メルシィ!人生 / クビを宣告された冴えない会社員ピニョン。失意のあまり自殺を試みるも、隣の住人に諭され、さらに秘策をもたらされる。それはゲイだと偽ることだった。

メルシィ!人生 HDリマスター版(続・死ぬまでにこれは観ろ!) [Blu-ray]


僕の大好きな映画「奇人たちの晩餐会」のフランシス・ヴェベールが今回も監督&脚本を担当したフレンチコメディで、一度はクビを宣告された会社員が「ゲイだ」と偽ることで会社や同僚たちに仕返しをすると言うブラックユーモアに溢れた作品。スカッとさせられるフランスらしいコメディ。
あらすじ
いたってまじめなだけが取り柄の冴えない中年男性ピニョン氏。妻子にも見捨てられた彼に追い討ちをかけるように、20年勤めた会社からクビになることを聞かされる。思いあまって身投げをしようとしたところを隣の部屋の老人に助けられる。事情を聞いた老人はクビにならない方法をピニョン氏に伝授する。翌日、会社宛に男と情熱的に抱き合うピニョン氏の写真が送られてくる。これを見た経営陣はゲイ差別との糾弾を怖れてピニョン氏の解雇を撤回する。ピニョン氏の思惑は見事に成功したわけだが、当然周囲の見る目はすっかり変わり……。(allcinema ONLINEより)


あらすじだけを聞くとこう言う題材は大丈夫なのかと思ったりもするんですが、基本的に「性的マイノリティーを差別する人ってありえないよね」って言う内容になってまして。具体的に言うと、ピニョンを散々「おかま野郎」と罵ってきた差別用語連発の人事部長サンティニがこれでもかって言う仕返しを食らうところが一番の笑いどころになってます。
「いくら会社の方針だからって・・」と納得がいかないサンティニに、周りの同僚たちが「そう言うこというと次はお前がクビだぞ」とからかったことが発端で、ピニョンとの関係を良好に見せようとあれこれと頑張ってしまうというおかしさ。ピンクのセーターをプレゼントしたりとか、「ゲイを毛嫌いする男が頑張って歩み寄ろうとしてる」ってのがバレバレですし、ステレオタイプを皮肉ってる面もあるなって思いました。
実際黒人に対してNワードを言ってたり(字幕だと「クロ」と表記されてました)サンティニは終始悪く書かれているのでまあ当然の報いではあるんですけど、中盤の展開は少し気の毒な気もしました。でもそのあたりもちゃんとフォローがあり、最後にはみんなハッピーって感じなので良かったです。いくらピニョンが良くても誰かが傷ついたままっていうのは後味悪いですからね。あ、息子はゲイだと信じたままか・・

そうやってコメディとして爆笑できる一方で、隣の住人に「わしは昔君が復職したのと同じ理由(ゲイだから)でクビになった。20年で進歩したな」ってセリフを言わせるバランス。これがあるからこそ、前述の「性的マイノリティーへの差別」をどう捉えてるかってのがより明確になるんですよね。劇中では「差別だとうるさいから」復職という形になってますけど、もっと理解が進み、誰も気に留めないくらい当たり前に主張できる時代になるといいなと思いました。

なんと「メルシィ! 僕ぅ?」のタイトルで日本でも舞台化され、明石家さんま温水洋一他で上演されたようです。ストーリー自体も相当面白いですけど、さんまさんてすごいなぁちょっと見てみたいです。
映画キャストも主演のダニエル・オートゥイユをはじめ、ジェラール・ドパルデューやティエリー・レルミット
(奇人たちの晩餐会主演)と言ったフランス俳優たちが豪華共演で素晴らしい演技をしてたので本当に面白かった。隣人に「いつも通りの気弱な会社員でいればいいんだよ」って言われて特に意識してないのに、ゲイ疑惑が流れた途端同僚たちの見る目が変わったのはなんとも言えなかったです。

WOWOWにて14年に録画した字幕版をようやく見ました(笑)やっぱりこの監督の映画本当に笑えます。

メルシィ!人生 HDリマスター版(続・死ぬまでにこれは観ろ!) [Blu-ray]
キングレコード (2015-08-05)
売り上げランキング: 146,600

メルシィ!人生 HDリマスター版(続・死ぬまでにこれは観ろ!) [DVD]
キングレコード (2015-08-05)
売り上げランキング: 48,234


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック