はじまりのうた / キーラ・ナイトレイ&マーク・ラファロ主演。恋人に裏切られた女性シンガーと、癖のある音楽プロデューサーが出会い、アルバムを作ることになるが・・。

はじまりのうた BEGIN AGAIN [Blu-ray]


「ONCE ダブリンの街角で」のジョン・カーニー監督による音楽をテーマにしたヒューマンドラマ。アベンジャーズのハルク他のマーク・ラファロと、キーラナイトレイ、さらにはマルーン5のアダム・レヴィーンら共演。
共に音楽を作ってきたにも関わらず恋人に裏切られてしまった一人の女性。友人の勧めでバーで歌っていたところ、一癖もふた癖もある音楽プロデューサーの目にとまり、一風変わったスタイルでアルバムを作ることになるが・・・。
あらすじ
ミュージシャンの恋人デイヴ(アダム・レヴィーン)と共作した曲が映画の主題歌に採用されたのを機に、彼とニューヨークで暮らすことにしたグレタ(キーラ・ナイトレイ)。瞬く間にデイヴはスターとなり、二人の関係の歯車に狂いが生じ始め、さらにデイヴの浮気が発覚。部屋を飛び出したグレタは旧友の売れないミュージシャンの家に居候し、彼の勧めでこぢんまりとしたバーで歌うことに。歌い終わると、音楽プロデューサーを名乗るダン(マーク・ラファロ)にアルバムを作ろうと持ち掛けられるが……。(シネマ・トゥデイより)


冒頭で触れた「ONCE」はこのブログでも過去に紹介していますが、同じく音楽をテーマにしていて、それを通じた人々のふれあいを描いたグッとくる作品でした。この「はじまりのうた」も傷心の女性と、変わり者のプロデユーサーが出逢い、他の仲間とともに音楽を作っていく中で通じあっていくと言う感動的な作品になってます。

上記あらすじではダンのことに触れていませんが、レコード会社を立ち上げた一人で、今もなお「曲を聴いてくれ」と言うCD,データがたくさん届くものの、何一つとして響くものがない状態。パートナーはそういった「彼の嗅覚(いや、聴覚か?)」に頼った方法でなく、"売れる"ようにしてくれと思っていて・・・。

一方で主人公グレタの背景も深く掘り下げられ、アダム演じる元恋人との日々を回想という形でわかってくるので自然と感情移入していきます。単純に音楽だけを自分一人の手柄に下だけならまだしも、別の女性に気移り下っていうのが余計にきついです。ちょいちょい歌唱シーンがありますが、そこはマルーン5なんで歌うまいって思うんですけどね。

メインはやっぱり主人公らのチームで、才能あるのにまだあまり日の当たってない音楽家たちを集め、ゲリラ的に街の色々な場所で録音するスタイルは見ているだけで楽しそうで、音楽そのものの良さに加えてとてもあったかくなる映像だと思いました。ダンの娘も加入したのも良かった。このあたりがああ「ONCE」の監督だなぁって思います。あと言うまでもないですけど、出てくる曲がみんなよくて今回もサントラ欲しくなります。

順調に進んでいくのでどこでどう変わるのか、とだんだん不安になっていくのですが、最後の最後に一捻りがあって、そうきたか、とニヤリとしました。おそらく元恋人との区切りというのものが一つのきっかけになってるだろうと感じましたし、そう考えると原題のBIGIN AGAINの意味もなんとなくこうなのかな、なんて思えたりしました。

吹き替え版で視聴しましたが、歌唱シーンはもちろんオリジナル音声。キーラナイトレイもいい声してました。

はじまりのうた BEGIN AGAIN [DVD]
ポニーキャニオン (2015-10-07)
売り上げランキング: 3,569

はじまりのうた BEGIN AGAIN [Blu-ray]
ポニーキャニオン (2015-10-07)
売り上げランキング: 14,701


サントラはこちら
はじまりのうた-オリジナル・サウンドトラック
サントラ セシル・オーケストラ ヘイリー・スタインフェルド
ユニバーサル ミュージック (2015-01-21)
売り上げランキング: 3,205

この記事へのコメント