パッセンジャー(2016) / クリス・プラット&ジェニファー・ローレンス主演。新たな居住区となる別の惑星を目指す宇宙船。システムの故障で予定よりも90年早く冬眠から冷めてしまった男女。SFラブストーリー。

パッセンジャー [SPE BEST] [Blu-ray]

マーベル原作のガーディアンズ・オブ・ギャラクシーの主役を演じているクリスプラットがまた宇宙モノに出演。お相手はX-menのミスティークやハンガーゲームシリーズのジェニファーローレンス。
地球からかなりの距離のある惑星に移住を目的とした宇宙船。本来ならば到着数ヶ月前にやっと冬眠から目覚めるはずなのに、トラブルによって主人公ジムたった一人だけが早く目覚めてしまう。到着予定は90年。このままだと新天地を目にすることなくこの世を去ることになってしまう。考えうるあらゆる方法を試すジムだったが・・・。
あらすじ
人類の新天地を求め、銀河の彼方へ旅立った宇宙船アヴァロン号。その船内では、5000人の乗客が目的地へ到着するまでの120年間、冬眠装置の中で眠り続けていた。ところが航海の途中で装置の1つに不具合が発生し、エンジニアのジムだけが目覚めてしまう。目的地に到着し、他の乗客が目覚めるまであと90年。宇宙船の中、たった1人で残りの人生を過ごす羽目になったジムだったが、1年後、美しい女性オーロラと出会う…。(スター・チャンネルより)


上記あらすじの「出会う」っていうのがポイントで、実は結構な秘密があります。オーロラはジャーナリスト志望なので目覚めてからは船での日々を文章に綴っているんですけど、今回の出来事を「運命」だと感じていて。予告編なんかも結構それを意識して編集されてるんですが、実際見た時の裏切られが結構びっくり。でも中盤に差し掛かるあたりでその事実が判明するので「いつ発覚するんだろう」のハラハラで過度に引っ張られなかったのも良かった。

そうそう、3分の1くらいはジム一人しか目が覚めてないので、事態が判明してからの一悶着についてはとてもスリリングだった。かなりの大人数を想定されたアヴァロン号のプログラム(案内AI)と、たった一人の人間というのはめっちゃシュールでしたし、無機質な空間なので余計孤独感がすごかった。予告でも使われてる、宇宙を散策するシーンで流した涙の意味もちょっと複雑でしたね。あの後にとった行動、ちょっとよくわかる。ずーっとあんな志位活してたら発狂すると思う。その編、今度ブログで紹介予定の「AIRエアー」という映画とも似てるんですけど。

他の登場人物としてはバーテンダーアンドロイドのアーサー(マイケル・シーン)がかなりいい味だしてて、多少はロボット特有の受け答え(価値観)になってしまうものの、ちゃんと会話できるのでオーロラが目覚めるまでのジムの心の拠り所だったと思う。だんだんやることが大胆になっていくジムがお尻丸出しだったことを弄ったりとか結構なユーモアのセンスもあったし。後半戦、事態が急変してからは彼が故障するんじゃないかとヒヤヒヤしましたが・・・。

映画のジャンルとしてはやっぱりラブロマンスの比重が一番大きく、中盤あたりで距離ができた二人でしたが最後には、っていう王道の流れ。そこにSF要素と危険というハラハラが合わさってる感じです。前述の「秘密」については賛否両論あると思うんですけどね。そこをどう捉えるか。例えばジムの顔面偏差値が低めだったらどんな展開を見せたのか、とか考えると面白かったり。

映像としてはかなり目を見張るものがあり、特にプールがある状態になった時の水の表現なんかは臨場感がとてもありました。宇宙空間もそうだし、宇宙船も冷たさがこっちまで伝わってきてリアリティありました。TV録画ですがDR(VHSでいう所の標準モード)で録ったので、結構綺麗でそこも堪能できました。

スターチャンネルにて吹き替え版を録画、視聴。
2月に廉価版Blu-rayが発売されるようです。
パッセンジャー [SPE BEST] [Blu-ray]
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント (2018-02-07)
売り上げランキング: 417


パッセンジャー [DVD]
パッセンジャー [DVD]
posted with amazlet at 18.01.15
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント (2017-08-02)
売り上げランキング: 28,829



この記事へのコメント