移動都市/モータル・エンジン / 戦争の結果大地は荒れ果て、人々は巨大な移動都市で生活することに。最大勢力「ロンドン」に潜伏した一人の少女へスター。彼女は野望があり……。『ホビット』シリーズのスタッフが製作を務め、小説を実写化したSFファンタジーアクション。

fantasy_medusa.png

イギリスの作家フィリップ・リーヴの「移動都市」を原作にしたSFファンタジーアクション。荒廃した地球。人々が暮らす「都市」そのものは大きな戦車、要塞のように移動し続けている世界の中で、ある目的のために生きる一人の少女へスター。他の小さな移動都市を「狩る」ことでどんどん成長してきた巨大都市「ロンドン」に潜入したが、あと一歩のところで望みは敵わず。ずっとロンドンで過ごしていた青年トムは彼女と出会ったことで戦いに巻き込まれていくが……。
「ロードオブザリング」「ホビット」のピーター・ジャクソン、クリスチャン・リヴァースらが製作、監督を担当。スチームパンク、近未来、そして現在のロンドンの融合した独特の世界観を見事に表現。
主演はヘラ・ヒルマー。ロバート・シーハン(Mis Fits )、ヒューゴ・ウェービング(マトリックス/ロードオブザリング)、レイラ・ジョージら共演。
あらすじ
60分戦争と呼ばれる戦いから1,700年が経過した地球。人々は荒廃した大地をはうようにして進む巨大移動都市に暮らし、ほかの移動都市を取り込み資源を奪いながら生活していた。そんな中、少女ヘスター(ヘラ・ヒルマー)は、ある目的を果たすために移動都市のロンドンへと潜入し、トム(ロバート・シーアン)という青年と出会う。(シネマ・トゥデイより)


予告動画で見てからすっごいワクワクしてたんですが、やっぱりこういうのを本気出して映像として作ってくれるとほんとテンション上がりますね。先に触れたとおりロードオブザリングとかのスタッフが作ってるのでこだわりはすごく、実際本編見終わった後に特典映像のメイキングで見ましたけどものすごい細かいところまで力入れて製作されてるのが分かります。話にのめり込みすぎて一瞬で通り過ぎちゃうのもったいないくらい、巻き戻して色々チェックしたい気持ちにさせられます。そのくらい一つの世界観として完成されているというか、フィクションでありながらリアリティがすごいんですよ。

そもそも冒頭の「ロンドン」は他の小さな移動都市をハンティングする時点でもう完全にやられます。予告動画にも使われてますが、大きさの違いといい、戦闘モードへの変形といい、ロマンがあふれすぎ。ジブリの「ハウルの動く城」の時点でかなり心踊ってたのに、それを実写でこのクオリティで見せられた日にゃ……。大迫力でしたね。だからもうその時点から「ロンドン」=悪っていうイメージはかなりあって、その様子を見て市民が大盛り上がりなんですよ、見るも無残に蹂躙されてるのに、大歓声。まあ一応取り込まれた都市の人々はロンドンに移住する形になるので、明確に他都市の人々をどうにかしようって意図はないんですけど、取り込んで自分のものにするって普通にファシズムというか戦争と何が違うんだろう、ってなってくる。予告でネタバレしちゃってますけど、ヒューゴウェービング(マトリックスのエージェントとかの人)が1番の悪役で、とんでもない計画を立てるんですけどほんとひどいですね。娘キャサリンの不信感も募っていく。

主人公ヘクターはそれを阻止しようとしていて、その軸自体はとてもシンプルなんですけど、そこにさらに移動都市と真っ向から対抗する「壁を作って決まった場所で暮らす人々「反移動都市同盟」=レジスタンスとも協力体制になりますし、ヘクターの過去と関係がある「復活者」という人工的な殺戮マシーンも彼女を追ってきて……。というように一筋縄では行かないのでハラハラを楽しめました。人間を見つけたら襲ってくる輩から逃げ回ったり、移動都市のタイヤの溝をジャンプする、飛行機からロープ一本で吊るされる、などなどアクションもスリルありましたし。

僕が一番最初に見た予告では確か空に関してはあまり公開されてなかった記憶があって、全く知らない状態で出てきてそこびっくりでしたね。あれだけの技術が進歩してればまあ空中要塞だったり主に空をメインに活動するものたちが居たっておかしい話じゃないんですけど、全然予想してなかったです。レジスタンスの女性、アジア人が演じてますけど頼りになる姉御って印象でカッコ良かったです。調べたら韓国の歌手ジヘというかたらしい。

予想通りラストは宿敵がしようとしてることを阻止するために再びロンドンへ、という流れになるんですが、そこに至る直前のレジスタンスメンバーの奮闘ぶりもグッときましたし、母の託したものがいろいろな意味で鍵になる(これはもう誰もが予想できたと思いますけど)のも胸熱。キャサリンはずっとロンドン内で父の企みを止めようと奮闘していて、一番最後でも活躍したのも良かった。ヘクター役のヘラヒルマーも美人ですが、キャサリンのレイラ・ジョージさんも綺麗でした。

復活者との因縁を終わらせるシーンとかジーンとくる流れもありますし、一方で博物館に展示された「古代アメリカの神々」がどう見てもあのキャラクターだったりという小ネタなどのユーモアも含んでますので、2時間の中にものすごい色んなものが詰まってて面白かったです。
どうやら原作4巻分の1冊目の映像化ってことらしいのでせっかくここまでの世界を作り上げてくれたなら続きもぜひ映像化して欲しいという気持ちになりました。とはいえ、お話自体はこれ単体でものすごく綺麗に終わってますけどね。
予想してた流れは開始そうそうで終わってしまってちょっと驚きましたけど、超絶クオリティのファンタジー世界観を堪能できて、期待通りの楽しめました。

GEOの宅配レンタルで準新作88円(送料別)の対象になっていたので、Blu-rayでレンタルし、吹き替え版で視聴。映像特典もガッツリ入ってました。



この記事へのコメント