ハドソン川の奇跡 / 旅客機の全エンジン停止。その時機長がとった判断は、本当に正しかったのか。イーストウッド監督とトムハンクスがタッグを組んだ、実話を元にしたヒューマンドラマ。

ハドソン川の奇跡 [Blu-ray]

2009年の1月15日に起きた、「USエアウェイズ1549便不時着水事故」。ニューヨークを飛び立った一機の旅客機が、突如全エンジンが停止。乗客を救うために機長サリーが下した判断は、マンハッタン地区のハドソン川に不時着水すること。結果的に誰一人として犠牲者を出さずにすみ英雄として讃えられるが、「他に選択肢はなかったのか」という問いが生まれ、調査されることに。
クリントイーストウッド監督とトムハンクス。豪華スタッフキャストで送る、真実の物語。
あらすじ
2009年1月15日、真冬のニューヨークで、安全第一がモットーのベテラン操縦士サレンバーガー機長(トム・ハンクス)は、いつものように操縦席へ向かう。飛行機は無事に離陸したものの、マンハッタンの上空わずか850メートルという低空地点で急にエンジンが停止してしまう。このまま墜落すれば、乗客はおろか、ニューヨーク市民にも甚大な被害が及ぶ状況で彼が下した決断は、ハドソン川への着水だった。(シネマトゥデイ)


視聴しはじめて結構早い段階で「その瞬間」のことが描写されるので驚いたのですが、この映画は「その後」に
スポットを当てている作品なんだということが少しずつわかって、ヒーローと呼ばれながら一方で犯罪者的な扱いを受ける機長サリー(サレンバーガー)の苦悩を知ることができて、とても見応えがありました。実話を映像にしてるので、最終的にこの事故がどのように評価され、彼の判断がどう扱われたか知っていてもなお。

着水に失敗して期待が損傷する夢を見たり、敵意むき出しの調査委員会だったり、世間の英雄扱いの裏で彼が一人戦っていたということはこの映画を見るまで想像もできなくて。乗客の命を預かる機長という仕事が普段からどれだけ精神をすり減らし大変な仕事なのか、またサリーがそれだけ真面目にやって来ていたということがわかって本当に胸が痛みました。口で言うなら簡単だけど、あんたらだったら本当に滑走路に着陸できたのかよと。

一つ一つの演出も派手さのないわりに心にくるものばかりで、サリーが財布の中に入れているメモとか、日課にしてるであろうランニングのシーンとか。奥さんの「あなただってあの飛行機に乗っていた一人」と言う言葉がすごく重く感じました。自分だって死の危険があるのに、その中で乗客を救うことまで考えないといけない。

邦題に奇跡とついていますし、サリー本人も言ってますが、周りの状況もかなり重要でした。フェリーの人とか、警察とか。全員の協力、連携があったからこそ、死傷者ゼロと言うとんでもないことが可能になった。「事故の調査会なのに機長と副機長に話を聞けるのははじめて」とか言ってますが、それだけすごいと思うならなんで素直によかったねで終わらせないのかと。

映画の終盤にその調査会のシーンがあるんですが、その全てがまさしく「固唾を飲む」って感じで、見てる僕も一緒になってそこで見守ってる感じでした。決して声を荒げたりヒートアップはしないんだけど、きちんと自分の主張をするサリーがカッコよかった。それに「何回練習したんですか」の質問に対する答えの際の悔しそうな顔と言ったら、正直とてもスカッとしました。前述の通り「サリーの判断は間違い」と決めつけてかかりすぎなんですよ。ムカつく笑

感動的なラストで満足してたら、さらにグッとくる演出が。写真や映像で当時の、本物が映されるとは予想してたんですけど、かなりがっつりと登場します。そこでの乗客やサリーたちのコメントがまた涙を誘いましてね。ほんと、奇跡が起きてよかった。改めて涙が出ました。

96分と言う時間ですがドキュメンタリーとしてもサスペンスとしてもヒューマンドラマとしても魅力がグッと詰まってて、とても素晴らしい映画でした。これもどんな人にもおすすすめできる作品。

スターチャンネルにて吹き替え版を録画、視聴。

ハドソン川の奇跡 [Blu-ray]
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント (2017-07-26)
売り上げランキング: 253

ハドソン川の奇跡 [DVD]
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント (2017-07-26)
売り上げランキング: 188


この記事へのコメント