フェリシーと夢のトウシューズ / 施設に暮らす少女が、憧れであるパリでバレリーナになるため一大決心。偶然であっった清掃員の女性から厳しい指導を受けるが……。19世紀を舞台にしたCGアニメ。

dance_toeshoes.png

『最強のふたり』の製作陣が『カンフーパンダ』のアニメーターと手を組み作り上げた、サクセスストーリー。19世紀末施設で暮らすフェリシーとヴィクターは夢のためにそこを抜け出しパリの街へ。憧れのオペラ座を発見できたものの、バレエを習ったこともなく、知人のいない彼女を受け入れてくれるはずもなかった。しかし働いていた掃除のおばさんが親切にしてくれ、レッスンを受けることになるが……。
主人公の吹き替えに土屋太鳳の他、熊川哲也も参加。オリジナル版はエル・ファニング。
あらすじ
19世紀末のフランス。ブルターニュ地方の施設で生活しているフェリシーは、バレエを習ったこともないのにバレリーナに憧れを抱いていた。ある日、発明家になりたい親友ヴィクターと共に、施設を抜け出してパリへ向かう。ヴィクターとはぐれてしまったフェリシーだったが、偶然にもオペラ座を発見。オペラ座の清掃作業員をしている元バレリーナと出会い、何人ものライバルとしのぎを削りながら、フェリシーは舞台に立つことを目指す。(シネマトゥデイより)


夢の舞台に立つために頑張る少女の王道サクセスストーリー。熱意だけは誰にも負けない彼女の奮闘を、テンポよく描いてて面白かったです。
ただ、子供と見られる作品ではありますが、一部ん?と思ってしまう部分があります(笑)

それは意地悪なお金持ちお嬢様へきたバレエスクールへの入学許可を勝手に盗み、名をかたって入ってしまう部分。最終的にバレますしちゃんと「だったら今度は実力で勝ち取ってみろ」っていう流れになるのでそれはそれでいいんですけど、モヤっとしてしまう人もいるかも。そこ正攻法で行ってもお話には問題なかったと思うんですけどね。

必然的にそのお嬢様がライバルポジションになるわけですが、上記あらすじでネタバレしちゃってる通り元バレリーナである清掃のおばちゃん(黒木瞳)から鬼のしごきを受け、着々と上達してくのは見ててこっちまで頑張ろうって気持ちにさせられます。一番下手だったはずがどんどん追い抜いていくのはスカッとする反面トントン拍子すぎでは?と若干不安になるレベルですが、前述のなりすましバレの一件があるのでちゃんと有頂天の状態からちゃんと落とされます。

ちょっとしたラブストーリー要素もありまして、同じくバレエダンサーの少年と、施設で共に過ごしたヴィクターとの、両手に花状態。この決着というか彼女の本心・選択は当然だよなぁっといった感じですが、このヴィクターがなかなかの存在で、すごいものの製作に関わってましたし、トンデモ発明かと思いきやめっちゃ活躍しますしそこちょっとワクワクしました。空を飛ぶとかかなりのファンタジーです。

メインであるバレエのシーンももちろん見応えがあり、CGアニメですがかなりの躍動感でした。ちゃんとした舞台でのもそうですが、バーだったり、屋根の上だったりそういうアニメだからこそできる映像も面白かった。披露するシーンでは、頑張ったのを知ってるからこそ、胸も熱くなりましたし。

そうそう、主人公の声を土屋太鳳がやってるのですが、かなり上手かったですし聴きやすかったです。他には夏木マリ、黒木瞳といった面々も役柄にぴったりの声で良かった。ちなみにコーチ役で熊川哲也さんも参加してます。実際ああいう感じなのかな、って想像しながら見ました。コーチが以外に柔軟性ある考えなのも意外というか、フェリシーにとってはラッキーだったと思います。

前述の通りテンポよく進んでいくのでサクッと見られて頑張ろうって気持ちになれる映画でした。

WOWOWにて吹き替え版を録画、視聴。

フェリシーと夢のトウシューズ ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]
ポニーキャニオン (2018-01-17)
売り上げランキング: 6,728


動画はこちら
フェリシーと夢のトウシューズ(吹替版)
(2017-12-11)
売り上げランキング: 1,683




この記事へのコメント