覚悟はいいかそこの女子。 / 中川大志 & 唐田えりか 主演。誰からもモテモテで、愛され男子を自称する主人公が好きになった相手は、難攻不落。なんとしても振り向いてもらうと必死になるのだが、彼女には胸に秘めた人がいて。一途な恋をコミカルに描くラブストーリー。

kabedon_new.png

「マーガレット」に連載されていた椎葉ナナのヒットコミックを実写化した劇場版。自他共に認めるイケメンで愛され男子の古谷斗和。いつも周りの女子からキャーキャー言われる日々だったが、実は恋愛経験はゼロ。恋人を作ると決意した彼は学年1の美女三輪美苑に告白するが、見事に玉砕。ショックを受けるも、なんとか振り向いてもらおうと必死になるトワだが……。
中川大志主演、ヒロイン役に唐田えりか。伊藤健太郎、甲斐翔真、若林時英がトワの友人を演じる他、荒川良々、小池徹平ら共演。
あらすじ
容姿に恵まれたことから、常に女子に囲まれて育った男子高校生の古谷斗和(中川大志)。女性にもてると思い込んでいる彼だが、これまで誰とも交際した経験がなかった。ある日、恋人ができた同級生の男子から女子の観賞用男子だと言われた斗和は、簡単に彼女が作れると豪語し、学年で一番の人気を誇る美女・三輪美苑に告白するが一蹴されてしまう。(シネマ・トゥデイより)


この映画の公開前後に前日譚となる物語を深夜ドラマとして放送してまして、僕はそっちを視聴済。この映画では「友人その1」というポジションだった新見律(伊藤健太郎)にスポットを当て、トワのいとこである麻倉小雨 (恒松祐里)との恋模様を描いてて、結構面白かったんですよね。それでこの作品自体も期待してました。残念ながら映画には恒松祐里さん自体が出ないし今から考えるとドラマはあくまでスピンオフって感じなのですが、同級生とか共通なので、すでに知ってる世界観でよりすんなり映画に入り込むことが出来ました。それにそれだけ主人公の恋に集中してるってことでもありますし。

予告の印象だともっと小池徹平扮する先生との三角関係が出てくるかと思ってたんですけど、どちらかというと一方通行。「主人公トワ→ヒロイン・ミソノ→先生」という順番。映画の後半でその理由が明らかになるのですが、そもそもミソノは人と深く付き合うことを過度に避けているため、好きとか嫌いとかとは別の部分でトワの告白を拒絶してるような印象。それでも諦めずに頑張るし、ちょいちょいドジっちゃうところがコミカルで笑えますし、ほとんどの女子からモテモテなのに唯一の例外がいて調子狂うっていうベタな設定でも主人公がいい奴なので新鮮に見えますした。

自身もバイト、母親も仕事でミソノ一人きりだと知れば一緒にご飯を食べるし、しかも隣に引っ越してきちゃう(ここ、イケメンじゃなければ相当アブナイ案件ですがフィクションなので(笑)) 極め付けはお金が理由で修学旅行にいけないと知るとバイトを開始してお金を作るっていうね。まだ付き合ってないんですよ、二人は。健気っていうか性格までイケメンでほんとカッコ良かったです。借金取り役の荒川良々さんに「いい彼氏もったな、あいつ根性あるよ」って言われるシーングッときました。(何のために頑張ってるか気づかれないまま終わらなくてほんと良かった。)

もう一個良かったのは、先生がこれまたいい人だったこと。変に生徒に気をもたせるとかじゃなく、一貫して「大人な対応」してたんですよね。修学旅行も彼なりに解決してくれたし、ミソノだけじゃなく、トワに対してもいいアドバイスしてくれてた。あれ好きになっちゃう気持ちわかりますよ。だから中盤で一度は「俺にしとけよ」って言ったトワも、ラスト近辺ではきっちり彼女の気持ちを優先した行動がとれたんだと思う。たいてい取り合いをして険悪なムードになりがちなんですどね、お互いがヒロインのためを思って動いてるっていうのは嫌な気持ちにならず良かったです。

ただその最後のあれは「病人に……」って少し気になっちゃったりもしました(笑)けど、あそこはがむしゃらに自分のできることを精一杯やってるっていう姿を象徴してるとこでもあるんで、同時にカッコよくも映ったり。まあこの映画自体がその要素をこれでもかって盛り込んでる作品ですからね。あそこまで好きになって、一生懸命になってくれたら嬉しくてしょうがないと思うし、ミソノだって先生に憧れてたのもそうだし、同時にトワのことも好きだったはずですよ。「ご飯、一緒に食べるんでしょ」あたりからだいぶ心が揺れてた。そういう意味では最序盤とのギャップがより笑えますね。

ここ最近のドラマ見てても割と年上相手に精一杯頑張るみたいなちょっとコミカル入った役柄が似合ってる印象のある中川くんですが、この映画だと従来の正統派イケメン要素と、そっちの要素両方見れてなんか面白かったです。出番こそ少なかったですが、友達3人もほんと性格いいんだなぁってのを実感できましたし、相変わらず伊藤健太郎くんカッコ良かった。

WOWOWにて録画、視聴。早朝でしたが2/14日(昨日)に放送されました。そういえば劇中ではバレンタイン出てこなかったかも。


映画『覚悟はいいかそこの女子。』
(2019-05-15)
売り上げランキング: 84,403


ドラマ第1話はこちら

この記事へのコメント