ニンジャ バットマン / バットマやジョーカーらが丸ごと戦国時代の日本にタイムスリップ。現代の装備も尽きた中、現地の忍び達と協力しヴィランのヴィラン達の野望を打ち砕き歴史を正しい姿にしようと大奮闘。アメコミヒーローとニンジャが起こす破茶滅茶化学反応!?

ninja_bad_dog.png
スーパーマンと並びDCコミックのヒーローとしては知名度トップレベルな「バットマン」が、戦国時代の日本にタイムスリップ。アフロサムライの岡崎能士がキャラクターデザイン、監督は水﨑淳平が担当し、映像は彼が率いる神風動画が担当。PSYCHO-PASS サイコパス』の菅野祐悟が音楽を手がけ、脚本は中島かずき(劇団☆新感線)と、日本が誇るクリエーター陣が集結。なのに海外がイメージする日本的なケレン味も含む、絶妙な世界観が完成。山寺宏一、高木渉をはじめとしたベテラン声優陣豪華共演。
バットマンの敵(ヴィラン)であるゴリラ・グロッドの策略により、バットマンらヒーローチームと、ジョーカーをはじめとするヴィランズが丸ごと戦国時代の日本にタイムスリップ。転送タイミングがずれたため、バットマンが現地に飛んだ時にはヴィランは戦国大名の地位に成り代わり、領地そして城を確保している状態だった。歴史を正しいものに修正し、現代に帰ろうと奮闘するバッツだったが……。
あらすじ
悪党たちが現代のゴッサムシティからタイムスリップして、戦乱が続く戦国時代の日本にやって来る。たちまち戦国大名の座に就いた凶悪な彼らが思うままに国を荒らし回ると、日本はおろか世界の歴史が変わってしまう危険があった。現在の最新技術からかけ離れた乱世で、ヒーローは悪党たちの暴挙を止めようとするが……。(シネマ・トゥデイより)


上記予告動画ではありがたいことにいい感じに濁してくれてるのですが、物語が終盤に向かうにつれて「なんじゃこりゃ」って目がキラキラしちゃうような、日本男児的に胸おどる要素が出ててびっくり&大迫力なわけですが、基本的には人間VS人間のバトルを結構な尺で描いててくれてて、とても楽しめました。

数々の映画でも散々登場しているし一番馴染みがあるであろうジョーカーがやはり一番のメインなので主人公バットマンとの戦いも複数回ありますし、ちゃーんとジョーカーらしい戦い方(人を騙したり、半分おちょくるような武器)してくれて面白かった。つい最近友人の勧めでPS3で発売されたゲームシリーズ(のPS4リマスター版)を購入して遊んでるので、こういう感じだよなーってすごいワクワクしました。それに加えてハーレイクインとキャットウーマンもライバル的に描かれていますからね。他の面々に比べるとかなり現代よりのデザインなのですが、魅力的だったから気になりません。一方で男連中はアメコミの良さと甲冑の格好良さをミックスしたような衣装なのですごく好きでしたね。前半戦はバッツにありがちな「持ってる装備全投入で絶対にヴィラン達倒すぞ」って流れなのでバットモービルやガジェット類バンバン見れてワクワクしますし、後半は現地の忍びの力を借りてより「ニンジャ」っぽい衣装、装備になるのでそこもまたカッコよくて、どっちも楽しめてお得でした。

それ以外もペンギン、トゥーフェイス、デスストローク、ポインズンアイビー、ゴリラグロッドとお馴染みのヴィランが登場しますし、各地で彼らの特徴を生かした城を建設してるのとか面白かったです。グロッドに関してはフラッシュのドラマなどで散々出てきてたので、すんなり受け入れられましたけど、知らない人にとっては「しゃべるゴリラ」って結構インパクトあっったと思います笑 そうそう、この映画「猿」も「コウモリ」についで結構重要な動物なので、前述の終盤あたりのびっくり展開お楽しみに。

大まかなストーリー自体はおおよそ予想してた通りと言いますか、各ヴィランにはそれぞれバットマンの仲間達の見せ場を作りつつ展開し、一度は心が折れそうになるも知恵と仲間の絆で立ち上がり、ラスボスであるジョーカーを今度こそ本当に打ち負かす、という展開。そこに日本ならではの要素が入ってくるので面白かったですけどね。冒頭でも触れましたが、ワザとなんでしょうけど妙に「海外が思い描く日本」も微妙に絡めているというかケレン味があってニヤッとしちゃうんですよね。ジョーカー達のカタコトな日本語とか、ことわざ引用する流れとか。だから海外クリエーターの作品とか騙せそうだなって思いました。

他のアニメ映画でも書いたことがありますが、これもアニメだからこそできるカメラワーク、見せ方が結構あって、バトルシーンの見応えはかなり素晴らしかったので、そこも期待して見て欲しいと思います。まあかっこいいチャンバラって時点でめちゃくちゃ燃えるんですけど、そこに軽口を叩くジョーカーと、挑発に乗らずに応戦していくバットマンという構図なのでさらに見入っちゃうという。銃どころか大砲とかもバンバン出ますしね。

東映スパイダーマンがちゃんと本家に認められて大集合アメコミに登場してたりしますし、これもバットマン派生作品の1つとしてちゃんとファンに届いてくれてたとしたら嬉しいですよね。日本のアニメも多く見られていますけど、それとはまた違う魅力のある作品だと思うので。
そういえば中盤あたりにガラッと絵柄の雰囲気変えたところがあって、そこもシュールでした。ジブリの「かぐや姫」にも似た世界。鳥獣戯画がそのまま動いてるような感じで面白かったです。

見るのを楽しみにしてた1本ですが、それを裏切らないクオリティで大満足でした。吹き替えで視聴しましたが、すでに触れてる通りバットマンに山寺宏一、ジョーカーに高木渉の他、加隈亜衣、釘宮理恵、田中敦子、諏訪部順一、子安武人、チョー、小野大輔、森川智之、梶裕貴、石田彰とそうそうたる面々なのでそこもすごい良かったです。

Netflixにて視聴。


ニンジャバットマン [Blu-ray]
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント (2019-04-10)
売り上げランキング: 2,910


ニンジャバットマン
ニンジャバットマン
posted with amazlet at 19.07.16
(2018-10-10)
売り上げランキング: 1,232







この記事へのコメント