殿、利息でござる! / 阿部サダヲ主演。資金不足に悩む宿場町。その解決策として考えたのはなんとお上に金を貸し付け、その利息でやりくりすると言うものだった。ラストに登場の殿様役に羽生結弦選手。

殿、利息でござる!

『武士の家計簿』の原作者である磯田道史の作品を元に、中村義洋監督が映画化。江戸時代、自分たちの住む宿場町を救うために「殿様に金を貸す」と言う方法を思いついて実行した実際の話を時にコミカルに最後は感動的に描いたヒューマンドラマ。
出演は阿部サダヲ、妻夫木聡、瑛太、寺脇康文ほか。最後の最後に登場する殿様役として羽生結弦選手が登場。
あらすじ
江戸中期、財政の逼迫(ひっぱく)した仙台藩が領民へ重税を課したことで破産や夜逃げが続出し、小さな宿場町・吉岡宿は困窮し切っていた。このままではダメだと考える商人・穀田屋十三郎(阿部サダヲ)と同志たちは、藩に金を貸し付け毎年の利息を住民に配る「宿場救済計画」を考えつく。町の存続を図るため、前代未聞の金貸し事業を成功させるべく、彼らは私財を投げ打ち……。(シネマ・トゥデイより)


最後まで「殿様が羽生結弦」ってここでネタバレするべきか悩んだんですが、検索したら撮影風景とか報道されたりしてて知ってる人も多そうなので書いてしますね。というか今見たら上の予告動画で普通に登場してますね。
僕個人は全然知らなかったので割と驚きました。とはいえ登場するのは映画の本当の終盤の数分で、そこに到るまでの「貸しつけ利息を取ることに同意するか」どうか、藩の人間をなんとか説得する難しさがメインストーリー。ハッピーエンドに向かう時のちょっとしたサプライズと言う感じでした。

困難は大きく分けて二つあり、まずは藩がよしと言うだけの大量のお金を用意すること。それに加えすぐ上で書いたとおりOKをもらうことの二つ。最初は考え出した数人だったのを、参加者を増やすことで一人当たりの負担を減らしたりと奮闘します。そこでそれぞれの登場人物の普段の行いだとか性格とかが判明して、なかなか面白かったですし、やっぱり仲間と言っても相性悪い人同士っているよなぁってニヤニヤ。
後半戦はお役所を皮肉ったような「たらい回し」も含め困難は極まり、特にこの作品唯一の悪役?憎まれ役である松田龍平さんの半ばイジメとも思われる厳しい条件をクリアするために本当に大変でした。

見る前は阿部サダヲ扮する十三郎が主人公だと思ってたのですが、みんなが協力したりって言う意味でも誰か一人が主役という訳ではないと思います。ただ一番印象的なのは彼の兄の浅野屋(妻夫木聡)。先代(山崎努)と合わせて、一番金に汚いという世間からの評判があっただけに、終盤で語られる真実は本当に泣けました。酒造りの歌?が序盤から流れているのですが、それが伏線になってたのも上手かった。

最初に触れた通りこの作品の原作はる磯田道史さんの本であり、「無私の日本人」というタイトルの一編『穀田屋十三郎』です。ほんと題名通りの"無私"の人々の姿に胸を打たれる素敵な作品でした。

18年2月現在、Amazonプライムにて無料対象ですので、会員の方は是非に。

殿、利息でござる!
殿、利息でござる!
posted with amazlet at 18.02.18
(2016-10-05)
売り上げランキング: 35,461


ソフトはこちら
殿、利息でござる! [Blu-ray]
松竹 (2016-10-05)
売り上げランキング: 39,687

この記事へのコメント