セルフレス/覚醒した記憶 / 余命わずかな億万長者が提案された「脱皮」。それは記憶などを引き継ぎ、別の肉体に乗り移ることだった。若い体を満喫する主人公だが、幻覚に悩まされ・・・。

セルフレス/覚醒した記憶 [Blu-ray]


インモータルズ神々の戦いなどのターセムシン監督がメガホンをとった、SFサスペンスアクション。余命半年の宣告を受けた建築家で大金持ちの老人ダミアン。彼の元に現れた天才科学者により「意識を別の肉体に転送する」という提案を受け、見事若返りに成功する。しかし日課の薬を飲み忘れたところ、あまりにもリアルな幻覚を見て・・。
新しいダミアンとしてライアンレイノルズが主演するほか、元々のダミアンをベン・キングスレー。怪しげな科学者にマシュー・グート。ダミアンの親友役にヴィクター・バーガーほか共演。
あらすじ
ニューヨークの超セレブの建築家ダミアン(ベン・キングズレー)は、ある日余命半年を言い渡される。一人娘との関係もぎくしゃくしたままの彼は自らの運命を呪うが、天才科学者オルブライト(マシュー・グード)がダミアンにある提案をする。それは遺伝子操作で新たに創造した肉体に、68歳のダミアンの頭脳を転送するというものだったが……。(シネマトゥデイより)


ザ・フラッシュやレジェンドオブトゥモローでファイヤーストーム(マーティンシュタイン博士)を演じるヴィクター・バーガーさんがこの作品でもマーティンという役柄でちょっと面白かったです。ダミアンの親友役なので序盤だけかと思いきや、中盤にも再登場します。

さて、設定を聞いただけでワクワクするお話なんですが、残念というかなんというか副題で「覚醒する記憶」なんて書かれてしまったら『元々の肉体の記憶なのか』って予想できちゃう上に、予告動画で奥さんと子供らしき人も映ってるというね。まあその部分はそこまで重要な伏線とかではないので、バレてもいいという判断なのでしょうか。

そのほか、割とストーリーの展開は王道のそれを行くんですが、SF要素だったり、ライアンレイノルズが魅せる数々のアクションとは別に、「父と娘」の物語が個人的にグッときました。ダミアンと長女の関係はあまり良好とは言えず、余命が判明し、わだかまりを無くそうとするも虚しく、という序盤のシーンも切なくて。劇中で新しい肉体のダミアンが守ることになる母娘と過ごす中で、「娘ともこういう時間を持つべきだった」と感じてるんだろうなと思うとジーンきました。そして一番最後のシーン。これもまあベタなんですけど、そこに泣けました。

お話が予測しやすい分全力でハラハラを楽しめるというか、新・ダミアンの無双っぷりだったり、秘密を知ったことで襲ってくる刺客たちから逃げられるかどうかなどの手に汗握るやりとりに集中できるのもよかった。覚醒するのは記憶だけじゃなくて・・・という設定をうまく活かしていた印象。スーツ来てるんであんまり意味ないけどデッドプールの中身だもんな、ライアンレイノルズ、なんて思いながら見ていました。

ハリウッドの有名な俳優が出ているものの、どちらかというと深夜や午後のロードショーなどで放送されるタイプの作品だと思います。個人的にはとても楽しめました。

スターチャンネルにて字幕版を録画&視聴。

セルフレス/覚醒した記憶 [Blu-ray]
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント (2017-09-13)
売り上げランキング: 10,979

セルフレス/覚醒した記憶 [DVD]
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント (2017-09-13)
売り上げランキング: 9,284


動画はこちら
セルフレス/覚醒した記憶(字幕版)
(2017-02-16)
売り上げランキング: 123,234

この記事へのコメント