神様はバリにいる / ハウツー本を原作に、堤真一、尾野真千子主演で実写化。借金から逃げ訪れたバリで、独自の価値観を持つ胡散臭い男「アニキ」に出会うのだが・・。

神様はバリにいる ブルーレイ豪華版 [Blu-ray]

「出稼げば大富豪」というハウツー本を原作に、バリ島で暮らす風変わりな男との出会いを描くヒューマンコメディ。メガホンを取るのは、デトロイトメタルシティ他の李闘士男監督。
会社を経営していた祥子は借金を背負い、逃げるようにやって来たバリ。そこでいかがわしい男「アニキ」と出会い、彼と共に行動することで本当に大切なことに気がついていく。
主演の他、玉木宏、菜々緒、ナオトインティライミら共演。
あらすじ
婚活ビジネスが失敗に終わり借金を抱えた祥子(尾野真千子)は、訪れたバリ島で日本人の金持ちであるアニキ(堤真一)と知り合う。何となく怪しい雰囲気を持つアニキだったが、現地の人々からは厚い信頼を寄せられていた。祥子は再起を図るためアニキのもとで金持ちになるための人生哲学を学ぼうとするが、あまりに型破りな教えに疑念を抱くようになり……。(シネマトゥデイより)


ストーリー以前に堤さん扮するアニキのビジュアルのインパクトが強くてびっくり。付き随うリュウと含めて、チンピラ感がすごいです。劇中でも祥子が「ああいうのが日本人観光客のイメージを悪くする」って思ってますけど、まさしくそういう感じ。ザ・成金。

でも単にお金持ちなのには変わりないのですが、そのお金を使ってやってることがすごい。展開は非常に予想しやすくて、主人公はその真意を勘違いし続けるものの、後になってからアニキの真の目的がわかって、見直すというパターン。物語中盤からはアニキの念願の夢が叶いそうになった矢先にトラブルが起き、それが無事に完結してハッピーエンドという形で綺麗に終わっています。

一番の魅力はやはりアニキの考え方とバリの人々の価値観が知れることで、辛い時こそ大笑いする理由だったり、序盤で祥子が捨てそうになって怒られたものの意味など、なるほどなぁって感じ。実際はあそこまでお金を持ってるからこそくる余裕って部分もあるんでしょうが、人生を生きる上で参考にしたいなと思うものが色々ありました。
ただ、頭の回転を早くするからと肯定されていたオヤジギャグだけはなかなか真似しづらいですよね。周りからの目が・・・。爽やかマックスとか、1周回って面白い、か?

似てるけどまさかなぁと思っていたら、祥子を追いかけてやって来た男の役でナオトインティライミさんが出ていてびっくり。本当に本人だったとは。これが本格的な演技初挑戦とのことですが、なかなかよかったと思います。あとは玉木さんの彼女役で菜々緒さんがビキニ姿を披露してます。

タイトルとビジュアルから予想してたのとは違うお話でしたが、ものの考え方一つで自分の豊かさとか変わるっていう感じでなんだか元気になれる作品でした。どうやらアニキのモデルになった人が実在しているようで、機会があれば原作本も手に取ってみたいです。

神様はバリにいる ブルーレイ豪華版 [Blu-ray]
ポニーキャニオン (2015-06-17)
売り上げランキング: 24,480

神様はバリにいる DVD通常版
ポニーキャニオン (2015-06-17)
売り上げランキング: 15,806


出稼げば大富豪 ((調子ぶっこきシリーズ))
クロイワ・ショウ 兄貴(丸尾孝俊)
ロングセラーズ (2009-06-01)
売り上げランキング: 80,525


この記事へのコメント