リチャード・ジュエル / アトランタ五輪で起きた爆破テロ。いち早く気づいて被害を最小限にした警備員は英雄となったが、FBIは容疑者として逮捕。報道によって天国から地獄へ変わった実話をクリント・イーストウッド監督が映画化。主演はポール・ウォルター・ハウザー。

job_keibiin.png
1996年に実際に起きた事件と、その際の捜査、報道を扱った実録ドラマ。監督はクリント・イーストウッド、主演はポール・ウォルター・ハウザー。
、アトランタオリンピックの際に起きた爆破テロ事件。不審な荷物にいち早く気づいた警備員のリチャードジュエル は、仲間から大袈裟に思われようともきちんと対応し、結果として多くの人の命が救われた。ニュースを初めテレビでインタビュー出演するなどいちやく英雄としてもてはやされるが、FBIは第一発見者という理由で彼を容疑者として捜査することに。そのことも報道され、一転して犯人扱いされてしまうが、彼は元同僚だった弁護士を便り、無実を晴らそうと奮闘していく。
母親役にキャシー・ベイツ、彼をサポートする弁護士にサム・ロックウェルのほか、オリヴィア・ワイルド、ジョン・ハムら共演。
あらすじ
1996年、アトランタで開催されたオリンピックで爆破テロ事件が発生する。警備員のリチャード・ジュエル(ポール・ウォルター・ハウザー)が爆弾の入ったバッグを発見したことで、多くの人々の命が救われた。だがFBIは、爆弾の第一発見者だということを理由に彼を容疑者として逮捕。リチャードを担当する弁護士のワトソン・ブライアント(サム・ロックウェル)が捜査に異議を唱える中、女性記者のキャシー・スクラッグス(オリヴィア・ワイルド)の記事をきっかけに容疑の報道は熱を帯びていく。(シネマ・トゥデイより)


イーストウッド監督最新作は実在の人物にスポットを当てた作品。というよりも被害を抑えた英雄として時の人になったものの、容疑者として操作されてることがわかって一気に犯罪者扱いになってしまったという悲劇。捜査や報道のあり方を問うた映画、という表現が適切かもしれません。24年前の事件ですが当時のことが記憶に残っている方も多いのではないでしょうか。

最序盤はリチャードとワトソンとの出会いが描かれるとともに、「警官など人々を守る仕事につきたい」と夢に向かって精一杯頑張ってきた姿が描かれていきます。ものが足りなくなる前に補充したり、ゴミから好みのお菓子を知ってそれまで用意するというただの備品係としては若干いきすぎてる彼ですが、それを気持ち悪がらず逆に褒めて仲良くしたワトソンの人の良さが出ていて。リチャードが転職する際のやりとりもそうですがその辺りからジーンときちゃってましたね。このワトソンが後に独立してリチャードの専属弁護士になるなんて、判明したときはさらに嬉しかったです。
転職してからも「ルールを厳格に守りすぎる」という部分は見えるものの、法の執行官として人々の安全のために奮闘する姿はずっと変わらず。その良さを理解してくれる職場になかなか巡り合えないのが残念です。事件が起きる日の警官と会話ひとつとっても、彼なりにできることをやりつつ、憧れの人たちのやくに立ちたいって頑張ってるのがよく分かります。だからこそ不審物発見した際も警備員の彼の言葉をちゃんと信じてくれて、大袈裟だと思いつつもちゃんんとした調査チームを手配できた。あの時の「あとで笑われてもいいから頼む」というようなセリフは普段のrリチャードの行いあってこそ通じたんだと思います。それによって被害が抑えられた。

結果的にはほんの数分で終わってしまうんですが、そこからはリチャードジュエル・フィーバー。テレビに出演したり、本の執筆の依頼がきたりとまさに時の人です。その代理人としてワトソンに連絡をとるんですね。秘書と二人の小さい事務所なのに、これによってものすごい金額が入ってくるんじゃ……?っていう喜びが隠しきれない反応が人間らしくて良かったです。同僚だった時、別に何か損得勘定で接してたわけじゃないのに、ただ誠実に友として付き合っただけなのに。それが思っても見ない影響を与えた。実話を元にしてるから余計に泣けますけど、「人の縁」を感じさせられて感動します。

実話というとこの映画ではちょいちょい実際の映像が使われ、それはオリンピックの映像もそうですが、リチャードが出たテレビ番組なんかもです。当然本人が映ってるわけですが、ぱっと見じゃわからないくらい、主演にそっくり。皆さんも「リチャードジュエル 本人」で検索するとよくわかると思いますが、かなりの再現率。ポール・ウォルター・ハウザーは「アイ、トーニャ」の時も胡散臭いボディーガードがものすごい完成度だったのですが、今回もすごいです。僕は吹き替え版で視聴したのですが、そういったテレビ番組のシーンはオリジナル音声(英語)のままなので、「本物そのまま使ってるんだな」って気づけたくらい。そのくらい自然です。

ただその天国もすぐ終わり、容疑者として捜査されるリチャード。先に言ってしまうと実際にやってないので最終的に疑いは晴れるのですが、映画終盤のそこに至るまで、ずっと辛いシーンが続きます。
リチャードがいい人すぎるから、知人にスパイみたいなことされて盗聴されたり、馬鹿丁寧に協力したり正直に話したことでどんどん容疑が深まっていくのがきつかったですね。もう犯人だと決めつけてかかってるFBIにもむかつくし、だから必死に守ろうとしてるワトソンが余計にカッコ良く見えてきて。口は悪いけどリチャードの母に心配させまいとしたり、適度なユーモアもあってほんと好きでしたね。後日談で妻になったことがわかる秘書の人もナイスな働きだった。そんな彼のリチャードにかつをいれるやりとりや、警察に噛みつくセリフもいいんですが、最も心にくるのは、やはり本当の当事者の言葉。

母親の涙ながらの訴えの時点でやばかったのに、最終的にリチャードが喋った内容がすごくてそこで一気に泣いてしまった。「リチャードのように容疑者扱いされたら嫌だから不審物あっても通報しない。そうなってもいいのか」っていう、彼が一番こだわり、憧れていた『人々を守べき存在としての、あるべき姿勢』という軸がここに一気に繋がっていて、めっちゃ響きました。もう犯人じゃないのはある意味分かってて、でも威信があるから否定できなかっただけなんじゃないかと。あれで一気に目が覚めて、自分たちがいかに馬鹿なことをやってるか認識できたんだと、そう思います。捜査対象から外されるところも泣けます。

そしてこの映画は終わり方もすごくて。真犯人逮捕の知らせをワトソンが持ってくるんですが、あまり大きな反応はしないんですよね。ただただ「終わったんだ」っていう静かな実感がある。濡れ衣が晴れた時点で彼はもう自由になってた。そこで一言「その服似合ってるぞ」って立ち去るんですよ。その時リチャードが何をきていたか。そして二人はどう戦って、どう勝ったか。全てがフラッシュバックして、ここも号泣ですよ(笑)

この手の作品だと実際の写真とかが出て「うわーすごい再現率だなぁ」とか比較しちゃうんですが、前述の通り劇中で本物の映像使ってるためかなかったです。ただただ音楽とクレジットが流れるので、余韻にひたれたのも良かった。

あの時どんなことが起きたか、そしてまたこの悲劇を繰り返さないためにどうすればいいのか。そういう意味でも多くの人が見るべき映画だなと思いました。
Netflixにて吹き替え版で視聴。





この記事へのコメント