映画 賭ケグルイ 絶体絶命ロシアンルーレット / ギャンブルに興じる高校生たちを描く人気コミックの劇場版第2作。かつて学園を追われた危険人物が戻り、夢子たちに危機が迫る。完全オリジナルストーリー。

game_tramp_card_woman.png
ドラマ、映画、そしてスピンオフのドラマと実写化されてきた、河本ほむら、尚村透『賭ケグルイ』の劇場版2作目。ギャンブルが推奨され、弱いものはその立場も危うくなってしまう高校を舞台に、圧倒的実力を誇るヒロインと仲間達にふりかかる騒動を描く。前回に続いて原作とは違う完全オリジナルストーリーが展開。
平穏が戻ったかに見える百花王学園だが、その実力で窮地を切り抜けていく蛇喰夢子という存在は他の生徒にも影響を与え、本来は絶対的な立場であるはずの生徒会メンバーたちは焦っていた。そこでその凶暴さから学園を追われていた最強のギャンブラー・視鬼神を呼び寄せ、彼は皇や早乙女といった夢子の仲間をも陥れていく……。
浜辺美波、高杉真宙、松田るか、矢本悠馬、森川葵といったレギュラーメンバーに加え、視鬼神役に藤井流星、ドラマとは別の役で中川大志ら共演。
あらすじ
生徒代表指名選挙が終わり、平穏が戻ったかにみえる私立百花王学園だが、生徒会は蛇喰夢子(浜辺美波)の圧倒的な存在感を恐れていた。一方、生徒会への上納金を払えない“家畜”たちは、生徒会役員に公式戦ギャンブルを挑んでいた。学園に不穏なムードが漂う中、かつて生徒会長の桃喰綺羅莉(池田エライザ)に学園を追われた最強のギャンブラー・視鬼神真玄(藤井流星)がやって来る。(シネマ・トゥデイより)


冒頭で触れているように今回も原作にはないストーリーが展開してくので全く知らない物語、新キャラにワクワクしたんですが、想像以上に凶暴な男で、正直なところ「賭ケグルイ」のテイストを超えているのではないか、って思っちゃう部分もありました。
タイトルのロシアンルーレットもそうですが、基本的にほとんどの勝負が命がかかってるのでマジで怖いし、一方で「主人公死んだら漫画終わっちゃうからそれはないしな」って冷めた感覚もあったりして。
そもそも、望み通りの行動をしなければ自分や誰かに危害が加わるってのはギャンブルとは違うんですよね。銃をつきつけられて金を出せって言われてるのと何も変わらない。それだけシキガミがヤバいやつってことで、学園を追われたのも納得だし、「そういう男に頼らざるを得ないほど生徒会は焦っている」と納得することはできますけどね。個人的には好きになれない悪役でした。

なんて気になった部分を先に書いてしまってみても、やはりギャンブル勝負の面白さは健在で、特にテキサスホールデムルールのポーカーは設定も相まってハラハラしましたね。余談ですが僕最近「ジャッジアイズ」というゲームをやってまして、そちらのミニゲームとして遊んだばっかりなので妙に嬉しかったし、またやりたくなりました。手札以外が公開されてるからこそ、相手の手を予測するっていう単純なポーカーとは別の要素が入ってくるから面白いんですよね。絞り込めればある程度わかってくる。ただの演技力だけじゃないから面白い。この映画ではどの役で上がるかによって「あること」が起きるので、当然夢子はそれを意識しながら戦うでしょうし、「どういう結果になる??」って予想しながら見るのが楽しかったです。

その直接対決になる前、早乙女の勝負も見応えあって、合成映像かもしれないけどカップの中に手際よくサイコロを入れていく動きとか手練れギャンブラーっぽくてカッコよかったです。アマプラ「賭ケグルイ双」という彼女のスピンオフも見てるのでますます思い入れ強くなったんですよね。素直じゃないところとか、もともと好きなキャラですけど、変顔意外にもキャスティング森川さんでよかった。ただ今回の映画では散々な目に遭っちゃうので、可愛そう。でも最終版で活躍しますのでお楽しみに。まあほとんどの人が何が起きるか予想できると思いますがw
彼女関連のエピソードとして、ドラマ版で豆田を演じてた中川大志くんが別のキャラとして登場。アフロ姿で特徴的な喋りの「出オチ」キャラで出てます。シリアスなムードが多いから和ませ枠なのか、な……。

これだけシリーズが続いてくと生徒会の面々とかしっかり世界観ができてるところも魅力の一つですよね。セリフそれ自体は少ないけど、これまで追ってきた人ならこの人はこういうキャラクター、というのがわかってるからいい。でもまあ一つ間違えば死という点で相性がいいのか、特に妄が
フューチャーされてましたけど、この変態黙らせてくれって感じでこれまたギャグ的な扱いされてる気もしました。その点エライザさん演じる生徒会長は動じないって意味で夢子同様に普通じゃないってオーラがすごくて、劇中の「セクシー」って表現も同意。拳銃向けられててあの冷静さはヤバいでしょ。

ロシアンルーレットはシキガミ、妄、会長、清華(中村ゆりか)、夢子、鈴井という6人で3つどもえの戦いが繰り広げられますが、「BANG」カードが出るまでは誰が誰を打つかわからないのに加え、撃たれて死ななければボーナスという、【ギャンブルとして勝つなら積極的に撃たれにいく】って設定が面白かったですね。すでに触れた通りメインキャラは死なないなってわかっちゃってるので、鈴井くん他がワーワー騒いでててもこっちはそんなに緊迫感はないんですけど、「どうやって勝つのか」としては十分見応えありましたし、参加者同士の関係性、掛け合いが良かった。
お馴染みの「賭ケグルイましょう」って演出もありますし、あの人が負けた時の反応が……。サブタイに出るくらいメインのギャンブルなので、ぜひお楽しみに。

そうだ、ちょい役でコスプレイヤーの伊織もえさんが出てたり、拳銃の流れ弾に当たって田中圭さんが速攻で退場したりと細かい見所もいくつかありました。そして「家畜の呪い」の真相とか。予告で使われてますけど深刻な悩みかと思ったら「体育祭が嫌だ」ってくだりなど、シリアスの中にそういうのも少し入ってる。

映画ラストに原作のあの例の人々が後ろ姿だけお目見えしてるので、映画なのかドラマなのか、実写シリーズが続けば次はそちらが描かれることになりそう。アマプラでスピンオフもやったし、最悪そういう形もありですよね。
今回こんなに早く見放題になったのも、スピンオフの縁があったからでしょうし。

駆け引きとか心理戦、みたいなのを期待すると今回の敵は違うな、って思うものの、最後に勝利するのは誰なのか、どのような方法で勝つのかって予測しながら見ていく面白さは健在ですので賭ケグルイが好きな人も、今まで見てないって人にもおすすめ。
劇中でも注意が出ますが、賭博は違法なので、こういうフィクションの中で、あるいはゲームで楽しみましょう。

Amazonプライムビデオで視聴。9/1より配信中。

映画 賭ケグルイ 絶体絶命ロシアンルーレット




なんとまだ映像ソフトは発売前です。

映画 賭ケグルイ 絶体絶命ロシアンルーレット Blu-ray(2枚組)(初回生産限定:特製トランプ付)



この記事へのコメント