【Netflix映画】ホリデーオンリー: とりあえずボッチ回避法? / エマ・ロバーツ主演。恋人がいないために気まずい思いをしていたスローンは同じような境遇のジャクソンと「祝日限定のデート相手」という契約を結ぶ。当然二人は惹かれあっていき……。

shopping_mall_ekinaka.png
エマ・ロバーツ、ルーク・ブレイシー主演で送るNetflixのロマンティックコメディ。
恋人に裏切られシングルのスローンは、家族たちで集まるクリスマスで気まずい思いをしていた。同じく最悪の経験をしたジャクソンとショッピングモールで出会い、愚痴を言い合う。バレンタインに再会した二人は「祝日限定のデート相手」として契約を結び、普段は一才あわず、祝日だけ同伴者としてイベントを楽しむことに。そんな日々が続くうち、自分たちの気持ちに変化があることを感じ始め……。
フランシス・フィッシャー、クリスティン・チェノウェス、アレックス・モファットら共演。
あらすじ
スローン (エマ・ロバーツ) とジャクソン (ルーク・ブレイシー) は祝日が大嫌い。いつだって恋人がいないがために、家族のパーティーでも子供たちと同席で食事をしたり、気まずいデートに終わったり。そんな最悪のクリスマスに出会った2人は、翌年は祝日限定の恋人""ホリデート""として、一緒にお祭りを楽しむことを約束。祝日を嫌う2人は恋愛感情抜きで意気投合し、イベントごとに陽気でハチャメチャなどんちゃん騒ぎを繰り返す。ところが、大騒ぎの祝日を過ごすその年が終わろうとする頃、スローンとジャクソンは、自分たちの気持ちにある変化が起こっていることに気がついて...。(Youtube予告動画概要欄より)


すごい邦題ですが、原題はHolidate。dateがアメリカの口語で「デート相手」って意味もあるそうなんで、ホリデーと合わせた造語ですね。前述の通り祝日限定の恋人。日本でも「クリぼっち」なんて言葉があるように、周りがそういう雰囲気一色だったり、家族との集まりだったりで特定のパートナーがいないことがおかしいと感じさられてしまう。その居心地の悪さの対処法として、とりあえずの相手を確保しておく。あくまで契約してるだけだから変によく見せようとか気にしないで思ったことをバンバン言えるし、下世話な話題もつっ込んで聞けちゃう。祝日だけとはいえ、1年を通して過ごしていくうちに……。

ヒロインが劇中でララランドの名前を出したり、ロマコメ、ラブコメは大抵出会った時は「もう恋愛なんて無理」ってくっつかない理由を出すけど『最終的に結ばれるのはポスター見ればわかる』とまで言っちゃってて笑いましたけど、この映画も『最初はそんなつもりなかったけど気づいたら好きになってた』の王道パターンなんでね。人のこと言える立場じゃないっていう。でもこちらもそれを期待して見てるんで、最高です。

テーマがテーマなんで一年の色んなイベントを二人やスローンの家族、友人と過ごすので見てるだけでも楽しかったし、特にお堅そうな弟の奥さんがマリファナやっちゃう下りは面白かった。まあその後「指が吹っ飛ぶ」とかいうとんでも展開が待ってるんですけども。これはR指定なかったと思うんですが、寝たの寝ないの、アブノーマルな性行為だの割とアダルトな会話が出てくるのでその辺は配信作品ぽさありました。子供は見ないと思うけど一応ご注意を。失敗した、という意味合いでFワード言っちゃうし。

ラブコメあるあるも多数出てまして、お互い好きになっちゃったかも?ってのをそれぞれ相談してたり、別の相手とイチャイチャしたのを見せつけて「自分だけが本気になってるから諦めよう」ってすれ違うのものちにくるであろうハッピーエンドのためのフリってわかってるから安心して見れた。一夜を共にしてもなお本気で踏み出せなくてなかったことにしたがって、距離ができちゃう。例によって大団円で終わるために一回グッと下がるんですよね。このベタさが好き。

しかもスローンよりもよっぽど大人びてる姪っ子(?)が最後の最後で「今いかなきゃ後悔するよ」(これもラブコメあるある)という美味しい役回りで、そこから一気にエンディングに向かうところもとても良かった。ちょいちょい笑いを入れつつも、相手に本音をぶつけることができた。いつだってブレーキかけちゃってるのは自分なんですよね。踏み出すの大事。
二人が出会ったのもモールだったけど、最後もたくさんのお客さんに見守られながあらキスとハグで締めるっていうのも心憎い演出。

ちなみに後日談的な感じでそれぞれのキャラの様子がわかります。恋多きおばさんとか、まともだと思ってたスローンの見合い相手?のお医者さん。火力に御用心などなど、脇役たちもなかなかに個性的でそこも面白かったです。ジャクソンの仲間の黒人が黒ヒョウの着ぐるみ着て「ブラックパンサー」っていってたのも笑えました。

王道ロマンティックコメディが好きな方に特におすすめです。
吹き替えキャストは武田華さんと阪口周平さんでした。メタ的なこというとララランドのヒロインも武田さんていう。

ネットフリックスにて吹き替え版で視聴。


この記事へのコメント