インサイド・ヘッド / もし頭の中にヨロコビ、カナシミと言った感情を司どるキャラクターが住んでいたら。11歳の女の子ライリーは、親の仕事の都合で引っ越すことになるが、初日からうまくいかず……。ディズニー&ピクサーが送るCGアニメ。

glass_ball5_yellow.png

『モンスターズ・インク』『カールじいさんの空飛ぶ家』のピート・ドクターがメガホンをとった、2015年製作のディズニー&ピクサーによるCGアニメ。頭の中にヨロコビ、カナシミ、イカリ、ビリビリ、ムカムカという5つの感情を司どるキャラクターが住んでいて、それを覗くことができたらなら。親の仕事の都合で都会へと引っ越してきた少女ライリーは離れた寂しさや戸惑いの中で学校初日からうまくいかずにいたが、脳内キャラたちは彼女の幸せになるべく行動を起こそうとする。しかし思いも寄らない結果になり……。
日本語吹き替えに竹内結子、大竹しのぶ、佐藤二朗ら豪華共演も話題。

あらすじ
田舎町に暮らす11歳の女の子ライリーは、父親の仕事の影響で都会のサンフランシスコに移り住むことになる。新しい生活に慣れようとするライリーの頭の中では、ヨロコビ、カナシミ、イカリ、ビビリ、ムカムカたちが、ライリーの幸せのためという強い気持ちが原因で衝突していて……。(シネマ・トゥデイより)


かなり前に金曜ロードショーでも放送されましたし、5年前の作品なので今更という気もするんですが、その録画したテレビが故障してしまったためなかなか見ることができず、今回「ディズニー+」でようやく視聴できました。

古くから天使と悪魔だとか、脳内会議みたいな描写ってのは割とポピュラーだったのでこれもどうお話を広げるんだと感じてたのですが、見始めてびっくり、他にもいろんな要素を詰め込んで、それを子供でも楽しめるように映像化してたんですね。これは面白い。

まず第一に、大切な思い出、というのが感情と密接に関連していて、ボールという形で描かれてるのがうまいと思いました。まあ普通に考えれば分かることですが、その多くが「嬉しい記憶」つまりすべてヨロコビ関連の黄色いカラーなんですよね。だからこそなのか司令室ではリーダー的な存在だと自覚してて、他の感情にいろいろ意見してる。一方でカナシミは本人(?)自体もすごくネガティブなキャラクターだし、おどおどしてて真逆のタイプ。映画ではこの二人にスポットが当たるわけですが、ヨロコビがいばり散らしてそれに対してカナシミが謝る、的なシーンが特に序盤は多々あって、見ていて若干イライラするレベルでした(笑)。大竹まことさんがこれまたピッタリでほんとナイスキャスティングでしたよ。

カナシミが触れてしまうことで大切な思い出が悲しみの青い色に変化してしまい、阻止しようとしたヨロコビ共々司令室から記憶を整理する場所へ飛んでいってしまいます。ここから二人の脳内の冒険が始まるわけなんですが、ライリーにとって大切な思い出がそれぞれのエリアになっていたり、後半活躍する「理想の彼氏像」、さらに幼い頃の脳内友達ビンボンなどなど、前述の通り脳のいろんな部分が遊園地さながらに映像化されててとてもワクワクしました。掃除機を持った作業員が「この記憶はいらないな」と長期記憶の棚からボールをどんどん吸って捨ててしまうのとか面白かった。「歴代大統領はリンカーン残してあとはいらない」とか、学校の勉強で覚えたはずなのに思い出せないのはこういうカラクリなのね、とか。逆に突然曲が頭に流れ出して止まらない、ってのを「司令室に逆輸入」ってスタイルで表現してたのも良かった。延々とループして離れないCMソングってありますよね。

言われてみればそれも記憶に関係あるのか、ってことで意外だったのは夢のシーンもあったこと。ちゃんと脚本と演者がいて、ドラマ作るみたいにやってて笑いました。ヨロコビとカナシミが乱入した結果、けっこう怖い夢になっちゃったのも若干ブラックジョークでニヤニヤしましたが、ファンシーな絵柄とはいえあれ子供とか地味にグロ注意じゃないかな……。

ビンボンも最初こそ怪しい気がしたり邪魔してたようにも見えましたが、他のディズニー作品でもよくある空想の力関連で最後すごい活躍してくれて、なんかジーンときちゃった。成長する中で卒業するんだけど、かけがえのない存在だっただなって。自分が小さい時何で遊んでたかな、何が好きだったかなって考えさせられましたよ。

そうそう、これ大人の方がいろいろ見えるというか考えられると思います。最終的な物語のラストは、「カナシミという感情だって」というまあ割と王道の方向へいくわけですけど、ボールの色を見てめちゃちゃくちゃジーンときちゃいました。
普段自分はどういう風に意思決定してるのか、どう感情表現してるのかってふと立ち止まって考えました。ある意味「ポジティブ思考こそが最良なのか?」などの問いにも関わってくると思いますけど、泣きたいときは泣き、笑い時笑う。思いっきり感情を出すことが何よりも健康で幸せなことなんだろうなって思いました。

脳内司令室はもちろん誰の頭にもあるってのは本編でもパパやママので登場させてわかってましたが(一人ひとりの顔が面白い)、スタッフロール中に色んな人のが見れて笑えました。猫にまであるのがなんともw しかもライリーの司令室にできた新しいボタン。ああ、なるほど11歳だからね、と思うと共に「これからまた大変だけど、この5人が協力して解決してくんだな、その度に成長するんだな」って安心できたのが良かった。「引越し」という人生の中ではほんとに些細な出来事だけど、その瞬間の本人にとってはめっちゃ大きな意味があって、大混乱が起きる。だけど最後には絶対大丈夫。
それは僕らだってそうで、今この瞬間も僕の中の5人が頑張ってるんだよなって、大丈夫だよな、って希望をもらええた気がします。

一部シーンでピーマンとブロッコリーが訳し間違ってるシーン(吹き替え音声と、吹き替え用字幕で違う)があったのですが、なんと地域別で2パターンの用意してるようで、日本はピーマン嫌い、別の国だとブロッコリー嫌いって設定になってるようです。文字が出てくるシーンでは例によって全部日本語で表示されまてましたし、相変わらずすごい力入れてますよね。
映像の綺麗さについてはもうピクサーなんでいうまでもありません。特に雲の表現や虹が好きでした。

ディズニー+で吹き替え版で視聴。
録画してすぐに見なかった(別の映画を優先しちゃった)ということはもしかしたら当時の自分は他の作品ほどは期待してなかったのかも知れませんが(汗)、実際見てみたらとても感動しましたので未見の方は食わず嫌いせずにぜひぜひ。

原題「inside out」裏返し、ってのも見終わった後になるほどなーって沁みます。






この記事へのコメント