巫女っちゃけん。 / 広瀬アリス主演。父が宮司を務める神社で不本意ながらも巫女となった就活中の主人公・しわす。食べ物が盗まれたり、ぼや騒ぎが起きるが、なんと犯人は子供で……。宮地嶽神社で撮影された人間ドラマ。

jinja_miko.png

『ハードロマンチッカー』ほかのグ・スーヨンが監督がメガホンをとったヒューマンドラマ。
宮司の父親を持つ主人公・しわすは、特に夢もないまま就職活動中。父の務める神社で巫女のアルバイトをしているが、いつもやる気なく、反抗的な態度で周りからも浮き気味。ある日賽銭泥棒や食べ物が盗まれると言う事件が多発し、ついにはゴミ箱に火が。見回りをしていたしわすは犯人の子供を捕まえるが……。
父親役にリリー・フランキーの他、MEGUMI、飯島直子、山口太幹、仁村紗和、原口あきまさら共演。
あらすじ
将来の夢もないまま就職活動中のしわす(広瀬アリス)は、父親(リリー・フランキー)が宮司を務める神社で巫女のアルバイトをしている。幼いころに家を出た母親(飯島直子)のことが心の傷になっている彼女は、何かと反抗ばかりしていた。ある日、神社で食べ物やさい銭が盗まれ、しわすが境内にいた5歳の健太(山口太幹)を捕まえるが……。(シネマ・トゥデイより)


「巫女」にスポットを当てた作品自体が少ないので、こう言うお仕事ですよっていう紹介的な側面があるのかと思いきや全然そういうお話じゃなくて、母との関係性にトラウマを抱えた主人公が、似た環境にある子供をほっておけずに奔走するという人情的なストーリーでびっくり。よく見れば予告動画の時点でわかることなんですが、広瀬アリスが演じる主人公は言ってしまえば問題児すれすれ。協調性なさすぎだし、およそ宮司の娘とは思えない言動のオンパレードです。巫女服(でいいのか?)のままカップ麺をすする姿とか、イメージが崩れすぎてむしろ笑っちゃいます。その意味ではかなりコメディ要素っていうかかなりの非現実。特に「神様は見ています」的な、信仰心の塊みたいな同僚ばかりなのでギャップがありすぎてね。だから浮いちゃうわけす。ちなみにもう一人「巫女らしからぬ」同僚もいて、割と派手な格好で、何またもかけている様子。映画中盤あたりでスポットが当たります。

でももう一人のメインである健太の方がしわすに輪をかけてぶっ飛んでましてね。アマプラ での視聴だったのでレビューが目に入ってしまったんですが、【放火はやりすぎ】これは本当に同意します。ほかのいたずらだって許されないことですけど、超えちゃいけないラインは解ってもいい年頃だと思うんですけどね。優しく諭すタイプだったらまた違ったのかも知れませんが、しわすとどこか似てるところがあるので真っ向から叱りつけ、序盤の頃はずっと歪みあってばかり。だからって全く納得はしませんが、母親が平手打ちしたことを主人公のせいにして、かなりの人が信じてしまうのです。これ見てて辛くて、具体的にいうと「誰にやられたか」と聞かれた健太は母親の顔色を見てしわすの方を指差したのです。そのことと、普段からの様子で簡単に鵜呑みにしちゃうのは正直ありえないよなーって。父親はもちろん娘の無実を信じてるものの、激しく抗議するわけでもなかったのが余計にイライラしました。

自暴自棄になりつつあったしわすは健太と共に逃げて、側から見たら「誘拐」という形に。ここから少しずつ二人の距離が縮まってくのが見えて面白かったです。健太は喋らないので表情や行動で示すって形ですけど明らかにしわすに好意的に動いてた。上で触れた同僚の「たずな」が襲われそうになる話とか、しわすの母親との再会だとか後半にかけても色んな要素が出てきますが、折に触れて火をつけるのだけは「やべえだろ」
とツッコミせずにはいられませんでした。相当病んでるな健太。

主人公の境遇を思えば胸糞悪い系の展開が連続するのでさぞや……と期待した割にはあまりスカッとする展開にはならくてそこも意外。一応健太の母親がちゃんと本当のことを伝えて誤解はとけたっぽいんですけど、別人のようになった親子の姿を見せるという後日談的な演出だったので、みんなが謝るとか主人公の株がグングン上がるみたいなエピソードがあっても良かったかなと思ったり。普段巫女として、褒められた働きぶりをしてたわけじゃないので仕方ないのかな。でも視聴者的には健太との旅で母親のこととか色々とふっきりはじめてるの見て知ってますからね。お疲れ様と声をかけたいです笑

随所に準備の様子が挿入されていた結婚式も、「神社での儀式」的な特別な空気を感じることが出来ましたし、その結末もややニヤケました。やっぱりこれコメディだ。でも一番大きいのはしわすの就職問題で、まあ、多くの人が予想した通りの結末です。まあそうだよねーって。リリーさん演じる父親、信じることとか、思いは通じるみたいな大きく構えてるという意味で独特のオーラを持ってましたが、前述の通りもうちょっと娘に対してやってくれてたら最後のシーンもさらにグッときたのかなと思います。まあ彼がいたからこそしわすは健太ほどグレずにこれたとも考えられますけどね。
個人的にはそういうやさぐれた、巫女の、方言を喋る広瀬アリスが見られたことだけでも十分面白かったです。割と気が強い役もやる彼女ですけど、これは新しいタイプの役柄でしたし、頑張って演じてたんじゃないかなーって。不器用で、多方面に噛みつくけど、うざいとは思わなかったです。

こんな映画あるのか、でも配信はこなさそうだからあとでレンタルしようかなと思ってた作品がアマプラ にきてくれて、即視聴。予想外のジャンルの作品でしたが面白かったです。

そうそうロケ地となった宮地嶽神社はほかのCMでも使われたほどで(真っ直ぐ長い道がある)確かにすごく綺麗でした。逃走以外は基本的に境内で展開してくので色々見れてそこも良かった。

20年5月現在、Amazonプライム会員無料対象です。




この記事へのコメント