アバター:ウェイ・オブ・ウォーター/ 先住民と生きる道を選んだジェイクとその家族のもとへ、再びスカイピープル(人間)たちが襲いかかる。海の部族に身を寄せるが……。美麗グラフィックで世界中で話題となった作品の13年ぶりの続編。

nature_ocean_kaisou.png
美麗グラフィックで世界中を席巻したジェームズキャメロン監督作、13年ぶりの続編。舞台を海に移し、さらにパワーアップした映像美で先住民と人間との戦い、そして家族愛を描く。主演のサム・ワーシントンをはじめ、前作キャストが集結。
あらすじ
神秘の星パンドラ。元海兵隊員のジェイク(サム・ワーシントン)は先住民ナヴィの女性ネイティリ(ゾーイ・サルダナ)と結ばれ、子供たちをもうけ、幸せに暮らしていた。しかし、ジェイクたちは再びパンドラに現れた人間たちに森を追われてしまい、海の部族のもとに身を寄せる。だが、その美しい海にも侵略者が接近していた。(シネマ・トゥデイより)


前作で先住民と生きると決めて人間たち=スカイピープルと戦って撃退したジェイクでしたが、当然向こうもそれで引き下がるわけもなく、文明の利器を全力投入して次々と森が焼かれてしまいます。しかも死んだはずの大佐も、その記憶を移植したナヴィとして復活し、青い体のスカイピープルたちと戦うことになってしまう。普通の服というか、軍の装備つけてるのが敵だってわかりやすさがある一方で、先住民が「着てない」って際立っちゃう気もしました。肌が青ければいいって問題じゃない気が。僕が気にしすぎなだけですね(笑)

そして劇中でも前作からかなり時間が経っているのでジェイクの子供を含め、いきなり登場人物がたくさん出てきて最初戸惑いましたが、お互い名前で呼び合ったりするので慣れます。基本的には血のつながりがある3人の子供、長男次男とまだ小さい末娘。そこに博士の子供であるキリと、人間であるもの部族と共に育てられたスパイダー。かなりの大家族ですよね。この人間だけどナヴィとして生きる青年は物語でキーマンになるかなと予想してたんですが、実際スカピープルに通訳として拉致られますし、今回の敵であるクオリッチ大佐との親子関係のようなものを結び別のドラマに繋がっていましたね。

どこか「1作目のオマージュ」っぽい展開も多々あって。新しく水の部族に匿ってもらうようになってからの、彼らの移動手段である海洋生物イルに乗れるかどうかや、クジラのようなタルカンなど。ジェイクが少しずつ受け入れられたように、今度は息子世代をメインにした「他民族の交流」が描かれていきます。

アバターといえばその映像美ですが、これはもう13年かけてきただけあって水の表現が半端なかったですね。サブタイトルに使うくらいだから今回の売りとはいえ、本当にリアルでしたし、生物のヌルヌル感や巨大さが実感できました。サメっぽいのに襲われるシーンだけ若干チープかな?と思ったくらいでメカもそこまで浮いて見えなかったし。色々と進化してる。

次男が出会う孤立したタルカン(クジラ)のパヤカンという個体のエピソードもあって、ここぞというところで助けてくれるのもあってすごく可愛かった。手話で意思疎通するんですが、「つらい」ってシンプルが字幕がなんともいえなかった。もともとそばで生活してたスカイピープルが狩ったり油だけとって捨ててるって流れは社会風刺が透けて見えましたしね。そもそもアバター自体が侵略、部族の迫害、環境破壊を扱ってるから誰だって意識しちゃうけど。


後半にかけてはかなりピンチになるし、同時に映像もよりダイナミックでアクション要素が増えます。家族が分断されるし、酸素がなくなるというきき的状況。てんかんの症状じゃないの?みたいな扱いされていたキリの「繋がっている」感覚が活躍するのも良かった一方で、犠牲者も出てしまう。思えば1作目も死者いっぱいいたけど、主人公の家族は絶対無事だって勝手に勘違いしちゃってました。ショック。(ネタバレすみません、でも覚悟しておいてください)

続編があることはあらかじめ発表されていましたが、今度はジェイク側がスカイピープルに攻め入る話になるのかな。ちょっとだけ出て出番なかった女性の長官(?)とかガッツリ戦うんだろうな。憎しみの連鎖なのでお話自体はめちゃくちゃ楽しみって感じではないですが、どんな映像美で驚かせてくれるのか、注目して待ちたいと思います。

基本的に前作を見てること前提なのと、めちゃくちゃ長い映画なのでそこだけご注意を。映像に関してはトップレベルですから、いつかはどんな人にも見てほしい。

ディズニー+で吹き替え版で視聴。
見放題配信中。

huluとのセット割も検討を。

B0C5425LL6
アバター:ウェイ・オブ・ウォーター ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック