カノジョは嘘を愛しすぎてる / 少女漫画を佐藤健・大原櫻子で実写化。才能溢れる作曲家というのを隠して付き合いはじめた男。彼女が同じ事務所にスカウトされ・・。

カノジョは嘘を愛しすぎてる


大ヒットした青木琴美による漫画を原作に、佐藤健、大原櫻子主演で実写化したラブストーリー。同級生同士で組んだバンドにいながらもデビュー前に脱退し、世間に顔を晒さずに楽曲を作り続けてきたアキ。女子高生リコと付き合うことになるが彼女には歌の才能があり、同じ事務所にスカウトされる。
反町隆史、三浦翔平、窪田正孝ら共演。
あらすじ
人気バンドCRUDE PLAYのメンバーだったものの、デビューする前に抜けた小笠原秋(佐藤健)。サウンドクリエイターとしてバンドに楽曲を作ってきたが、ビジネス優先な音楽業界にうんざりしていた。そんなある日、CRUDE PLAYのファンだという女子高生・小枝理子(大原櫻子)と出会い、彼女に正体を明かさず恋人同士になる。理子との日々に安らぎを覚える秋だったが、類いまれな歌声を持つ彼女を音楽プロデューサーの高樹(反町隆史)がスカウトしたことで……。(シネマトゥデイ)


少女漫画原作の映画も結構見てきましたけど、主役二人の恋の行方だけでなく、音楽シーンもかなり本格的で、そういう面でも見応えがありました。
三浦翔平さん、窪田正孝さんらバンドメンバーもみんなカッコよかったですし。お話としては「身分違いの恋」の亜種って感じで、本人は知らないものの、ずっと好きだった作曲家と付き合うことになった女子高生が主役。しかも自分にも歌の才能があり、トントン拍子でデビューが決まっていくというシンデレラストーリー的な側面も。

もどかしさに拍車をかけるのが、嘘をついて彼女に隠してたことだけでなく、プロデュースの話をちゃんと聞かずに断ったせいでシンヤがリコたちの担当になってしまう。いくらいい曲を作って上司に頼んでも時すでに遅しって感じ。仕事でも恋でもよきパートナー、っていう理想にならないのがハラハラしますよね。

もしかしてリコを巡ってアキとシンヤのバトルになるのか、って心配したんですけどそれはなくて、スキャンダルが出回ったことで再びアキが嘘をつくことに。この二人の関係性ってかなり見ててハラハラしますよね。アキには耳の良さがあるからこそ、ベーシストとしての自分との力量の差がわかってしまう。シンヤがクールキャラだから余計にこう「冷戦状態」みたいな緊張感がります。彼は彼でアキを認めてると思いますけど。
恋愛の方では、そのスキャンダルが原因で例によって、「相手のためを思ってわざと嫌われるように仕向ける」流れになって、見てて辛かったです。だけど最後には・・。

予告動画にも使われていた「切ない嘘」って言葉がぴったりなストーリー展開なものの、爽やかに見終われて大満足でした。

韓国ドラマとしてリメイクされたようで、先日その第1話無料放送してて、面白かったので、アマゾンで探したら無料対象だったので。2014年にWOWOWで録画したのがどこかにありますし、確か地上波でも放送されましたよね。

カノジョは嘘を愛しすぎてる DVDスペシャル・エディション[本編DVD1枚+特典DVD2枚]
アミューズソフトエンタテインメント (2014-06-25)
売り上げランキング: 30,302


動画はこちら
カノジョは嘘を愛しすぎてる
(2014-06-25)
売り上げランキング: 13,419



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック