騙し絵の牙 / 塩田武士による出版業界をめぐる騙し合いバトルを、作者本人が想定していた大泉洋主演で実写化。時代の流れによって大手出版社もピンチを迎える中、社内での二大派閥がそれぞれ動き出し……。

「盤上のアルファ」「罪の声」など映像化されてきた人気作家・塩田武士。彼が大泉洋を主人公に「あてがき」して作ったという小説を、実際に大泉主演で実写化したエンターテイメント。監督は『桐島、部活やめるってよ』などの吉田大八。
大手出版社である薫風社、その社長が休止し、次期社長をめぐって2大派閥の権力争いが勃発。改革に着手している専務のターゲットは歴史ある月刊誌「小説薫風」にまでのびていった。そんなとき、担当している新人編集者の高野は、別の雑誌「トリニティ」の変わり者編集長によって同じく窮地に陥り、なぜか彼の元で働くことに。今までにない雑誌を目指して動き出すのだが……。
松岡茉優、木村佳乃、佐藤浩一、國村隼、斎藤工、小林聡美、中村倫也ら共演。
あらすじ
大手出版社の薫風社で創業一族の社長が急死し、次期社長の座を巡って権力争いが勃発する。専務の東松(佐藤浩市)が断行する改革で雑誌が次々と廃刊の危機に陥り、変わり者の速水(大泉洋)が編集長を務めるお荷物雑誌「トリニティ」も例外ではなかった。くせ者ぞろいの上層部、作家、同僚たちの思惑が交錯する中、速水は新人編集者の高野(松岡茉優)を巻き込んで雑誌を存続させるための策を仕掛ける。(シネマ・トゥデイ)


大泉さんをあてがき(最初からイメージして書くこと)したというのは映画を見終わって調べてから知りました。おちゃらけていて何考えてるかわからない、でも実は水面下でものすごく計画して努力していて、といったキャラクターは確かに彼にピッタリでしたね。コント、とまではいかないですけど半分くらい「こいつふざけてるのか?」って印象を持つけど、突拍子もないことを本気でかつ全力でやる。何よりも彼自身が面白がって仕事していることが最終的には世の中に受け入れられて成功してる鍵なのかな、って思いました。

タイトルに「騙し」と入ってるので予想してたことですが、結構ひっくり返されてすごくエンターテイメントとして面白かった。一応主人公だしその大泉さん演じる変わり者編集長の立場が一番のメインなんだけど、新人の高野だったり、他の部下、大御所作家に敵対派閥などそれぞれの立場に共感できる作りになってて正直どちらも応援しちゃう。「多少エキセントリックでも売れりゃいいんだよ」というスタンスだし、専務があまりにも拝金主義だし、ってところがミソ。正統派でいこうとしてるあちらサイドの方が義理人情的には好きになるという、このバランスが見事でした。

そもそも「Amazon」と固有名詞出しつつ、ネット通販が主流になったことでの出版取次のピンチだったり、部数低迷なんていう結構リアルに感じられる要素をバンバン入れ込んだ上での権力争いを描くものだからとても入り込みやすいのがいいです。一方で新人高野の家が町の本屋さんで、生き残るための「お客さんを大事にする努力」とか出てくる。僕自身はもうほとんど電子書籍での購入が大部分になってしまったけど、そういう映像見せられると若干の居心地の悪さ、申し訳なさが込み上げますね。「本屋だと大きい方したくなるよね」なんていわゆる【青木まりこ現象】にまで言及してたのは笑った。

ユーモア要素もちょいちょいあって、失礼ながら國村隼さん演じる大御所作家時点でやや出オチ感あるんですよね。故人を偲んで歌い出すところで既にダメだった。あとは小林聡美さんの解説が好き。カメオ出演も豪華で作曲家、新垣さんや、女装パフォーマーのレディービアードさんなどなど。トリニティにとにかく話題を作ろうって流れで出てきます。一応メインは池田エライザさんのなんですけど、たしかに他で扱わないような特集する雑誌あったら一定数売れそうな気はしますよね。

新人高野の奮闘記という目線で見てもとても良かった。まあ、いくら原石を埋もれさせたくないとはいえ、最初の所属からいえば敵陣営となる速水のもとに行くのは「不義理」って感じはします。でもそこからの作家のためにはなんでもするんだ、とか、雲隠れ中の天才を探し出すんだ、っていう熱意と努力自体は文句なしに褒められるし、だからこそ届いたんだと思う。すべてが明らかになった時になんで速水があんな感じだったのかわかってそこもまた面白いんですけどね。隠れ場所を特定するシーンは『カノジョは嘘を愛しすぎてる』を彷彿とさせます。作家からしてもああいう熱血さで来られて悪い気はしないよね。それが最後の最後でああいう形で身を結ぶのはとてもスカッとするし、最後はやっぱり「人間だから感情が大事」って実感。

最終的に何が「牙」なのか明らかになった瞬間も気持ちよくて、「いろんな人の立場で描写する」ことで効果的になってるなと感じました。誰もが騙す方であり騙される方。予告でも悔しそうにしている速水が映ってますが、いったい何があったのか。やっぱりこのいうのってどうせなら思いっきり騙されたいじゃないですか。そういうことかよーって。小さいのも入れると何回もありましたよ。だからこそ面白かった。映画の宣伝で「最後に笑うのは」ってのはよく使われますが、今回のお話にはあってましたね。最後の最後まで気を抜かずにお楽しみください。

ある特定のキャラだけがその他大勢を出し抜くって単純さではないですし、どのキャラも「こういう人いるよな」って思わされて知らない世界でもどこか馴染みやすかった。わちゃわちゃしてるようでスッと入ってくるので、このレースの勝者は誰になるのかワクワクしながら見ることができました。他の映像作品もヒットしてる人気小説家なのでわかってたことですが、期待通りでした。


11月頭からWOWOWに加入して早速録画しまくってる中で最優先で見ましたが、11月末にNetflixで配信開始予定だそうなので会員の方はそちらもご検討ください。


この記事へのコメント