空の青さを知る人よ / ミュージシャン志望の女子高生、親代わりの姉、理想とは違う形で故郷に戻ってきたギタリスト。そして、13年の時を超えてあらわれた男。夢と現実とは。「あの花」「ここさけ」のスタッフが再集結した劇場アニメ。

「あの日みた花の名前をまだ知らない」「こころが叫びたがってるんだ」で知られる超平和バスターズ(アニメ監督の長井龍雪、脚本家の岡田麿里、キャラクターデザイナーの田中将賀)によるオリジナル劇場アニメ作品。
ミュージシャン志望の高校2年生あおい。事故で両親を失って以来、姉のあかねとくらしてきた。13年前の事故当時あかねは同級生の慎之介と付き合っており、彼がギタリストという夢のために東京に行くのに誘われるも家のことを考えて断り就職していた。そんな慎之助が演歌歌手のバックバンドとして久しぶりに故郷に帰ってきたのだが、かつてバンド仲間が練習していた山のお堂になぜか高校生当時の慎之助が現れる。年齢の違う二人のシンノが存在し、さらにあおいにとっての憧れの相手だったことからそれぞれの想いは複雑で……。
吉沢亮、吉岡里帆、若山詩音が声優をつとめた他、松平健も。
あらすじ
ミュージシャン志望で17歳の高校生・相生あおいは、両親を亡くして以来、恋人との上京を断念し親代わりに自分を育ててきた姉のあかねに負い目を感じていた。あるとき、あかねの元恋人で上京してから音信不通になっていた金室慎之介が、音楽祭のために町へ戻ってくる。同じころ、13年前の過去から時間を超えてきた18歳の慎之介・しんのがあおいの前に現れる。(シネマ・トゥデイより)


この映画の評価は、誰に感情移入するかでだいぶ変わってくると思います。基本的には高校生のあおい目線で描かれてますし、一番スポットが当たってるので主人公としては彼女が該当するのでしょうが、やはり劇中で二つの年代として登場するシンノが主役なのではないでしょうか。

特に中年になって、戻ってきた方の慎之介。誰しもが夢を持ち、こういう風になりたいという理想像があるなかで全員がそれが実現できるとは限らない。いやむしろその方が少ないですよね、きっと。音楽で成功するという目標を持って東京に行ったはずが、故郷に凱旋といっても演歌歌手のバックバンド。もちろん演奏することで給料をもらってるし、プロだしで決して恥じることもないしすごい仕事なんですけど、当人としたら「理想との差」を嫌でも痛感してしまう。
ましてや好きな女性を待たせて(劇中で語られますが成功して迎えにくるつもりだった)というのはね、どうしたって乗り気にはなれないし、露悪的な態度になってしまうのもとても理解できます。

しかもこの映画のファンタジー要素として、高校生の時の自分が登場する。終盤に向かうまで当人同士(?)が出会わないので直接的に認識はしませんが、あおいや我々視聴者としてはその違いを実感してしまいます。13年という月日によっってどう変わったか、成長したのか、あるいは退化したのか。僕個人に置き換えてみても、かつての自分に胸を張って会えるだろうか、正直難しいよなぁってしみじみ思います。それが大人になるってことだなんてはぐらかせない(笑)

過去に囚われているのはシンノだけではなく、あおいの姉あかねも同じ。ずーっとあの恋をひきずってるし、今アプローチしてくれる相手がいても真正面から向き合えていない。最後の方になってようやくあおいが「私のために一生懸命やってくれた」と気がついて、それはそれで「子供すぎでは?」と思わなくもないわけですが、そういうの全部ひっくるめてあかねもかなり不器用なんですよね。東京に行けないってこと自体はやはり妹あおいのことが大きいだろうけど、伝え方だとか何か違う形もあったんじゃないのかなって。みちんこがちょっと可愛そう。まあ彼がずっと片想いしてたとかじゃなくバツイチってのが妙なリアル感ありましたけど。

みちんこの子供ツグがあおいのことを好き(あこがれ)てるのを抜きにしても、シンノが好きなあおいと、両思いなのにすれ違ってるあかね&慎之助という風に恋愛の矢印が若干こんがらがってますが、あおい自身が「両思いの二人が素直になることが一番の幸せ」って考えて行動できるようになることがなかなか良かったなぁと。シンノが13年後の自分に喝をいれるシーンとか、それもそれで熱いんだけど(特にあの場所から出れなかったはずの……) 姉たちが13年もかかってしまった「恋に決着をつける」ことを、あおいはちゃんとできたからこその行動だったよな、って。負い目があるからとか、自分が妹だからとかじゃなくて、シンノ自身の気持ちをちゃんと考えられた。それは間違いなく成長だから。

最後の方はファンタジー要素も出てきますが(それを言ったら高校生のシンノの時点で不思議現象だけど)、ずっと閉じ込めてた思いを解放するっていうキャラクターたちの心情を表してたり、重要なキーワードである「空の青さ」をリンクさせる上でそこまで違和感なく受け入れられました。正直どういう意味か説明せよって言われたら自信はないのですが、単純に「都会へ行って現実を知る」ということだけじゃなくて、「恋人という意味の好きと」「家族へ対する想い」の対比とかそういうことかなぁって。

ちなみに今回も秩父が舞台なので、埼玉県民としては身近に感じる映像がちらほら。秩父は1回しか行ったことないんですけどね。名所とかご当地ものがさりげなく宣伝(?)されてますのでご注目を。劇中で何度もかかるガンダーラを歌ってたゴダイゴのタケカワユキヒデさんは埼玉出身なのでそこもちょっと嬉しかったり。

吉沢亮さんは長編アニメデビューながら一人二役という難しい役所でしかも歌唱シーンまでありますが、大人の方の少しやさぐれた感じとかかなり意識して演じ分けていてくれて、すんなり入り込めました。そもそも同一人物だから声が一緒でも全然問題ないわけですしね。全編にわたってあいみょんさんが作詞作曲してますが、個人的にお気に入りなのは主題歌よりもエンディングの「葵」主人公の名前がついてるくらいですから彼女をイメージされてるんですが、歌詞がとてもいい。


その葵と同年代とか、若い世代としても十分感情移入できるし基本的に万人受けしやすい作品だと思いますが、どちらかというとアラサー以降、13年後のシンノとか世代の方がより心に刺さる映画だろうな、と思います。33の僕としてはすごいアレだったので(笑)
とりあえず過去の自分にがっかりされないように、できる範囲で頑張っていこう。そういう勇気をもらえる作品でした。

Amazonプライムビデオで視聴。BSでも録画済

21年5月現在、プライム会員見放題対象です。



この記事へのコメント