怪盗グルーのミニオン大脱走 / 人気CGアニメシリーズ第3弾。怪盗ブラットを取り逃がした事で反悪党同盟をクビになったグルーだったが、実は双子の兄弟がいることがわかる。一方ミニオンたちはなぜか刑務所へ。

怪盗グルーのミニオン大脱走(吹替版)


ミニオンたちのコミカルな一挙一動も面白さの一つである怪盗グルーシリーズ3作目。今や反悪党同盟に所属し、前回から登場した妻ルーシーと共に悪者を退治する立場になったグルーですが、怪盗ブラットを取り逃がしたことで同盟をクビになってしまう。意気消沈している所に、なんと彼には双子の兄弟ドルーがいることが判明。彼の元に会いに行くのだが、、、。
吹き替えキャストは、笑福亭鶴瓶(グルー)、中島美嘉(ルーシー)、芦田愛菜(三女)などキャスト続投の他、ブラットには松山ケンイチ、ドルーに生瀬勝久、ちょい役でいとうあさこらが演じる。
あらすじ
いろいろなガジェットを使い犯罪を繰り返すバルタザール・ブラットを逃したことで、反悪党同盟を追い出されてしまうグルー。意識消沈する中、生き別れになっていた双子の兄弟であるドルーの存在が判明する。対面を果たしたグルーは、豊かな金髪に輝く笑顔で父親からばく大な遺産を受け継いだ、自分とは違い過ぎるドルーに驚く。一方、グルーが悪の道に戻らないことがわかり彼と決別したミニオンたちは、新たなボスを探す中で思わぬ事態に……。(シネマトゥデイより)


オリジナル版はグルーもドルーもスティーヴ・カレルが一人二役で演じてましたが、吹き替えは前述の通り生瀬さんが担当。鶴瓶さんの関西弁に寄せています。というか双子の片方が髪の毛フサフサっていうネタは「グランどうリュージョン」シリーズを思い出してニヤッとしました。

今回もタイトルにミニオンついてるもののあくまで一要素で、もしかしたら3つの中では一番出番が少ないかも。大脱走という言葉やジャケットでわかる通り、なんと刑務所に入れらてしまうのですが、そこでの活躍っぷりは相変わらず可愛くて、彼らがどう脱走するのかぜひ見てもらいたいと思います。完全に刑務所内を仕切っているから笑っちゃう。映画でよく見るシーンが色々ありました。
あとは音楽オーディション番組ぽいところも実物。

そのほかの要素と言えば前作のヒロインルーシーが新しいママとして三姉妹との距離をどう縮めて行くか、ということや、父親から受け継いだ「怪盗としてのセンス」を善と悪のどちらに使うか、そして何より今回の敵、怪盗ブラットとのバトルなんかがありまして、それが1時間半の中でテンポよく進むのでほんと飽きないです。子供にうってつけ。

松ケンは意外にコミカルな演技が合うのでびっくりしてたんですが、今回もその辺りをいかんなく発揮していて「ボクちゃん悪い子ちゃん」の決め台詞とともに半ばふざけながらも色々な悪さして行く姿もなんだか楽しくなってきます。往年のヒットナンバーがよく掛かりますし。予告動画で出てる通り、グルー/ドルーの高性能スーツをはじめとして見方もスパイグッズが出てきますが、このブラッドの装備もなかなかロマンあるものが多くて、特に巨大ロボの装備はバカバカしいけどすごかったです。ちなみに声変わりで番組を打ち切りになった元「売れっこ子役」という経歴なのが妙にリアルでそこも笑いました。

当たり前ですがハッピーエンドなので安心してみれますし、今回も最後の最後にもう一捻りあって、ニヤリ。これまた続編作れるなぁって思いました。あるいはまたミニオンのスピンオフ第二弾もありかもですね。他の映画冒頭のシーン(制作会社のロゴ)でミニオン出たりするので、会社的には推したいキャラなんでしょうし。

余談ですがとある目的で姉妹が森を訪れるシーンで、一瞬だけ狐とウサギがたわむれる様子が出てきます。考え過ぎかもしれませんがディズニーのCGアニメ「ズートピア」のニックとジュディを思い出してなんだか和みました。

吹き替え版を視聴。
18年4月現在Amazonプライムビデオで無料対象になったとの情報を得たので速攻で見ました。これまでの作品を見てきた人は特にお勧めします。

怪盗グルーのミニオン大脱走 ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]
NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン (2017-12-06)
売り上げランキング: 223


動画はこちら
怪盗グルーのミニオン大脱走(吹替版)
(2017-11-22)
売り上げランキング: 1,988


怪盗グルーのミニオン大脱走 (字幕版)
(2017-10-14)
売り上げランキング: 854



この記事へのコメント