タイピスト! / 50年代のフランス。何をやっても不器用、だけどタイピングの腕はあるキュートな主人公が、上司に言われて大会に出ることになるスポ根&ラブコメディ。

タイピスト! [Blu-ray]

「アーティスト」や「オーケストラ」の制作陣によるラブコメディ。ドジっ子な新米秘書が上司にそのタイピングスキルをみいだされ、大会の優勝目指して特訓の日々に。「君の才能を伸ばしてやりたいだけ」という彼だが、ふたりはいつしか惹かれあい・・・。
キュートな主人公をデボラ・フランソワが好演し、スポーツ根性ものに通じる"手に汗握る戦い"を描きつつも、フランス映画らしさを感じるラブコメディに仕上げた傑作。
あらすじ
1950年代のフランス。社会進出を目指す女性たちにとって一番の花形職業は秘書だった。田舎から出てきたローズは、保険会社を経営するルイの秘書となったものの、ドジで不器用すぎるため1週間でクビ宣告。だが、ローズにタイピングの才能を見出したルイは、彼女にある提案をする。それは当時、秘書の間でステイタスとなっていたタイプライター早打ち大会での優勝。鬼コーチと化したルイとともに、ローズは大会に挑むのだが…。(スター・チャンネルより)

一番不器用だったのが素直になれない相手役のルイだったというオチ。王道ラブコメ。

あらすじや予告動画にある通り、基本的には訓練に次ぐ訓練でどんどんとその才能を開花させ、大会を勝ち進んでいくローズの活躍を描くスポ根的な展開ですが、鬼コーチ+上司という存在だったルイへの恋心が芽生えていって、というラブコメディになってます。序盤こそ彼女のドジっぷりでかなり笑わせてもらえますが、だんだんと二人の距離が近づき、お互いを意識してしまうようになってからはもう早く素直になれよ、ってツッコミ入れたくなっちゃいましたし、「あくまで心配するのは大会で勝てるかどうかであって、そのためにはマッサージだってしちゃうし、なんとも思ってないいよ」って感じで素知らぬ顔しつつ好きなのがバレバレなルイにもニヤニヤ。

以外にも終盤になるまで彼は素直になれないんですが、そこまで溜めた甲斐あって告白のシーンは非常にロマンチック。世界大会の決勝戦、というこの上ない大舞台で、動揺させるようなこと言うなよって感じもしますが、各国からやってきた大会参加者に対し通訳さんがルイの言葉を訳してみんなで「素敵!」ってなると言うくだりはとても好きです。

彼に決心をさせる、元恋人で今は親友の妻となっている女性の存在も大きく、ローズにピアノを教えたり、煮え切らない二人をけしかけようとルイの両親に「ローズ=婚約者よ」と紹介してしまう大胆さもカッコよかった。今は幸せな結婚生活をしている彼女ですが、ルイが夫になった可能性もあったはず。いい加減にしろよ、って送り出す姿は本当いい人だなぁって。

最初は快く思ってなかったローズの父親さえも彼女の努力は認めざるを得ず、世界大会参加の頃にはフランス代表だと言う事実以上に、国民みんなが応援してると言う感じで見ていて気持ちよかったですし、有名人になった彼女の生活のいっぺんぶりを表すきらびやかなシーンも華やかで良かったです。

前述の通りラブコメとしては王道中の王道、非常にベタな予想しやすいストーリー展開ではありますが、早くくっつけよって言うハラハラドキドキさを含め、このジャンルとしては間違いなく傑作。みんなが願ったハッピーエンドへ一気に駆け抜ける気持ち良さはたまりませんでした。

高速でタイピングしている姿もカッコよく、スポーツだなってしみじみ思います。

スターチャンネルで字幕版を録画、視聴。

16年11月現在、Amazonプライム会員なら無料対象になってます。

タイピスト! [Blu-ray]
タイピスト! [Blu-ray]
posted with amazlet at 16.11.26
ポニーキャニオン (2016-08-17)
売り上げランキング: 17,462

タイピスト! [DVD]
タイピスト! [DVD]
posted with amazlet at 16.11.26
ポニーキャニオン (2016-08-17)
売り上げランキング: 15,082


動画はこちら
タイピスト!(字幕版)
タイピスト!(字幕版)
posted with amazlet at 16.11.26
(2014-06-19)
売り上げランキング: 14,386


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック