ルームロンダリング / 曰く付きの物件に対し短期間住み、浄化するアルバイトをしている根暗系女子。彼女は幽霊を見える能力を持っていて……。池田エライザ主演のコミカルでほっこりする作品。

animal_duck.png
犯罪映画などではよくマネーロンダリングという言葉は耳にしますが、こちらはその物件Ver。曰く付きの部屋に住むことで「直近の入居者は何の問題もなく過ごした」という風にいわゆる事故物件を浄化するお仕事をしているミコ。彼女はよりによって幽霊を見ることができる体質を持っており、滞在する数日間、幽霊との共同生活を繰り広げることになるのだが……。
池田エライザが人と距離を置く根暗系女子を演じ、彼女の親戚で仕事上のボスをオダギリジョー。幽霊役に渋川清彦、光宗薫ほか。伊藤健太郎、田口トモロヲも出演。
あらすじ
幼いころに父が亡くなり母は行方をくらまし、さらに祖母がこの世を去ってふさぎ込んでいた八雲御子(池田エライザ)。そんな御子に叔父の雷土悟郎(オダギリジョー)は、住むところとアルバイトを紹介してくれた。アルバイトは、いわく付き物件に入居する“ルームロンダリング”の仕事だった。自殺して幽霊になった春日公比古(渋川清彦)と生活するようになった御子は、彼のデモテープをレコード会社へ送るよう頼まれ……。(シネマ・トゥデイより)


映画の続編としてTVドラマも4話製作されていて、最初僕そちらが先(ドラマ→映画)と思って1話だけ見てしまったんですが、一応大きなネタバレは知らずに見れました。もし同じように、深夜ドラマを視聴されてて映画は見てないよって方でもご安心して見てください。(伊藤)健太郎くんが演じる、ミコといい感じになる相手との出会いも描かれておりますし、「こういう事があったよ」という前日譚として楽しめると思います。

そもそもこれ幽霊とか出ますけど基本的にゆるーい感じの、どこかコミカルな作品なのでものすごくリラックスして視聴できますし、109分と一般的な映画の長さにも関わらずメインとなる物件2つ=その持ち主2人と、そのほか数名の幽霊、あとはミコの過去絡みの話で構成されてるので、変に情報過多になってなくていいんですよね。上記あらすじにも出てるキミヒコもいい奴ですし、光宗薫演じる何者かに殺害されたOLさんのキャラもめちゃくちゃ立っててよかった。時間をかけてきっちり描いてくれるおかげでその人の人生を想像できますし、より感情移入しやすいんですよね。

途中、ミコがいつも描いてるスケッチブックの中身を見せるシーンがあるのですが、過去に浄化を担当した物件の中にはかなり悲しいものもあり、もちろん全ての幽霊が映画でフューチャーされれるようなタイプじゃないって事も同時に描写してくれるのも良かった。そっち方面をより詳しく描けばよりホラーになってしまうでしょうし、あの二人のバランスがちょうどいいんですよね。2人目のOL、ユウキには背中に刃物が刺さっているのですが、最初その刃物だけが床から飛び出し、まるでサメのように鮮やかに移動してくるシーンは爆笑しちゃいましたよ。キミヒコも手が取れたことをバンバンネタにしますしね。扱ってるのは死んだ人間なのだけど、どこかほっこりする。

ミコ自身が暗くて、昔から「オバケ」って言われてるくらいな部分も面白かったですね。人間どころか、幽霊とも積極的には関わろうとはしない。それがだんだん変わっていって、自分にできる事があるはずだと奮起していく。元同級生の子ども幽霊くんとのやりとりも良かったなぁ。片方はずっと同じ姿のままなのに、一緒になって成長してきた距離感。きっと事あるごとに会いにいってたんだなぁと思わせますし、能力とか全部わかった上で喋れる相手って貴重だったと思います。祖母が死んじゃったあとはそういう存在少なかったでしょうしね。叔父は家族としての長さだったり、仕事上の関係もあってそこまでガッツリ甘えたりできないし。

だからこそ母親とのエピソードもかなり活きてきて、まあ何となく予想はできてた流れではあるんですが、きちんと区切りをつけられたのはこっちまで泣きそうになりました。大事な子どもだからこそ、ああいう選択をした母の思いも分かるし、いつ話すべきか悩んでた叔父の優しさも感じられてグッときた。あれ一応「実は……」ってやりたかったんだと思うんですけど、普通に気がついてました。とある秘密があるのでお楽しみに。しかもルームロンダリング意外にも悪人ぽい事やってる風に見せて、というのもありますし、基本的にOL殺害事件の犯人以外は嫌なキャラ出てこないのも好きなポイントです。

ホラーでもないし、某海外ドラマのような「悩みを解決して成仏させてあげよう」的なわかりやすい感動モノに振り切ってるわけでもないんですが、霊感体質の一人の女の子が、今できることを考えながら一生懸命活きてる。そういう姿を応援したくなるような、爽やかに見られる作品でした。これから録画してあるドラマ版の残り2~4話を視聴するつもりですが、今から楽しみです。

※TSUTAYAの動画サービスで未放送の5.6話が配信され、DVDには収録されている模様。

WOWOWにて録画、視聴。

ルームロンダリング [DVD]
Happinet (2018-11-21)
売り上げランキング: 32,488


ドラマ ルームロンダリング ディレクターズカット版 DVD-BOX
Happinet (2019-05-21)
売り上げランキング: 50,737



この記事へのコメント