カウントダウン / 若者たちが興味本位でDLした、自分の死期がわかるアプリ。余命3時間という冗談みたいな表示が出た女性が、本当に死んでしまう。生存者が運ばれた病院の看護師もそれをDLして……。オカルトホラー。

『死霊館のシスター』などのマキシム・アレクサンドルが撮影を担当し、監督、脚本をジャスティン・デク。自分の余命がカウントダウンされるアプリを入れてしまった人々に襲いかかる恐怖を描く。エリザベス・レイル主演。
若者たちのパーティ中、「カウントダウン」という自分の余命が表示されるアプリを入れてみようということになる。みな年単位で出てくるが、その中の一人の女性だけは3時間という以上な短さ。半信半疑、それでも不安にかられてなるべく危険を避けるように帰宅するが、最終的に自宅で命を落とす。彼女を送る予定だったボーイフレンドも車で事故を起こし病院に運ばれるが、話を聞いたそこのスタッフたちもアプリをDLしてしまう。
ジョーダン・キャロウェイ、タリタ・ベイトマン、ティチーナ・アーノルド、P・J・バーンら共演。

あらすじ
パーティの最中に若者たちが自分の余命が分かるアプリを発見し、ダウンロードする。彼らが自分たちの余命の話題で盛り上がる中、コートニーのスマートフォンには余命3時間の通知が届く。不安を覚えた彼女は一人で帰宅するが、一緒に帰るはずだった恋人エヴァンは事故を起こし、看護師のクイン(エリザベス・ライル)が勤める病院に運び込まれる。(シネマ・トゥデイより)


IMDbで監督を検索すると2016年に同名の5分の映画もヒットするので、アイディアが目に留まってお金が出て長編映画化って流れなのかもしれません。たしかに寿命が出るアプリって話はすごく興味を惹かれます。

題材としてはスマホアプリですが、実際のところは「悪魔」という人知を超えた存在の力によって犠牲になっていくので細かい理屈とか考えず、登場人物と一緒になって怖がることに特化したタイプのホラー。得意ではないもののわかりやすくモンスターっぽいのが出てくるとなんか平気で見れちゃうんですよね。ゲームとかに慣れてるからかな。
ただ例によって急に出てくるとかの「驚かす系」の怖さもたくさんありますし、基本的にキャラが叫ぶシーンの連続なのであらかじめご注意を。U-NEXT、PCで視聴しましたが一部音が割れているような気さえしました。そのくらい怖いのはわかるんだけど、うるさいレベル(笑)

上記あらすじに出てくるコートニーはいわば「カウントダウンアプリは本物だ!」って説明するだけに犠牲になってしまうわけですが、ムードはとても良くて。何かが起きるんじゃないかの不気味さの中、疑心暗鬼になってひたすら不安要素を取り除いてくのはそれこそ「選択肢を間違えずに生き残れるか」のホラーゲームのようでした。例えば飲酒運転になるから彼氏の車には乗らない、とかね。でも最終的に自宅でやられてしまう。【規約違反】って理不尽すぎる。

そもそもどうやって余命を決めてるのかが謎でしたが、頑張って伸ばそうとするのがまずダメってことなんですよね。てことは短くでたらそこで諦めるしかない。劇中で少しずつ見えてきますが、アプリを入れた時点で契約みたいなのが完了しちゃってるので、乱暴にいうとそこで魂は悪魔のもの。「利用規約はよく読もう」「興味本位でアプリを入れるのは気をつけよう」って風刺にもなってる?まあそんなに硬い映画じゃないんですけどね。

メインキャラとなるのは生き残って病院に来たエヴァンと、そこの看護師のクイン。どっちかというとクインがメインかな。疎遠になっている家族の問題とか、同僚医師からのセクハラとかのエピソードが出てくるし。そして共通するのが自分の身近な人が亡くなっていて、そこに後悔があること。例によってそういう要素も悪魔に利用されてしまいます。幻覚まで使ってくる。自分のトラウマ刺激されたらきつよね。

デジタルと超常現象の融合な映画なので、サポートしてくれるのもスマホ屋さんと神父という異色な二人。相手がプログラムを利用するなら書き換えちゃってことで一時的に寿命を延ばせたかと思いきやあくまでその場しのぎ。結局はまた戻ってしまいます。このせいでスマホ屋さんにも不幸が降りかかることになろうとは。一方で神父も変わり者ながら知識があって勝てそうな気配あったんですけどね。この辺ちょっとギャグっぽさもありました。

最終的な勝利条件が「カウントダウンと現実の死を一致させない」ってことで、当たり前だけど必死で生き延びようと奮闘する彼ら。でもそれでもダメだったとしたら、って考えに行き着く流れは面白かったし、この流れのための「嫌なやつ」を登場させていたのかと納得。ただ「閉鎖病棟」はあまりにもお話の都合のためだけっぽくてちょっと笑っちゃいますけどね。序盤に出てきた瞬間に『最後はここで何かするんだね』って予想できちゃった。

犠牲者も出つつ、最後にはなんとかさわやかに終わってくれる一方、この世にアプリが存在する限り……という不穏なラスト。まあホラーなんでね。ツッコミどころはありつつも普通に怖かったし楽しめました。1時間半なのでサクッと見れますし。

U-NEXTにて吹き替え版で視聴。
22年7月現在、アマゾンプライムビデオでも吹き替え、字幕ともに見放題対象です。

B08KVNBBVP
カウントダウン [DVD]

動画はこちら
https://amzn.to/3R7bJLZ

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック