【Netflix配信】泣きたい私は猫をかぶる / かぶるだけで猫に変身できるお面を使い、毎日片思い相手の元を尋ねる中学生・美代。しかし彼女本人と彼の中は進展せず、とある事件をきっかけに猫から戻れなくなってしまう。志田未来&花江夏樹が主役の声を担当。

neko_ushiro.png

『ペンギン・ハイウェイ』などのスタジオコロリドが制作を担当し、「あの花」「ここさけ」などの岡田麿里が脚本を手掛ける長編アニメーション作品。主役の声は志田未来、花江夏樹。
その自由すぎる行動ゆえ無限大謎人間、ムゲというあだ名で呼ばれる中学2年の美代はある時からかぶるだけで猫に変身できるお面を手に入れ、毎夜、白い猫になって家を飛び出す。思いをよせるクラスメイト、日之出賢人の元に通い、彼は「太郎」と名付けとても可愛がってくれる。学校生活でも彼に猛アタックするもののいつもあしらわれ、ムゲ本人と日之出との中はなかなか進展しない。意を決して気持ちを伝えようとするも失敗し、悲しみのあまり無意識に「もう猫のままでいい」と思ってしまった彼女は人間に戻れなくなっていて……。

あらすじ
愛知県常滑市に暮らす中学2年生の笹木美代は、言動が自由奔放なことから無限大謎人間を略したムゲというあだ名で呼ばれていた。彼女は、大好きなクラスメートの日之出賢人に猛アタックするが全く相手にしてもらえない。そんな折、美代はひょんなことから猫に変身できる不思議なお面を手にする。それをかぶって猫に姿を変え、日之出の部屋に行ったり、胸に飛び込んだりする。(シネマ・トゥデイより)


元々劇場公開予定だったのが感染拡大を危惧し延期、ネトフリで全世界配信に変更になったという経緯がありまして、個人的には思ってたより早く見られたことはサプライズ。冒頭で触れたように脚本が「あの花」や「ここさけ」の方なので、また今回もエグるストーリーなのかな、単純に「ねこちゃん可愛い」じゃないだろうな、って身構えながらの視聴になりました。

今回「お面」というのが重要なアイテムになってて。ムゲは猫のお面をもらう前から自分を守ための仮面をつけていたんだなぁってわかっていくと一気に引き込まれました。例によって、と言っていいのか、彼女の両親は離婚し、父とその再婚相手と共に暮らしてるムゲ。今になって母親も一緒に暮さないかと提案してきてるらしく、これ中学生にとっては結構感情を処理するが大変だと思います。実際母親がいなくなった当初はそのことでも虐められてたみたいですし、それに対抗する手段としての「無限大謎」な行動、と考えると泣けてきますよね、無理してんたんだなぁって。

劇中でも、継母に「無理しないで」と言われて「穏便に済まそうと一生懸命にしてるのに今更何言ってるんだ、再婚で傷つくに決まってるでしょ」ってキレるシーンありますけど、こう言うシーン入れてくるのがほんと岡田さん(脚本)ぽい。上記あらすじだと好きになってから猫になったような書かれ方ですが、おそらく猫として出会った時に違う一面を知って日之出を好きになったんじゃないかなと思います。そうやって日之出日之出〜ってやってることで他の色んなこと忘れられた。あのあまりの求愛行動は若干ひいちゃうレベルですけど、そういう風に考えると納得できるかな、と。そして中学生ですしね、恥ずかしさとか超えて色々できちゃうのもあるだろうし。

そんな事を知らない日之出が好意を寄せられる事自体はいやじゃなくても、「悩みなんてなさそうな」彼女に対して苛立ちを覚える気持ちもよく分かって。自分じゃどうにもならない家の事情と、やりたい事の板挟みになってもがいてる彼にとっては能天気すぎるし、それどころじゃないってなるんですよね。でもムゲや、そして白い猫太郎とすごす時だけはそういうの見えなくなって、癒されていた。映画後半になってそれに自分で気がついてくのがすごい良かったです。お互いの存在が心を軽くしてた。=好きなんだって結論出すわけですが。

山寺さんが声をやってるお面屋は最初の印象通りすごい悪いやつで、その目的にびっくり。こいつが「ムゲが猫になる代わりに、ムゲの体をのっとる」んだとばかり思ってたので、いい意味で裏切れれました。そのキャラクターのエピソードも心にくるもので、特にペットをかったことのある人間なら尚更グッとくると思います。終盤にかけてムゲたちに協力してくれたし、最後元に戻れたのはこっちも良かった。あ、ネタバレすみません。でもまあムゲが猫のまま終わるわけないのは全員分かってますよね。

いいキャラといえばムゲの親友の頼子で、翻弄されながらもずっと彼女についてきてくれるし、場合によって彼女以上に泣いてくれたりするのが本当いい子でした。途中から日之出くんが頑張るのでラストに「えー、そんなことがあったの?」と驚くポジションになってしまうのですが、前半の学校生活とかムゲが一人ぼっちだったと思うと痛さが倍増するのでほんといてくれて良かった。他のクラスメイトとのいい緩衝材にもなってますし。

予告動画でも映ってますが、映画後半は二足歩行で服をきた人たちがいっぱい出てくる場所が登場。ファンタジー要素が一気に加速します。この辺で出てくるキャラたたちのエピソードももうちょっと知りたいなって感じるくらいいい猫ばかりでしたし、鳥居といい、神聖だけどどこか怖いっていう雰囲気と、可愛い猫の愛らしい姿の融合が面白くてアニメだからこその映像が良かったです。なかなか再会できないまま上を目指す流れで、色んなパターンのエレベーター(?)出てきたのが地味に面白かったです。「これ、上に行きますか?」って何回も聞いてるムゲに笑う。

前述の通り最後にはハッピーエンド。今回は涙が止まらなくなるってタイプの作品ではなかったですが、自分の気持ちに気がついて勇気を持って行動した結果がもたらした(そして優しいキャラたちの助け)といった終わり方で非常に爽やかでした。エンドクレジットと共に後日談てきエピソードも少し描かれるのでそこも見てて楽しかった。実母との関係や日之出の将来、姉の恋とか、気になってた部分を補ってくれて良かったです。

そうそう、言うまでもなく猫の描写はめちゃくちゃ可愛くて、日之出に甘えてるところや終盤の必死になってるところ、さらには何気なく屋根を歩く一つ一つまで見ててたまらなかったです。期待してた通り、堪能できました。

ちなみに日之出を演じた花江さんは鬼滅の刃の主役やってる人なんですね。劇中でムゲに声がいいとか言われててちょっとニヤリ。

僕が見たのは6/23ですが、その時点で「日本で2番目に見られてる作品」でした。CMバンバンやってますしね。会員の方はぜひぜひ。


この記事へのコメント