ブラック・スキャンダル / ジョニーデップが白髪頭のマフィアを怪演。裏社会でだんだんとのし上がっていく様を淡々を描き出す怖さ。カンバーバッチ他豪華共演。

ブラック・スキャンダル [Blu-ray]


ジョニーデップはぶっ飛んだ役柄を演じることも多いですが、今作もその容姿、主に髪型だけ見てもとてもインパクトがあります。実在のアイリッシュ・マフィア「ホワイティ」がいかにしてその勢力を拡大していったかを描くR指定のサスペンス。
主人公の兄役にヴェネディクト・カンバーバッチの他、ジョエル・エガートン、ケヴィン・ベーコンら豪華共演。
あらすじ
1970年代、サウスボストン。アイリッシュ・マフィアのボスとして同地一帯を牛耳るジェームズ・“ホワイティ”・バルジャー(ジョニー・デップ)に、FBI捜査官のジョン・コナリー(ジョエル・エドガートン)が接触を図ってくる。彼はFBIと手を組んでイタリア系マフィアを駆逐しようとホワイティに持ち掛け、密約を交わすことに成功。両者の連携によってイタリア系マフィアの勢力は弱まるが、その一方でホワイティは絶大な権力を持つようになる。(シネマ・トゥデイより)


マフィアの映画だし、予告動画から感じるのはテンションの高いどんぱちモノという印象かもしれませんが、見始めると全然違って「静かな狂気」とでもいうのか、とにかくジェームズのやばさがひしひしと伝わってくるそんな映画でした。

あらすじの通り、幼馴染というか友人のジョンがFBIになっていて、他のマフィアを売る代わりにジェームズ一派は見逃すぜ、っていう取引を持ちかけて来ます。ジョンも摘発して手柄になるし、ジェームズは敵が減るしでとても美味しい話なんですが、相手が悪かった。ジェームズは想像以上の力をつけていき、もうジョンもどうにもならないレベルまで来てしまいます。

そこに至る経緯としては前述の通り本当に淡々としてて、裏切りというか策略というか、出しぬき、あるいは殺してどんどん暴走していきます。その中で、議員である兄との関係や、家族の中での彼の一面というものも描かれるんですが、予告でも使われる「テーブルひっくり返す」シーンはね。彼にとある悲劇が起こるんですが、それに対しての奥さんへの八つ当たりというか言動が「この人マジで怖いわ」ってなるです。冒頭で触れた容姿に関してはだんだんと慣れていくんですけど、それ以上に彼の行動それ自体がとてもインパクトあって。

歯車が噛み合ってどんどん大きくなっていくわけですが、彼自身の素質というか、ボスの風格っていうのははじめからあったんだろうな、って思います。冷酷さとかね。それがこう静かに進行していくから余計にビビりますよ。

とある人物への事情聴取、そして回想という形で語られてるため「最終的にはジェームズも捕まるのか」っていう予想ができて、どのような形でくるかというハラハラもあり、彼を追うケヴィンべーコンら豪華共演でとても贅沢な感じがしました。一つだけ言うと、カンバーバッチは予告の印象ほど物語に絡みません。兄弟じゃなくて、あくまで主役はジェームズ。

R指定ですし、人がバンバン死にますが、見応えのあるマフィア映画でした。

ネトフリにて吹き替え版で視聴。
ブラック・スキャンダル [DVD]
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント (2016-12-07)
売り上げランキング: 37,175

ブラック・スキャンダル [Blu-ray]
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント (2016-12-07)
売り上げランキング: 9,237


動画はこちら。17年7月12日現在、100円のようです。
ブラック・スキャンダル(吹替版)
(2016-05-02)
売り上げランキング: 7,018





この記事へのコメント

この記事へのトラックバック