スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム / トム・ホランド主演、MCUスパイダーマン第二弾。せっかく夏の研修旅行を満喫してたのに、ニックフューリーは休ませてくれない!? 単独映画としてもアイアンマンの系譜としても楽しめるアクション大作。

quadcopter_drone.png

トムホランドがスパイダーマン=ピーターパーカーを演じる「ホームカミング」に続き単独映画としては2作目。アベンジャーズが活躍する一連の映画シリーズ「MCU」としては「エンドゲーム」を終えて最初の作品であり、あのキャラたちが不在の中ピーターはさらにヒーローとして成長していく姿を描く。
夏の研修旅行としてヨーロッパにやってきたピーターとその同級生たち。しかしシールドの長官ニックフューリーが姿を表し、現地で発生した問題解決に当たることに。そこではミステリオと呼ばれ人気のヒーローがおり、彼と共闘して超自然的な力を使う敵に挑むのだが……。
サミュエルLジャクソン、コビー・スマルダース、そしてジョンファバローといったアベンジャーズ関連のキャスト、ジェイコブ・バタロン、ゼンデイヤら1作目の面々ももちろん登場。さらにはミステリオ役でジェイクギレンホールが参加。
あらすじ
高校生のピーター・パーカー(トム・ホランド)は夏休みを迎え、親友のネッド(ジェイコブ・バタロン)やMJ(ゼンデイヤ)たちとヨーロッパへ旅行に行く。ところが、ピーターの前にS.H.I.E.L.D.の長官ニック・フューリー(サミュエル・L・ジャクソン)が現れ、彼にある任務を与える。(シネマ・トゥデイより)


予告動画が出回った時から注意喚起されてましたけどこれ思いっきりエンドゲームの続きなので、ここでも一応そのネタバレに触れてしまいますのでご注意を。
具体的にいうと、アイアンマンがその命をとして世界を救ってくれたわけですが、トムホランドが演じ、アベンジャーズの映画シリーズに参加してる今回のスパイダーマンはアイアンマンととても密接に繋がっていて、実際初登場の「シビルウォー」でもトニー(アイアンマン)が『新人くん!』という声でお披露目されてますし、単独1作目「ファーフロムホーム」でもガッツリ登場しましたよね。成人してるメンバーの中で最年少メンバーということもあって他からも大事にされてましたけど、このトニー社長とは特に親子みたいな関係性が感じられて、エンドゲームの結末のシーンとかも涙なしには見ることができませんでした。その直後って設定なので、どうしたって避けては通れないですよ。
ヒーローの追悼みたいなものが本編の中でも出てきますしね。

そのトニーの代わりに、今回はハッピーが彼を助けてくれます。それこそトニーの娘との「チーズバーガー」でも涙腺がやばかったですが、アイアンマン1作目からのキャラクターであり、演じてるジョンファバローは監督なのでそういうの含めてトニー夫婦に次いでアイアンマンを象徴するキャラ。あまりいうとネタバレになっちゃうんですけど今回の敵もアイアンマンとかなり関係の深い要素がありまして、スパイダーマンの映画でもありアイアンマンの映画でもあるっていう。劇中では「あなたが継ぐんですか」みたいなセリフがあったり、鉄の意思を継ぐなんてストレートなキャッチコピーつけられてましたけど、継ぐってのは少しちがいますよね。でもヒーローとしてトニーの背中を追いかけ続けるんだろうなって思いました。"Even Dead, I'm The Hero "だし。

その絆を一番感じさせるのが、新しいスーツを作ってる時のピーターの姿。超ハイテクマシンで、設計したらあとは出来上がるのを待つだけっていうロマンあふれるシステムなんですけどそれがほんとトニースタークそっくり。しかもそれをハッピーが優しく見てて、絶対重ねてるよなーってこっちまでジーンときちゃいました。アイアンマンでよくかかるAC/DCを再生するんですが、「ツェッペリンいいよね」ってピーターが勘違いするところが面白かった。英語音声英語字幕で視聴したので、「AC/DC[♪♪♪]」って笑いどころをちゃんと教えて貰っちゃいました。

今回もアクション映画であるものの、笑えるシーンも全体的にあって和ませつつ閉めるときは閉めるっていういつもの面白さがちゃんとありました、例えば軽い気持ちで同級生に仕返ししようとしたらとんでもないことになってしまうだとか、親友が突然彼女ができて置いてきぼりになってしまうピーターとか、等身大の高校生ぽさを感じさせるエピソードも含んでますし、未だ正体さえ知らない、ヒロインであるMJとの恋仲がどう発展するのかしないのかっていう青春ムービーとしても楽しかった。国をまたいで旅行とか羨ましい。

だからと言ってメインであるバトルだってものすごいクオリティで、前半の水だったり炎だったりで構成されている巨大なモンスターとの戦闘も大迫力ですし、ミステリオの能力も魔法っぽくてすごく見応えありました。スパイダーマンが弱いってことでもないんですけど、結局は軽快に飛び回って糸を出すってだけですからね(今回のスーツは)派手さで言えば向こうの方が派手は派手。
でも後半あたりの敵の恐るべき能力が判明してからの、大量のアレを前にした戦いはもう瞬き禁止ってくらいのスピード感、アトラクション感があって、しかもすごい機転の利かせ方してるから最高。アクションゲームの無双シリーズみたいに、どんどん数が減っていくのは爽快でしたし、ボロボロになりながらも生身一つで頑張る姿にとても胸が熱くなりました。ピーターティングルという新要素も良かったな。スパイダーセンス。なんか調べたら「ピータームズムズ」という訳し方されてるようで……笑

無事に驚異を解決してハッピーエンドに向かうのかと思いきや、最後の最後ですごい大事件勃発して終わったのでびっくりでしたが、一時MCUとして出るの出ないのとか揉めてたことを考えるともしかしたらここで打ち切りで続きは別の俳優さんで再び仕切り直しなんていう可能性もあったのかとヒヤヒヤ。無事に見れそうで良かったですけどね。2021年夏公開だそうなので、信じて待ちたいと思います。
さらにアベンジャーズ恒例、二つの目のおまけ映像。これ全く気がつかなった要素なので思わず声出ちゃいました。マジかよ!って。

エンドゲームがあまりにも衝撃的だったので今後どうなるかという不安もあったのですが、アイアンマンやキャップが去った後も安心してこれからのMCUも期待できるなぁと実感できる面白さでした。そうそう、ハッピーのお笑いシーンとしてキャプテンアメリカを意識したシーンもあるのでご注目。

北米版4k Blu-rayを購入。英語音声、英語字幕で視聴。
残念ながら日本語は未収録です。

スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム ブルーレイ&DVDセット(初回生産限定) [Blu-ray]
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント (2019-12-04)
売り上げランキング: 24



この記事へのコメント