ベイビーわるきゅーれ / 殺しの腕は一流。だけど社会に馴染めない。そんな少女の殺し屋コンビがヤクザ相手に大暴れ。高石あかり・伊澤彩織主演のバイオレンスアクション。

監督・脚本・編集を『ハングマンズ・ノット』などが阪元裕吾が勤めた、女子高生殺し屋の活躍を描くバイオレンスアクション。「ある用務員」同様、高石あかりと、スタントパフォーマーの伊澤彩織が少女なのにめちゃ強い殺し屋を演じ、キレのあるアクションで魅せる。アクション監督に園村健介。


あらすじ
女子高生の殺し屋・ちさと(高石あかり)とまひろ(伊澤彩織)は、高校卒業後は普通の社会人として生活することになり戸惑っていた。組織から委託される人殺し以外の経験がない二人は、公共料金の支払いといった日常生活における知識がなく、慣れない社会人生活に苦戦する。さらに組織からルームシェアを命じられると、コミュニケーションに難があるまひろはアルバイトをこなすちさとに嫉妬し、二人の仲は悪化。一方殺し屋稼業では、ヤクザとのトラブルに巻き込まれてしまう。(シネマ・トゥデイより)


少女と殺し屋の組み合わせはある意味で鉄板キャラという感じもしましたが、この作品では「殺し以外はまるで苦手、社会生活営めない」っていう設定を全面に押し出し、ゆるーい時間とアクションシーンとのギャップによって面白さが底上げされている気がしました。
コンビながら微妙にタイプの違う2人という設定も面白くて。なんだかんだ言いながら、ちさとは擬態=最低限他人とのやり取りはできる、バイトにも困らないというのに対し、まひろの方は本当にだめ。職場でも浮いちゃってる感じとか見てて辛かった。殺し屋っていう天職が見つかって良かったね。

その分?なのか腕の方もまひろの方が上っぽい印象受けましたし、メタ的なことを言うと演じてるのがスタントパフォーマーである伊澤さんなので格闘シーンを含めアクションの比率はかなり多かった。ちさとも殺し屋だなって思わせる動きバンバン出てきますが、どちらかというと銃の扱いに長けてる。メイド喫茶のカッコして一瞬でヤクザ倒すのとか痺れましたし、ついキレて「やっちゃった」ところのスピード感とかも好き。
高石さんは杉咲花さん、伊澤さんはグラドルの伊織もえさんに似てると思いました。

実際に視聴する前はそのメイドだとか、女子高生ってことで制服での戦闘がバンバンあると予想してたんですが、そういうわかりやすいというか出オチみたいなものに頼らずに、少女だけどめっちゃ強いし、ネジが飛んでるっていうシンプルさで勝負していて良かった。かなり泥臭いっていうか、1人対多数、まとわりつかれてナイフザクザク、武器を超えて体術オンリーなどなど見応えあるバトルでした。特に最終盤、ヤクザ側の強者との戦闘はすごかった。ちょと暗かったのと、戦ってる人に合わせてカメラまで回っちゃうので若干見にくいなって思ったけど。

出番自体は少ないんですが、水石亜飛夢演じる田坂という現場処理係?のキャラがとても良かった。キラメイブルーの俳優さんという贔屓目を抜きにしても、「(処理する)僕らだって人間なんで、頭撃つのやめてもらっていいですか?」ってイライラしながらコンコンとクレーム入れるシュールさ大好き。殺しという非日常だけど、主人公2人含めて仕事として成り立っていること、共感ポイントがあるのが良かった。

敵として登場するヤクザ側も、この手の作品でまくりの本宮泰風さんも似合ってたし、例え話がわかんなかたりキレやすいという「ちょっとアホ」な面がユーモアポイント。心酔してる娘のぶっ飛び具合もいいアクセントでしたね。漫画でよくある、ゲラゲラ笑いながら虐殺するわかりやすい悪役。情報を聞き出すシーンの「もし勝てたら生かしてやるよ」って流れとオチも笑えました。この強そうに見えて実は……は終盤にももう1回ありました。

アクションと対比になる日常シーンも、特にまひろが自分はどうしてダメなんだろってコンプレックス感じてちひろとギクシャクする中盤、そしてきちんと仲直りするという流れも成長を感じさせますし、戦闘面ではそこまで感じなかったけど、「なんだかんだでコンビ」っていう印象でたわいないやり取りが良かったです。部屋でダラダラしてるのを見てるだけでもなんか絵になる、というのかな。

てっきり漫画原作だと思ってたらオリジナルらしくて。今年3月にも続編が公開されてます。「ある用務員」含めて、そちらもいつか見たいです。

劇中音楽のボイパ部分など、ハモネプとかに出ててたDaichiさんが担当されててその音もぴったりでした。


WOWOWにて録画、視聴。


B09YRNLYTG
【メーカー特典あり】『ベイビーわるきゅーれ 』Blu-ray初回限定生産版 オリジナルデザインTシャツ(ホワイト)付(Blu-ray+DVD)

動画はこちら(アマプラ、有料です)
https://amzn.to/3NO0RD8

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック