男はつらいよ お帰り 寅さん / 故・渥美清の代表作にして日本映画界が誇る人情ドラマの50作目。大人になった満男(吉岡秀隆)は初恋相手のイズミと再会。叔父との思い出を振り返るが……。過去作の映像を交えて甦った感動作品。

山田洋次監督、渥美清主演で長年続いてきた大ヒットシリーズ「男はつらいよ」。映画を1本を見てない人でも「寅さん」は知っているという人も少なくないのではないでしょうか。劇中でも一番彼に懐き、重要なポジションだった甥の満男、彼が初恋相手と再会したことで始まる物語を、過去の映像を交え「寅さんを思い出す」という演出によって数年ぶりに復活。吉岡秀隆が主演を務めるほか、倍賞千恵子、前田吟、佐藤蛾次郎。さらには浅丘ルリ子といった俳優陣が同じ役柄で集結。思い入れがある人もそうじゃない人も楽しめる作りに。
サラリーマンから小説家に転進した満男。結婚するも妻は亡くなり、今は娘と二人暮らし。断り続け得ていたサイン会を開くと、かつての初恋相手であるイズミ(後藤久美子)と再会。外国で活躍し一時的に帰国していた彼女と過ごすことになるのだが……。
美穂純、笹野高史、小林稔侍、橋爪功、桜田ひよりら共演。
あらすじ
車寅次郎(渥美清)のおいである諏訪満男(吉岡秀隆)の妻の七回忌に一同が集まり、法事の後は昔話に花を咲かせていた。満男は長年会社員として働いたが、仕事の合間をぬって執筆していた小説が評価されて小説家に転進した。ある日、彼のサイン会が開かれ、その列に並ぶ人々の中に満男の初恋の相手イズミ(後藤久美子)がいた。(シネマ・トゥデイより)


冒頭で「知らなくても」なんて書きましたけど、正直どれだけ『男はつらいよ』シリーズを知っているかによって感動具合が変わってくるのはいうまでもありません。ここ数年はBSでリピート放送されてますし、ソフト化もされてるので僕のようにリアルタイムで(映画館で)見てないものの、触れてくるチャンスはそこそこあったと思うんでね、まあぼんやりとでも「寅さんはこういう人」って分かった上で見てほしいと思います。

例えば回想シーンひとつとっても、旅に出る寅さんが満男に「参考書でも買え」ってお金渡すシーンにて『ん?増えてるか?気のせいか』っていう部分しか出ないんですけど、【さくらが兄(寅さん)の財布にこっそりお金入れてる】とかね。寅さんがあの家族にとって、さくらにとってどういう存在なのかってのが映画シリーズ通じて描かれてるし、見れば見るほど好きになっていくから。だから毎回フラれるという様式美だったとしても「幸せになって欲しいな」ってずっと思ってたわけですよ。

その上でリリー(朝丘ルリ子)をこの映画でも出してくるっていうね。歴代ヒロインの映像もバンバン出るんだけど、やっぱりこの人だけは別格。結婚云々の流れは今また見ても切ないものがあります。満男がもう父親になってることもそうですが、あの頃からは確実に時間が立って、「思い出」になってしまってるというのも泣ける。先に行ってしまうと劇中では寅さんの生死については言及されません。あえて遠いところでリリーと楽しく暮らしてるっていうパターンもできたと思うんですけどね。誰もが心の中に寅さんがいて、彼が、渥美さんがいないんだってのを実感できてない。またひょっこり帰ってきそうな気がするからこそ、ああいう描き方になったのかな、なんて。

もちろんメインのお話は満男が主人公で、妻に先立たれて一応はフリーである彼がかつての恋人と再会、再婚にまで発展するのかどうか、みたいな恋模様も気になるところではあるんですが、あえて死別したことを隠してるだとか、怒ってでも親子の縁を復活させようと頑張るところとか、あの満男が「寅さん」のポジションになっててめっちゃ泣けるんですよ。ああ、寅さんは彼の中に生きてるんだ。って。受け継がれてるんだ、ってジーンときちゃう。それを本人もどこか分かってるような素振りがあるのがまた泣かせます。

コメディ要素も健在で、特に橋爪功さんの1万円のくだりはニヤニヤした。満男のドン引きっぷり。彼や小林稔侍、たま平など「家族はつらいよ」からのゲストとも取れましたし、時代錯誤な上司のカンニング竹山、出番は少ない出川や志らくなど小さい笑いがいくつもありました。美穂純さんがタコ社長と世代交代してるののも懐かしいし面白い。

何度もジーンとはくるもののなんとか耐えていたんですが、ラスト10分。主人公が小説家なので当然そうなるな、なんて予想はできていたのに、実際にああいう風に文章化されて、さらに名シーンを流されたら無理だよ。久しぶりに人様に見せられないくらいワンワン泣いてしまいました。ほんと泣ける。前述の通り心の中に寅さんがいる人、思い入れが強ければ強いほど泣けると思います。しかもたまらないのが、あえてエンディングに渥美さんの歌を選んだこと。オープニングが桑田佳祐さんによるテーマソングなんですが、普通だと逆にしちゃうと思うんですよね。でもいつもの曲を最後に持ってきたことで、そこまでの流れ込みでものすごい余韻に浸れて、さらにフィナーレ感もあるっていう。

寅さんとしての物語はこれで綺麗に終わったままにしたほうがいいという思いもあるし、一方で満男がどんな人生を歩むのかも見たいところでもある。複雑ですが、「こういうのでいいんだよ」っていう長寿シリーズってやっぱり必要だと思うんですけどね。今後の山田洋次監督作も楽しみにしたいと思います。

当たり前ですが吉岡さんの演技は流石の一言で、一瞬にしてあの場所に帰ってきた感覚に包まれました。


BSテレ東にて録画、視聴。




この記事へのコメント