クロール -凶暴領域- / ハリケーンによる地下室への浸水。そこにワニが迷い込んで……。父の安否を確認しに実家へ戻った競泳選手の女子大学生はワニに支配された家に閉じ込められてしまう。傑作モンスターパニック。


animal_crocodile_wani.png

あのサム・ライミが制作を担当し、ピラニア3D』などのアレクサンドル・アジャがメガホンをとった傑作モンスターパニック。大型ハリケーンが襲来し、どんどん水位が上がっていく地下室の中で忍び寄ってきたワニと格闘することになる父、娘、そして犬。逃れるチャンスを次々に失いがながらも、時に反撃し生きようと必死にもがいていくが……。
主演は「メイズランナー」などのカヤ・スコデラーリオ、父役バリー・ペッパー。CGで製作されたとは思えないリアルなワニの凶暴さにも注目。
あらすじ
競泳選手の大学生ヘイリー(カヤ・スコデラーリオ)は、巨大ハリケーンの後、父(バリー・ペッパー)と連絡が取れないと聞いてフロリダの実家に戻る。地下で大けがを負い気絶していた父を発見した彼女は、突如何者かによって地下室の奥に引きずり込まれ、右足を負傷してしまう。家の中はどう猛なワニたちに支配されていた。 (シネマ・トゥデイ)


まずタイトルがすごいですよね。CRAWLって僕らがよく知る一番基本的な泳法のクロール(主に自由形で泳ぐ奴)と、(ワニなどが)這い回るって意味でもある。映画は水泳の勝負のシーンから映画ははじまるんですけど、誰もが予感した通り主人公が競泳選手ってところも随所で生かされましてね。うまいタイトルだなぁと。

基本的にラスト数分まで安心できない、モンスターパニックとしてはこの上ないハラハラ感でめちゃくちゃ面白かった。特に主人公側が2人(と一匹)と少なく、やられたらそこで映画終了なわけで。その分周りの人々が犠牲になってしまいます。その様子を端から見せられるという恐怖という演出をしてたのも良かった。「自分もああなってしまう危険」というのがリアルに伝わってくるんですよ。流石にそこまで血は流れてきませんが、地下室どころかどんどん水位は上がって道も冠水してくので「水が繋がってる」と言えばいいのか。、大きな水槽の中で怪物と一緒に人間というエサがあり、一人、また一人とやられていくというカウントダウン。例によって「うしろ!うしろ!」と教えたくなるし、「どうしてそっちいくのよ」っていうツッコミ入れたくなる行動とっちゃうのは犠牲者あるあるでむしろ笑えそうなくらいでした。可哀想なんですけど、あくまでメインはヘイリーたちなので……。

他の人に助けを求めて、気づいてもらえた、協力して逃げられるかも!って安堵した次の瞬間にパクリ、みたいなね。その繰り返しは心が折れますよ。しかも一回噛まれて終わりだったらまだしも、なんかコンビニのかべに叩きつけたりするし、ワニが複数いるし。さっきは這うって書きましたけど、獲物を見つけた瞬間にめっちゃ早く動くところがキモ怖でしたね。TVゲームでもワニはモンスターとして出てきますが、硬い鱗で地味に手強いし、俊敏でガブガブやられますし、他の作品でもその恐怖は知ってたつもりでしたが、すぐ近くに潜伏して文字通り「対峙している」というのは想像以上の恐怖でしたし、ヘイリーたちの心細さたるや。映画だとそこまで描写されなかったですけど、あんな長い時間水に浸かってたらそれだけで体力使うしどうにかなっちゃうと思います。

ずっと家の中で戦うのかな、と予想してたので、外に出たのは意外。まあ結局元に戻ってくるわけですが、ワニに追いつかれずに目的地まで泳げるか、というのは他の作品でもあるものの見せ方がうまくてとても良かった。ここ以外にもワニ目線のカメラワークが多々あって、バタ足してるのがすぐそこまで見える、ガブリといっちゃうか??別にワニを応援はしないですけども、そっちにも感情移入したりしちゃったりして。実際結構なダメージは与えられてるんですよね。ケイシーなんて腕丸ごと口の中に入っちゃったし。あの武器がなかったら絶体絶命でした。でもヘイリーは主人公補整もあってめちゃくちゃ強くて、特に予告動画ラストのバスルームでのバトルとか知能戦もできるし、今触れた水泳勝負も「最強捕食者なめんな!」ってセリフも相まって超カッコ良かったです。

単純にワニとのバトルだけではなくて、彼女の競泳との関係や、いつの間にかできてしまった父親との距離との問題も描写してるところが良かった。絶対に生き残ってやるんだって思ってく中で、自分がどんな気持ちだったのか、なぜ今ブランクに陥ってるかを見つめ直すきっかけになってる。この難局を乗り切ったら、ひとまわりも二回りも強くなってるパターンですよね。演じてる女優さんはメイズランナーとかのカヤ・スコデラーリオさんですが、序盤こそ落ち込んでたもののだんだん強い意思が目に出てて、すごくぴったりだったと思います。

そうそう、忘れちゃいけないのが犬のシュガーね。脚本家さんなのか監督なのか絶対犬好きだろって思いました。色んなところでナイスな働きしますし、そもそもこの状況で(ネタバレで申し訳ないのですが)最後まで生き残ってるのが凄すぎる。最初の方の車でヘイリーと会話(?)してるところから可愛かったのですが、ここまで出番があったとは。そこも個人的に満足ポイント。

こう書いちゃうと結末言ってしまったようなものですが、冒頭で触れた通り最後の最後まで緊迫感は続くのでめちゃくちゃ見応えありましたし、強すぎるとは言え一応一人の人間としてワニと立ち向かってる姿が良かったです。最終的に物をいうのはやっぱり強い意志だなぁって。諦めちゃいけない。心折れちゃいけない。サスペンスとしても、ヒロインの成長譚としても面白かったです。

アマゾンプライムビデオにて吹き替え版で視聴。2020年8月現在会員は無料対象です。



この記事へのコメント