来る / 正体不明の招かれざる存在。突如として周囲に次々と不可解な出来事が起こり始め、また「それ」と人間との戦いを描いた衝撃作。ホラー小説「ぼぎわんが、来る」を実写化し岡田准一ら出演。

food_omurice.png
第22回日本ホラー小説大賞、澤村伊智の小説「ぼぎわんが、来る」を実写化したホラー作品。出演は妻夫木聡、黒木華、岡田准一、小松菜奈、柴田理恵、松たか子ほか。
それに呼ばれてしまったが最後……。地元で囁かれる怪談話。ある日、結婚したばかりの秀樹の会社に彼を訪ねてきた者がいるのだが、いつの間にか姿はなく、最初に応対した後輩が謎の負傷をうけ、だんだん衰弱して死亡してしまう。それから2年後、再び不可解なことが起き始めて……。
あらすじ
幸せな新婚生活を送る田原秀樹(妻夫木聡)は、勤務先に自分を訪ねて来客があったと聞かされる。取り次いだ後輩によると「チサさんの件で」と話していたというが、それはこれから生まれてくる娘の名前で、自分と妻の香奈(黒木華)しか知らないはずだった。そして訪問者と応対した後輩が亡くなってしまう。2年後、秀樹の周囲でミステリアスな出来事が起こり始め......。(シネマ・トゥデイより)

(若干閲覧注意。)

みなさんご存知の通り個人的にはあまり得意じゃないジャンルの作品なんですけど、以前予告を見て興味があったので視聴しました。怖いという要素ももちろんあるんですが、それ以上に「グロい」のが先行しているので、例の「一定のラインをこえたためにフィクションすぎて平気」になりました。レーティングはPG12になってますが、想像以上に犠牲者でるし血はバンバン出るんで、それが苦手な人は絶対無理だと思います。
あ、あと芋虫も象徴的に複数回出てきてそれもちょっとキツかったです(視界から消してました)

メインとしては妻夫木聡・黒木華が演じる夫婦なのですが、主演かどうかと言われると微妙で、見終わった後調べた時に岡田准一の名前が最初にあがってることに納得。何でも屋でライターの野崎役ですが、登場してからは最後まで出てますからね。彼自身もかなり危ない状況ではあったのですが、事件を少し離れたところから見てられるし、恋人的存在のキャバ嬢霊媒師(小松菜奈)と、さらにその姉(松たか子)。もっというと秀樹の同級生である民俗学教授(青木崇高)が彼と繋いだわけで、登場人物みんなと接点がある。

便宜上「ぽぎわん」と表現しますが、やって"来る"存在については特定の形をしているわけでもなく、ジャンル的には「正体不明のものに襲われる恐怖」系統。ですが前述の通り思いの外攻撃力が高くてですね、上記あらすじに出てくる後輩(太賀)は何かに引っかかれてたような大量の傷が出てきてますし、柴田理恵さん演じる霊媒師がラーメン屋さんでいきなりやられるところとかも衝撃ですし、とあるキャラクターは体が上半身と下半身に千切れてしまう(直接ではないものの、そうわかります) のもグロい。とにかく魂持ってかれる、とかじゃなくて物理的に殺されてる感じ。

序盤こそなにが来るんだ?って不気味さが印象的でしたが、だんだんと「どう解決するの?」という方向に興味をそそられていくようで面白かった。特に松たか子さん演じてる霊媒師がただものじゃないオーラまとってるし、実際に警察とかも動かせちゃうくらいのパワー持ってるしでびっくり。帰ってもらうための儀式の準備のところとか、ホラーなんだけどどこかシュールさも漂ってて、不思議な映画だなーって思いました。そもそも官職?とか霊媒師とかが向かってくる途中で不慮の事故にあったり次々にやられてくのも、怖いというよりも強すぎだろって笑わないと精神保てないですからね。

劇中で「例えば口減らしのために子供亡き者にしたのに、妖怪の仕業ってことにした。妖怪や伝説はそういう風にして生まれたケースが多い」って教授が説明するんですが、野崎自身が過去に恋人に「中絶させた」こともずっと負い目を感じてるようで、重要っぽく描写されてましたね。それと恋人が子供を産めない体と言うこととか。結論から言うと関係ありそうでなさそうなフワッとした繋がりでしたが、それ以外の「人間の悪意」とか「ダメなところ」にスポットをあてて、その弱みに付け込まれてるという方向ににしてたと思います。ブログ上や人前では「良きパパ」を演じてても……だとか、母親を嫌ってたはずなのに実は、とか。

いよいよクライマックスに近づいて、さあ対決だ、ってなってからの展開がこれまた予想外で、ええー、そういう終わり方でいいのか?と驚かされました。もちろんわかりやすい化物がいて、それを倒してはいハッピーエンドってわけじゃないとは思ってましたけど、電話をかけてきた時とか、他人の声を使って自分の都合のいいように誘導しますけど、そのパターンとも違うし。ただまあホラーだから身構えてただけにすごくこれからの明るい兆しが見えるラストだったのはとても良かったですけどね。とりあえず最後のあの人物たちは今度は幸せになれるはず。

ホラーには違いないし、グロ度も高めなんですが、理解不能の存在に対して戦う人たちの行動がこれまでにないタイプでちょっとお祭りっぽい?印象も受けますし、どこか笑いの要素を含んでる作品だと思いました。予想してたよりもバンバン人がやられるんで先を見るのが少し怖くなりましたけど、ジャンルを超えた作品だと思いますし、耐性がある人はよろしければ。

WOWOWにて録画、視聴。

来る Blu-ray豪華版
来る Blu-ray豪華版
posted with amazlet at 20.02.20
東宝 (2019-07-03)
売り上げランキング: 2,067


来る DVD通常版
来る DVD通常版
posted with amazlet at 20.02.20
東宝 (2019-07-03)
売り上げランキング: 13,460

この記事へのコメント