実写版 ダンボ / ディズニーの大ヒット・アニメをベースにティムバートン監督が実写化。サーカスで生まれた、耳が大きすぎる象ダンボ。みんなから笑われていたが、すごい能力を秘めていて……。

pink_elephant.png
1941年の大ヒットアニメ「ダンボ」をティムバートン監督が実写化。主演はコリン・ファレル。
サーカスに所属する象ジャンボが産んだ子供は生まれつき耳が大きく、そのことで普通じゃないと馬鹿にされていたがある日その耳を動かして宙に舞えることが発覚。一転して人気者になり、そのニュースは別の巨大サーカスを経営する男の耳にも入る。ずっとダンボの世話をしていたホルトとその子供ミリーとジョーは、お金を稼げば離れ離れになったジャンボと再開させられると考えたが……。
金の亡者の経営者にマイケル・キートンの他、エヴァ・グリーン、ダニー・デヴィート、ニコ・パーラーら共演。
日本語吹き替えに西島秀俊が参加。
あらすじ
サーカスで生まれた象のダンボは、耳が大き過ぎると笑われていた。だがサーカスの元スター、ホルト(コリン・ファレル)の娘ミリー(ニコ・パーカー)と息子のジョー(フィンリー・ホビンズ)は、家族の一員としてダンボと接していた。ある日ミリーとジョーは、偶然ダンボが空を飛べることを知る。そのことが、ほかのサーカスを経営するヴァンデヴァー(マイケル・キートン)の耳に入る。(シネマ・トゥデイより)


先日のライオンキングと同様、こちらも小さい頃アニメ映画を試聴しているんですが、ほとんど内容を忘れてしまっていて。ただこの映画自体もあくまでベースにして家族の物語によりスポットを当ててるらしいので、見たことあるという方にとっても新鮮な内容になってると思います。
そもそも象が耳を翼に空を飛ぶ、というファンタジーを実写でやるというのが結構思い切ってると思うんですが、そこはティムバートン、奇想天外でなんでもありのサーカスを舞台に、違和感なく見せてくれました。(アリスとかに比べてはちゃめちゃ色彩ってわけでもないので、見やすいです)

生まれてしばらくすると母親像と引き離されてしまい、ダンボはずっとその寂しさを抱えてる訳ですが、主人公となるホルト一家も母親がいないのでそこに共通点がありますし、生きていくためにサーカスの一員として振舞わなければ居場所がないという状況も同じです。ホルトは前は馬関連のスターだったのに負傷したのもあって望んでない仕事をやらされるようになってその苛立ちとかもある。かたやダンボも芸をしなければ母親同様に売られてしまうし。

興業という意味でも商売的な側面があるのは仕方のないことなんですけど、このダンボでは分かりやすく「金儲け」のための「見せ物」と認識しているキャラを悪役として登場しますし、その最たるものがヴァンデヴァーです。聞こえのいい言葉を使って優しくしてるように感じても、実際は銀行にお金を出してもらうために必死。ミリーやジョー、そしてダンボはそういう思惑に巻き込まれてしまうのです。

絶対失敗したら豹変してブチ切れるパターンじゃないかって予想できちゃうからこそ、ダンボが無事にショーを成功させて欲しいという思いになる一方で、そんなことのために空を飛ばないで、という複雑な感情で見てました。母親の声を聞いて脱走するのはスカッとしたものの、案の定、冷酷な指示がでちゃうし。見ててほんと胸糞悪くなりましたね。

でもそこからの展開が良かった。サーカスの仲間が一致団結し、それぞれの強みを生かしたのもそうですが、個人的にヴァンデヴァーの部下もこちら側についてくれたのが好き。良心をもった人間もいたんだ!的な。映画的に盛り上げる必要があるからですけど、結構すごいことになっていくのでびっくりしましたが、ホルトもカッコ良かったし、これまでの日々の中でダンボと姉弟にも絆ができていたって実感できる流れでグッときました。まあディズニーなんで悪者が最後成敗されるのは当たり前なんですけどね、そこまでが結構辛かった。

映像自体もダンボ含め動物はかなりリアルよりなんでファンタジー要素あると浮かないかなと不安だったんですが、耳で飛べる象もいるかもしれないって納得できるくらい自然な映像でした。やべ、あぶなーいってスリリングな映像からの客席の上を優雅に飛ぶ流れとかすごい気持ちよさそうだし、見応えがありました。

調べたらアニメ版はサーカスないのスターになるところで終わりなので、かなりアレンジというかプラスアルファしてストーリーが進んでいきますが、あのオチもアニメ版のその後として割とありなんじゃないかなと個人的には思います。ダンボ親子にとってもハッピーエンドだし、人間側もすごい幸せそうなんですごい爽やかでしたし。

個人的にはめちゃくちゃ泣きじゃくる、まではいきませんでしたが、親と子の絆、そして動物と人間という種を超えた信頼関係を分かりやすい悪悪と共にまとめてあって楽しめました。


WOWOWで字幕版録画、ののち、ディズニー+にて吹き替え版を試聴。





この記事へのコメント