ビリギャル / 有村架純主演。偏差値を40あげ現役で慶應に合格した高校生の実話を映画化。原作本の著者で塾講師を伊藤淳史、母親役に吉田羊。

映画 ビリギャル Blu-ray プレミアム・エディション

塾講師の坪田信貴による書籍「学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話」を有村架純主演で実写化した感動作。監督は「ハナミズキ」などの土井裕泰。
本のタイトル通り、派手な格好をし学校へ行っても友達と喋ってばかりであまり授業を受けてなかった一人の女子高校生が、塾に通うことになり、そこで出会った一人の講師、そして母親のサポートによって勉強を頑張り、最終的に慶應に合格する物語。
あらすじ
名古屋の女子高に通うお気楽女子高生のさやか(有村架純)は全く勉強せず、毎日友人たちと遊んで暮らしていた。今の状態では大学への内部進学すらままならないと案じた母は、さやかに塾に通うよう言いつける。彼女は金髪パーマにピアス、厚化粧にミニスカートのへそ出しルックで渋々入塾面接に行き、教師の坪田と出会う。(シネマトゥデイより)


小説のタイトルの時点で合格するのがわかっていて、約束されたハッピーエンドに向かっていくのでそこは安心して観れるわけですが、じゃあこの映画の魅力は何かと言うと、「自分も夢に向かって頑張ろう」って思えるところなんですよね。

序盤こそ、主人公さやかがいかに勉強してこなかったのか、一昔前にクイズ番組で流行った「おバカ回答」的なやりとりが結構ありまして、正直"誇張してるんでは?"なんて思いも浮かびます。もっと言えば、そもそもこの本が話題になってから、実はもともと主人公さやかが通う高校は結構偏差値の高い学校であり、そこでたまたま遊んでしまっただけで(同じ付属中学からそのまま進学しているのですが、そこに入れる時点でかなりのもの)実はそんなにバカではないのではって言う意見もあるみたいです。
しかし中盤にかけて、さやかが友達と遊ぶ時さえ参考書を読むようになったり、一生懸命努力していく姿が見えていくと、そう言う部分は全く気にならなくなり、頑張る姿にただただ感動してしまいますし、前述の通り観ているこっちが鼓舞されます。

伊藤淳史扮する塾講師も、ある意味この映画の主人公の一人で、さやかのおバカ回答にも笑ってツッコミ入れつつも、本気でバカにするわけじゃなく、どうしたら頑張れるか、やる気になるかって言うのを考えて接しているのがひしひしと伝わってきて、これまたジーンときます。共通の話題を振って楽しんでもらえるように、他の生徒たちの好きなことを一生懸命勉強して。「先生も遅くまで起きて頑張ってるんだね」って劇中のセリフがある通り、それが生徒自身にもちゃんと伝わってる。この塾の雰囲気の良さは観ててあったかい気持ちになりました。

それともう一人忘れちゃいけないのがお母さん(あーちゃん)小さい頃からいついかなる時も娘のことを信じ、尊重してる彼女は本当にすごくて、文字通りの全力で応援していて、親目線でも泣ける映画だと思いました。塾の時間を増やすためにお金作ったりとかもグッときましたが、「このお金の重さ、わかるよね」って娘に言っちゃうのはびっくりしました。余計プレッッシャーになるのでは?

主人公を支えるその二人と対照的に書かれていたのが、学校の教師と父親。それぞれ「大それた夢」と鼻で笑うようなタイプなんですが、父親に関しては終盤にかけてフォローがあったのでまあなんとかなった感じ。さやかの弟に対し、「信じて応援する、のではなく、期待の重圧と夢の押し付け」っていう、紙一重で間違っちゃった的な。いつも怒鳴ってたので出てくるシーンで毎回イライラして田中哲司さんのイメージが悪くなりかけました笑

最初に書いた通り、合格するって言うのは間違いなくわかっているのですが、わかっていても試験シーンや発表の時はドキドキしました。しかもちょっと意外なことが起きたし。
昨年末に地上波でも放送されましたが、Amazonプライムでも無料対象だったのでそちらで視聴。先日まで放送されていた「下克上受験」と前後して視聴したので、自分の受験時代とかも思い出しつつ、どちらも感動的でした。

映画 ビリギャル DVD スタンダード・エディション
東宝 (2015-11-18)
売り上げランキング: 4,191


映画 ビリギャル Blu-ray プレミアム・エディション
東宝 (2015-11-18)
売り上げランキング: 11,608


動画はこちら
映画「ビリギャル」【TBSオンデマンド】
(2015-11-12)
売り上げランキング: 5,077


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック