her/世界でひとつの彼女 / 代筆ライターのセオドアは妻と別れ、悲しみにくれていたとき、人工知能OSサマンサと出会う。彼女と会話するうちにだんだんと心惹かれていき・・・。

her/世界でひとつの彼女 [Blu-ray]

人間と人工知能との恋愛を、「かいじゅうたちのいるところ」他の鬼才スパイク・ジョーンズ監督が描くSFファンタジー。長年連れ添った妻と別れた主人公セオドアは、人工知能OSサマンサ(iPhoneなどでいうSiriが常に話しかけてくれるイメージ)と会話を重ねるうち、彼女に惹かれ始める。
サマンサ役はオリジナルがスカーレットヨハンソン、日本語吹き替え版は林原めぐみが担当。
あらすじ
近未来のロサンゼルスで、セオドア(ホアキン・フェニックス)は相手に代わって思いのたけを手紙にしたためる代筆ライターをしていた。長きにわたり共に生活してきた妻キャサリン(ルーニー・マーラ)と別れ、悲嘆に暮れていた彼はある日、人工知能型OSサマンサ(スカーレット・ヨハンソン)と出会う。次第にセオドアは声だけで実態のない彼女の魅力のとりこになり……。(シネマ・トゥデイより)


設定だけ聞くと近未来をテーマにしたSF色の強い作品なのかなと思ったのですが、実際は中年男性のピュアな恋って感じで、ラブストーリーに、非現実、ファンタジーな要素が入ってるという印象でした。とはいえ人工知能OSといえばと前述した通りSiriのようなもので、大の大人がそれを相手に会話してしかも好きになっていくというのもなかなかシュールな画ですよね。ともすれば気持ち悪い、という感想まであると思いますが、あまり感じさせなかったのが映像の作り方の工夫なのかと思います。柔らかい光だったり、とにかく優しい雰囲気が流れていました。

セオドアは悲しみの中にあって、恋というよりも人間関係全般に積極的になれない状態になってた。そこにサマンサが優しく話しかけ、肯定し、踏み出す勇気をくれた。あとあと考えると生活の履歴とかのデータを元に、セオドアが喜びそうなことを選んで会話していたのかな、なんて無粋なことも頭をよぎりましたが、まあ彼女という存在が生活を豊かにしてくれたっていうのはすごくよくわかります。

しかしながら肉体を持たない彼女と、恋人のような関係になるとはどういうことか。結局のところただ会話するだけで発展はしないのではないかなんて予想していたのですが、サマンサが大胆で、予想外の提案をしてきたりして、だんだん映画の空気が変わってきます。途中までは「ありえるかもしれない」って感じでしたが、後半にかけて色々なことがわかっていくと、ただただ驚くばかり。

そこで改めて、人工知能と人間の恋であると同時に、人は、自分じゃない誰かとどういう関係を築いていくのか、何を期待し、求め、あるいは落胆するのかっていう誰にも当てはまることを描いてるのかなって思いました。人工知能だし、自分だけのサマンサだから、いつでも味方でいてくれるし、他の人のことなんて関係ない。そうやって関係性に甘えて、思い上がった言動をしていないだろうか。全く予想していなかった方向での結末でしたが、後味は悪くはありませんでした。

吹き替え版を普通にスピーカで視聴しましたが、セオドア同様にイヤホンとかで聞くとより臨場感を感じながら見れるんじゃないかなと思います。スカヨハも林原さんも、色気のある声でナイス配役だなと感じました。

Amazonビデオでプライム無料対象のようです。外れたり復活したりしてるのでご確認を。
her/世界でひとつの彼女 [Blu-ray]
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント (2015-07-08)
売り上げランキング: 25,142


her/世界でひとつの彼女(吹替版)
(2014-12-03)
売り上げランキング: 45,836


her/世界でひとつの彼女(字幕版)
(2014-12-03)
売り上げランキング: 23,582





この記事へのコメント

この記事へのトラックバック