BIRD BOX/バード・ボックス [Netflixオリジナル] / 突如世界中に広まったパニック。「見ただけ」で人々を狂わせる謎の存在から身を守るために、目隠しをして生き抜く主人公たち。母の物語。

torikago.png
サンドラ・ブロック主演のネトフリオリジナル作品。突如として巻き起こったパニック。「あるもの」を見てしまった人間が次々に正気を失い、自傷行為をするようになってしまう。その事実に気がついた生存者たちは、家に避難、窓をおおってやり過ごそうとするが、いつしか物資も限界に。そこで考えたのが「目隠し」をすることだが……。
視界が奪われた世界で生き延びる緊迫感。そして母の愛、強さ。見応えばっちりの衝撃作。
あらすじ
思いがけず子どもを身ごもったアーティストのマロリー(サンドラ・ブロック)は、ある日突然訪れた世界の終焉と人類滅亡の危機に直面する。
残された幼い命を守れるのは彼女だけ。生き残るためにできることは決して“その闇“を見ないこと。マロリーは決死の逃避行を決意する―。(下記予告動画の概要欄より)



昨今この作品に影響されて「バードボックスチャレンジ」なる危険行為(主人公同様に目隠しをしてあれこれするようです)が行われてるようで、くれぐれも皆さんは真似しないようにお願いします。
そもそもこの映画、「視界」云々はあくまで緊迫感を盛り上げるためのスパイスで、本質は「(隣)人を信頼できるか」や「母になること」というのが大きなテーマじゃないかなぁって思うわけで。そこだけ注目しちゃうのはもったいない気がします。

冒頭で出かけるためにマロリーが二人の子供に指示を出してるんですが、その時点での言葉遣いとかがちょっと妙ですし、何より名前がね。この辺りびっくり。上記あらすじにも「思いがけず」という言葉を使われてますが、彼女はまだ「母親になる」ということに自分の中できっちりとしたものがないままこの混乱に巻き込まれてしまったのです。その辺りが5年前の回想シーンという形で挿入されます。

そう、この映画、どこかを目指して進む母子3人のストーリーと、事の始まりからの2つの時間軸を交互に描写していくので見応えがあります。どちらも「それを見たら終わり」っていう緊迫感がありますが、それに付随する危険が違うんです。前者はアドベンチャーと表現できるような、文字通りのサバイバル。どんな危険があるかも分からないまま必死で目的地を探す旅です。川下りがその最たるもの。視界がない中でオールを漕ぐのはめちゃくちゃ怖いですし、溺れて流されて離れ離れになる恐れだってあります。

後者の5年前パートは生存者たちが身を寄せ合ってやり過ごそうとするところ。食料のためにスーパーに向かうとか、この手の終末系作品でも見かける流れもありますが、「外を見ちゃいけない」っていうルールがあるだけで一気に難易度が上がりますね。意外な方法で解決したのも良かったですし、トントン拍子に行った、と見せかけてからの怒涛の展開もすごいハラハラでした。勝手に身投げしてっていうのと、至近距離でやられるっていうのは恐怖が全然違いますね。

いずれ3人になってしまうというのが何よりのネタバレになっていて、その5年前パートでの仲間たちとはいずれ別れるんだろうな、下手したらやれちゃうのかな、って予想できちゃうのがちょっと残念な気もしましたが、身構えていてもその別れは結構辛くて、「自己犠牲」って感じのシーンとか、ほんと切なかったです。こっちのパートは最初に触れた「人を信じられるか」という要素が絡んできて、生存者たちで身を寄せ合ってるアジトで、後から来た人を受け入れるべきかとか、自己中なメンバーにどう対処するか、とか自分がここにいたらどの立場をとるかなって考えながら見るのも楽しかったです。ジョンマルコヴィッチがとても濃いキャラしてましたが、この人の価値観も別に間違ってないと思えましたしね。

はっきりと理由は示されませんでしたが、外でも平気な人間も中にはいて、そういう脅威からも逃げる必要があるのもハラハラしました。まあ「本当に怖いのは本性を表した人間」という方向に行かず、最後まで「正体不明のあれ」が一番の敵のままだったのは良かったです。知ってる人の声で「目を開けちゃえよ」みたいに言ってくるの怖すぎます。単純に頭おかしくなりそう。

一番の見所としては無事に目的地にたどり着けるか、だろうと思ってたんですが、確かにたどり着いた場所は「なるほど!」って思いましたが、それ以上にマロリーの子供達に対する感情の変化がとてもインパクトあって。途中でも夢物語を聞かせるかどうかの口喧嘩などを含め、彼女は彼女なりに「絶対に死なせない」という必死さがあったでしょうが、それがきちんと「子を守りたいという母の愛」という明確なものになっていく姿がほんと泣けましたね。川での、誰が〇〇する、に対する彼女の決断とか、そういう変化が丁寧に描いてるからこそあのラストシーンはグッときます。

子供が出てくる時点でハッピーエンドなのはある程度予想できましたが、想像以上に爽やかに見終われて大満足です。
R指定はされてないのですが、結構ショッキングな展開もあるのでご注意を。

Netflixにて吹き替え版で視聴。

この記事へのコメント