TENET テネット / クリストファーノーラン監督最新作。未来からもたらされたという「時間逆行」の技術。世界を変えてしまう陰謀を阻止するため、なもなき男は想像を超える戦いに挑む。未体験のSFタイムサスペンスアクション。

sunadokei.png
「ダークナイト」3部作や「インターステラー」他のクリストファーノーラン監督の最新作は、時間を逆行する技術と、それを使ってとんでもないことを計画している敵との戦いを描くサスペンスアクション大作。テロ特殊部隊で毒を飲んだはずの「なもなき男」。毒で死んだかに思えたが全てテストであり、「TENET」という謎のキーワードを与えられ、物理法則を無視して原因と結果が逆転する「逆行」するものの存在を知る。その技術を悪用している敵を倒すためセイターという男に接触しようとするが……。
主演をデンゼルワシントンの息子ジョン・デヴィッド・ワシントンがつとめ、彼の相棒をロバート・パティンソン(「トワイライト」シリーズ)のほか、マイケル・ケイン、ケネス・ブラナー、エリザベス・デビッキら共演。
あらすじ
ウクライナでテロ事件が勃発。出動した特殊部隊員の男(ジョン・デヴィッド・ワシントン)は、捕らえられて毒を飲まされる。しかし、毒はなぜか鎮静剤にすり替えられていた。その後、未来から「時間の逆行」と呼ばれる装置でやって来た敵と戦うミッションと、未来を変えるという謎のキーワード「TENET(テネット)」を与えられた彼は、第3次世界大戦開戦の阻止に立ち上がる。(シネマ・トゥデイより)


衝撃。この言葉につきます。映画館でインセプション見た時もなんという映画だろって思いましたが、さすがクリストファーノーラン。今回もめちゃくちゃすごかった。映像という意味でももちろんそうですし、何よりお話にものすごく引き込まれました。

あまり語ってしまうとネタバレになってもったいない反面、もしちゃんと話を理解しないで見てたらもったいないかなぁと思う気持ちもあるジレンマなのですが、一応映画の中のほとんどのシーンは「あの時実はこうなっていた」というのが後になってから判明するのでとりあえず圧倒されてもそのまま流して見続けて欲しいと思います。特に「逆行」関連の演出は主人公自身も戸惑いながら目の前のことを対処してるって印象ですので脳みそがこんがらがりそうになるのは普通です。

面白いのが完全に「逆再生」になってるので、こっちは普通の動き「準行」なのに敵は「逆行」と、すごくチグハグな戦闘シーンになったり、車全体がその法則にしたがっていて、事故ってたはずが普通に走し出したりとかほんと唯一無二の映像になっててすごいです。そのカーチェイスシーンは準行と逆行が同時進行するし、初見だと「謎の車」が登場したりカオスな状況。ただヒロインの安全と、敵から奪ったものと、っていう緊迫感とスピード感が凄まじいので身を乗り出して見入っちゃいました。劇中のキャラクターが心拍数をカウントしてるんですけど、見てる時絶対上がってたと思います。実際Apple Watchから(脈がいつもより高いから)「深呼吸しろ」って通知出ちゃいましたもの(笑)

どことなくスパイ映画要素があるというか意図的に007を意識してそうな流れだったのもかなり僕好み。セイターという一番わかりやすい敵の、妻キャットの存在。世界を救うっていう大きな目標がある一方で、息子を理由に別れることすらできないキャットのために奮闘するって意味合いもあるので共感しやすいんですよね。主人公に。ラブロマンスってほどじゃないんですけど、惹かれあってる二人。演じてるエリザベス・デビッキさんのスタイルが良すぎてびっくりしちゃいますが、なんと191センチだそうで。序盤は籠の鳥って印象でしたが、強いところもあってカッコ良かった。あとは途中から現れてよき相棒になるニールと、メインはこの3人はそれぞれ魅力的でした。

そのニールがね。なんか思わせぶりなこと言ってくるし、あやしさ満点だったんですが、最終的にとてもカッコよくて。特に最後の主人公とのやりとりは泣いちゃう。映画の中では明確には語られないのですが、僕はきっとこういうことだったんじゃないかな、っていう一つの予想をしました。検索したらやっぱり一つの「説」としてかなりの支持があるようで。それが本当だったとするとさらにグッとくると思います。

冒頭のオペラハウスのシーンで助けてくれた謎の男のリュックの紐だったり、建物に飛行機をぶつけた際に戦った男のヘルメットの下の顔?カーチェイスシーンに出てくる謎の車など、伏線が結構あるんで色々予想しながら見るのも面白かったです。同時に今何が起こってるかの把握もしてなきゃいけないし、最終盤でこそ一応「準行チーム」「逆行チーム」と、視覚的にわかりやすくなる部分もあるんですけどね、結構疲れます。過去に戻る=逆行する装置が出てくるあたりで敵が二人いた瞬間に一瞬パニックになりかけますけど、そういうものなんだって割り切っちゃえばそこまで複雑なことはしてません。「装置を通るとそこから時間の流れが逆になる」ってだけなんで、あとはいつの誰目線かってのが分かると理解しやすいです。僕はなんとかつっかかることなく最後まで見られました。分かんなかったら2度3度見るつもりだったし。

もちろん映像自体もかなりすごくて。単純に逆行だけでも見応えあるのですが、それが大掛かりになればなるほど摩訶不思議で。前述のカーチェイスもそうですが、終盤の砂漠地帯(?)でのドンパチや、でかい建造物がバーンみたいなのはほんとすごかった。地雷の中を通る車とか(これも伏線でした) 敵から奪うときにトレーラーなどで横付けしてハシゴで、とか、走ってる車からヒロインを救出ってのもハラハラ緊張感ありますし、人間VS人間の格闘シーンも訓練受けたもの同士のバトルって印象で面白かった。あー、あとはムンバイでのビル突入もミッションインポッシブル感あって好き。

これまでにない映像表現で挑戦もしてるし、ストーリーも難解ながら引き込まれるしで、この監督だし話題だったから個人的にもかなり期待のハードルあげて視聴したんですが、それを超えてくるクオリティで本当に良かった。ここ最近で見た中だとぶっちぎりでお気にいりの映画です(元来優劣つけるの好きじゃないですけどね)

とりあえず動画レンタルで見ましたが、のちほどソフト購入したいと考えています。
Amazonプライムビデオで、HD画質吹き替え版レンタル。





この記事へのコメント

  • 映画マン

    初めまして。映画ブログを運営しているものです。
    とても評判の高い映画なので見てみたいなと思っていました。
    インセプションのような衝撃を味わえる映画何ですね!
    インセプションは結構ストーリーが難しかったですけど、とても面白い世界観だったのを覚えてます。
    テネットもとても面白そうですし、何よりアクション大好きなので早く観たいです!
    2021年01月16日 20:46