グレタ GRETA / イザベル・ユペール&クロエ・グレース・モレッツ主演。地下鉄の忘れ物を届けたことで始まった持ち主との交流。少しずつ本性が見えはじめ……。その親切心があだになるサイコ・スリラー。

fashion_bag_sacoche.png
『クライング・ゲーム』他のニール・ジョーダンがメガホンをとり、暴走していく女性をイザベル・ユペールが怪演、彼女に捉えられてしまった被害者をクロエ・グレース・モレッツが演じた狂気のサイコスリラー。
地下鉄に置き忘れたバックを発見したウェイトレスのフランシスはその中身から持ち主を探し当て家まで届けにいく。その女性グレタはとても感じが良く、それぞれ家族との関係に問題を抱えていた二人はどんどん距離が近づいていくのだが、まるでストーカーのごとく連絡がくるようになり、さらには彼女の家で同じようなバッグがたくさんあることに気づく。職場にまで押しかけるようになり……。
マイカ・モンローら共演。
あらすじ
ニューヨークの高級レストランでウエイトレスをしているフランシス(クロエ・グレース・モレッツ)は、地下鉄に置き忘れられたバッグを発見する。持ち主で夫を亡くしたグレタ(イザベル・ユペール)の家まで届けたことをきっかけに、二人は互いの孤独を埋めるように親しくなっていく。ある日フランシスは、グレタの家の戸棚を開くと自分が届けたものと同じ届け主の名前入りのバッグが大量に並べられているのを目にする。(シネマ・トゥデイより)


予告動画作った人のセンスがすごい。僕自身もあまり詳しいあらすじ調べずに見たのでまさしくこういう印象で「あ〜お互い本当の母/娘との関係があれだから補うようにかけがえのない存在になっていくのね」ってほんわか系かなと思ってみていたら、サイコなのはタイトルになってるグレタ本人だったという。現実でも最初はすごく人当たりが良かったのに遠慮がなくなったら、だとか、豹変していくのは耳にすることもありますが、ここまでは正直怖すぎますよね。上記あらすじにある通り大量のバックを発見した時の「はじめからそのつもりでわざと落としてたのか!」ってわかった時の血の気のひく感じ。フランシスはまんまと罠にハマってしまったわけです。

距離を置こうとしたことで怒っちゃって、諦めてくれればいいのに逆に執拗に迫ってきて。もう普通に犯罪行為しまくり。楽しげに踊ってるシーンも単純に怖いんですが、よく見てください、足元には注射器が。どんな流れがあるか想像するだけでゾッとしますよね。序盤の方の「工事やってるみたいでうるさいの」の本当の意味も見えてきて、絶望です。

一縷の望みもあって、スティーヴン・レイ扮する探偵さん。フランシスカが手遅れになる前になんとかグレタたちの居場所を突き止められるかどうかっていうハラハラがあるんですけど、なんで一人で向かうかな〜結果を予想できなくして面白くするためでしょうけど、行方不明者が出ててかなりやばい犯人なのに単身乗り込むから。ぶっ飛んでるグレタ相手じゃ何するかわかんないよ、やばいよ!殺されないでよ!って気が気じゃなかったです笑

順番が前後しますが、フランシスカ本人も探偵みたいなことしてグレタの真実を知っちゃうところも面白かったですね。娘さんの話。たまたまなんでしょうけど二人はほんと凸と凹のように、足りなかったというのか、飢えていたのというのかそういう部分が合ってしまったがゆえに余計に暴走していった。ピアノへの執着とか、どういう関係性だったのか見えてくるのが恐ろしい。

こういう作品だと割とバッドエンドもありうるんで、後味悪いまま終わってしまうのかと思いきや……。全体的に登場人物が少ないので、あと頼れるのはあの人だけなんだけど、という風に最後の予想はしやすいのですが、勝負がどう転ぶのか自体は最後まで目が離せなくてずっとスリルを感じられました。ずっとああしてきたグレタが、とちょっと皮肉めいたあれですけど、それこそ王道の「ん?」っていう描写でしめてくれるので、お見逃しなく。

まあ全体的にイザベル・ユペールさんの狂気はらんだ演技が光る作品なのは間違いなくて、どこか上品で憧れちゃうようなマダムだったのに一気に暴走して恐怖の対象になっていくのは主人公同様にびびらされて本当に面白かった。クロエちゃんはヒットガールという強い女性のイメージも強いのですが、知らず知らずに蜘蛛の巣にかかってしまった哀れな餌という感じでいい存在感でした。

アマプラのスターチャンネルにて吹き替え版を視聴。




この記事へのコメント