教誨師(きょうかいし) / 死刑囚と牧師とが1対1で行う「個人教誨」をテーマにした作品。タイプの違う男女6人を相手に彼は何を語るのか。大杉漣の初プロデュース作品にして、最後の主演作。

christian_bokushi.png
故・大杉漣がはじめてエグゼクティブプロデューサーをつとめ、最後の主演作となったヒューマンドラマ。死刑執行を控える囚人と対話し心の安寧をはかる「教誨師」を主役に、事情も罪状も違う6人とのやりとりだけで進行していく。
牧師の佐伯は死刑囚専門として普段孤独に過ごしている受刑者たちと「個人教誨」という対話をしていく。単に聖書の教えをといたり讃美歌を歌うのではなく、彼らの胸に秘めた思いを知ろうと歩み寄る中で少しずつ見えてきたものとは。そして彼自身もまた悲しみを抱えていて……。
光石研、烏丸せつこ、古舘寛治、映画初出演となる玉置玲央ら共演。
あらすじ
受刑者の道徳心の育成や心の救済を行う教誨師の中でも死刑囚専門の牧師・佐伯(大杉漣)は、独房で孤独な生活を送る死刑囚たちの良き理解者だった。6人の死刑囚たちに寄り添い対話を重ねる中、自分の思いがしっかりと届いているのか、彼らを安らかな死へと導くことは正しいことなのかと葛藤し、自身も過去と向き合う。(シネマ・トゥデイより)


予告動画でもロープが映っていますが、直接的には描写されないもの、ある人物の死刑執行のシーンまで出てくるのでご注意ください。そもそも、犯罪を犯してしまったとはいえ、「死刑執行=死を待つだけの人々」にスポットを当てているので、感動作品によくある「病気で余命わずか」系の作品と同じくらい心を抉られ、見ていてかなり体力を必要とする作品なのは間違いありません。

しかもドキュメンタリー、までは行かないものの、主人公の牧師、対面に座る死刑囚、見張りの刑務官だけが部屋にいる状態での二人でのやりとりだけを淡々と描いているのでそのシンプルさがものすごく没入感を増してるんですよね。4:3っていう表現でいいのか、画面左右の端に黒帯が出てるから、個人むけビデオカメラの撮影っぽさもあるし。「生の声」って感じ。

一人ひとりまとめて描かれるわけでなく、時系列にそって6人一巡したらまた最初の人に戻るっていう形なので佐伯と同じ時間を共有してる気持ちになりますし、その時間経過によって打ち解ける者もいれば、なかなか強行な姿勢が変わらないものというふうに違いが色濃く出ます。特に人が良すぎるホームレスのおじいちゃんは頑張って字を覚えていくのは見てて微笑ましくて、死刑囚だってこと忘れちゃう。そういう人だからなのか、本質をついたような質問をしてきますしね。そうなると「この人が死刑執行され流れになりませんように」って「いつかされるとしても劇中では描写しないで」って思うようになっていきます。もう一人家族思いの布団屋さんも中盤に衝撃の事実が判明して、この時もまた切ないんですよね。なんでこんな結果になってしまったのだろう。って虚しさがすごい。これはフィクションだからって自分に言い聞かせながら見ました。

そういう意味でも他のメンバーも非常にリアリティがあるというか、現実にいそうだと思えるからすごいですよね。ぴったりな配役で、かつキャスト陣が全力で芝居してるからこそ、ここまでの厚みをもったキャラクターになる。光石さん演じる古き良きヤクザの頼れる兄貴分的なテンションと、一方で執行に恐れて取り乱してるギャップ。夜中に泣いてる奴がいるって話があったけど、もしかして彼なんじゃないか?手のひらのテーピングはボクシングじゃなくて壁を殴ってるのでは??と思わせたり。あるいはおしゃべりな女性の話す「ハゲのおっちゃん」の真相……など、どの受刑者も、佐伯と喋ってる時間だけが全てじゃないってのが人間らしくて深いと思いました。

屁理屈コネまくる若者については最初こそ嫌なやつだと思ってましたが、彼の挑発、問いかけに対して自分ならどう答えるかとか考えながら見たし、日本の法、罪と罰とか死刑制度なんか普通に討論の題材になりうるし一理あるような気もしちゃうんですが、佐伯が逃げずに真摯にぶつかってる姿が、「生きてると色々理不尽なことあるけど、それでもただ生きてくんだ」っていう強いメッセージのようなものを感じて、映画としてはかなり必要なキャラだったかなぁと。最後の最後に見せた「素」の部分もものすごくインパクトあるし。

さらには佐伯本人のエピソード、兄弟との話も胸に訴えかけてくるものがあって。前述の通り対話する受刑者がどんどん変わるからその中でちょっとずつ明らかになっていくのも面白い試みだと思った。そうか兄を亡くしてるから牧師なのか。いや普通じゃない事情がある?えーそういうことなの??という風に。彼もまた迷いながら生きてるし、寄り添えるのかなって感じます。

ちょっとだけ不思議要素もあって、一つは卓上カレンダー。もう一つは映画ラスト。予告動画の終わりの方で田んぼに囲まれた道で立ち止まってるシーンがありますけど、実はあれがエンディングの一部になってて(あそこ以外全部刑務所の一室で進むので)、最終的には彼が歩いて行くところで映画がしめくくられます。まあその直前にある「受刑者から受け取ったあるもの」のインパクトとか余韻を残すための演出なんでしょうけど、「どこへ行くの??」って気持ちになります。すでに触れましたが、佐伯自身もまた迷いながら生きてるっていう(受刑者と同じ部分がある)というのが根底にあると思うので、そういった表現なのかな、と。その異様な雰囲気もまたとても印象的でした。

扱ってる題材も重たいし、一緒になって悩み考えながら見るとかなり体力を必要としますが、こういう仕事があるということや、これを見ている僕らもまた日々迷いながら祈りながらそれでも生きて行くんだって思わせてくれる、意味のある映画だと思いました。名バイプレーヤーですが、主役としてもやっぱり大杉さん存在感あるなって改めて思います。

WOWOWにて録画、ののち、最近U-NEXTで視聴。2021年3月現在huluでも配信中です。





この記事へのコメント