて、大阪での新生活スタート。好調に行くかと思いきやヤクザたちの内輪揉めによってトラブルが発生。一般人のヒロインがピンチになり大人数が待ち構える場所に乗り込んで怒涛のバトル。しかも伝説の殺し屋と戦いたがる奴も襲ってきて……という構成。大きなアクションシーンとしては最序盤のファブルによる料亭襲撃と、ヤクザたちとの戦いの2つがありますが、一人で次々に倒してく描写は圧巻。原作だともっと不気味さというか、スッと現れてほぼ1発で確実に息の根を止める正確さ、スマートさが強調されてるイメージですが、映画ではそれを標的への線で表し、「頭」「心臓」とかで彼がどう見えてどう戦ってるかを描写してましたね。身体能力がめちゃ高いってのもかなり伝わってきて、アクロバット的な動きでも魅せてくれました。目出し帽って本来ダサいはずなんですが、あそこまで動けて戦う姿見ちゃうとカッコいいという。

後半の戦いについてはすでに触れた通りファブルは何にも悪くないんですよね。柳楽くん扮するムショ帰りの人が暴走しヒロインピンチだし、向井さん演じるヤクザの3番手(?)がそれに乗じてクーデターが起こそうとしてるしで、完全にとばっちり。しかも「一人も殺すな」っていう制約、縛りプレイのままヒロイン救出という任務があるわけですからね。天才殺し屋だからこそできた最難関ミッション。あるものでなんとかしろっていう教えのごとく、銃弾の雨の中を防ぐ方法とか、頭脳プレーもバンバン出ますからご期待ください。主人公だから負けないの分かっていてもあのピンチはめっちゃハラハラしました。
福士くん扮するファブルのストーカーキャラもかなりの実力者で、この二人の直接対決、至近距離ドンぱち手に汗握りました。サイコパスというか色々ぶっ飛んでるタイプですし、撃ってる時の顔が怖いっていうw 一方で柳楽vs向井っていうバトルもありました。(役名じゃなくキャスト名ですみません)

全てが終わって日常に戻っていく、というのは予想通りではありますが、不穏なムードも感じさせますし、中盤あたりでファブルのボスが海老原に語ったことも今後を暗示させてちょっとゾクっとします。映画単体としてもちろん綺麗に終わってますけど、ファブルの普通の暮らしはまだまだ前途多難、という気がしてますます続きが気になりました。それでも大きなトラブルが一つ終わったのは間違いなくて、ラストのカメラが引いていく感じが平和でとても好きでした。主題歌が「ボーンディスウェイ」なのも彼の生き方とシンクロしてて良かった。

金曜ロードショーで地上波放送ということで急いで視聴しました。暴力、流血シーンはあるのでそこだけ注意ですが、シュールなギャグとアクション、豪華共演ですので予告動画で興味がわいたかたは是非に。

Amazonにて視聴。





原作はこちら

この記事へのコメント